【英検準2級&2級のレベル:大人は何級から受ければいいの?④】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

前回の記事では、英検3級ってどんなレベル?という解説を詳しくお伝えしました。

英検3級で測られる基礎力は、英会話をする上で絶対に必要な、大事な土台の部分です。

そして、土台がグラついている状態で英検3級の問題を解くと、けっこう足下をすくわれてミスします。

想像以上に、英検3級はスゴいのです。

土台がグラついている状態で難しいボキャや文法ルールを頭に入ても、あまり効果がありません。

とはいえ、中学生も受けている英検3級を最終目標にするのも、ちょっと物足りないと思います。

前回お伝えした通り、

目標の級を決めるときの基準は、

「そのレベルになった自分を想像した時に、ワクワクするかどうか?」

です。

もう少し上のレベルを狙うなら、英検準2級レベルです。

英検準2級ってどんなレベル?

今回も英検の公式サイトより引用&抜粋します。

↓↓↓

テーマ:使える英語で世界へ

・高校卒業程度

・教育や科学などを題材

※2次面試験の面接で問われる、細かい描写力(僕の個人的な追加)

【レベルの目安】

①センター試験の問題形式と共通点が多く、入試対策にも最適。

②文部科学省の定めた、高校卒業段階の英語力の達成目標:準2級~2級

と書いてあります。

英検3級が中学英語で、準2級は高校英語です。

そして、文部科学省が「高校を卒業するまでに、最低でも英検準2級レベルの英語力を身に付けておいてね」と言っているわけです。

英文のトピックも、教育や科学など、日常のカジュアルな会話レベルを超え始めます。

ここまでの力を身に付けたら、「一通り学生時代の英語力は取り戻せた」と言えるでしょう。

面接はけっこう難しい

また、これは、僕が個人的に上記に加えた項目ですが、準2級の面接では、「人の動きを描写する問題」が出てきます。

5人の老若男女のキャラが、それぞれ違うことをしている絵が出てきて、1人ずつ何をしているところかを、~ing の現在進行形で描写するのです。

これがけっこう、言えそうで言えないことが多いです。

たとえば、

・女の子が、花に水をあげている

・男性が、台車を押している

・男の子が、カベにポスターを貼っている

といった、日常のちょっとした動きを英語で描写するのです。

いかがでしょうか?

上記の3つの例文を、素早く英語にできますか?

けっこうムズカしいですよね?

英検準2級の面接問題では、このように「日常的に使いそうだけど、パッと出て来ない英文」をアドリブで話さなければならないのです。

面接対策をする過程でも、かなりの力が付くこと間違いなし!です。

次に、英検2級レベルを見てみましょう。

英検2級って、どんなレベル?

テーマ:使える英語で世界へ(準2と同じ)

・大学入試レベル

・海外留学の基準

・履歴書で評価される

【できること】

①海外留学、国内での入試優遇・単位認定など。コミュニケーション力が高く評価される。

②ビジネスシーンでも採用試験の履歴書などで英語力をアピールできる。

と書いてあります。

日本人の英語力が最も高まるのが、大学受験時代と言われています。

その受験レベルにある英検2級は、「英語ができる人であることの証明」とも言えるわけです。

その証拠に、英検2級を持っていると、海外留学先の学校で受け入れてもらえる条件になったり、国内の大学の入試で英語試験が免除になったりするのです。

高校生がやっきになって英検2級を取りたがる理由が分かります。

また、ビジネスシーンでも履歴書に書けば、「おっ!英語ができる人なんですね!」と思われます。

ここまで来ると、周りの人達から「英語ができる人認定」を受けることができます。

僕自身の体験を振り返っても、ちょうど英検2級に合格した頃、周りから「英語ができる人扱い」を受け始めました。

自分でも「ネイティブ相手に英語で深い話ができ始めたぞ!」と感じ始め感動を、今でも覚えています。

英検2級に合格してから数ヶ月後に、仕事をやめてカナダのバンクーバーにビジネス留学しました。

そこではビジネスコースに通って西洋ビジネス文化を学び、英語の履歴書の書き方や採用面接の受け方を教わりました。

仕上げとして、実際に現地の企業に履歴書を送り、面接を受けた後にインターン生として働きました。

僕が配属された部署はマーケティング部門だったので、研究職のような専門的な用語は出て来なくて、何とか仕事はこなすことができました。

インターン期間の最後には、正社員のポジションのオファーもいただけたので、僕の英語力は現地の職場で通用していたと思われます。

僕は当時、どうしても日本に帰らなければならない事情があったので、正社員雇用のオファーはお断りしましたが、お誘いを受けたこと自体が、大きな自信につながりました。

英検2級レベルの英語力を固めてから留学すると、現地に着いてからいきなりコミュニケーションが取れるので、その後の伸びが早いことが分かりました。

これが、英検2級の体感レベルです。

そこからさらに上を目指そうと思った場合、準1級が待っています。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

p.s.英検2級、準2級の一次対策講座を開催します。あなたの受検勉強に必要そうかどうかをぜひチェックしてみて下さい↓↓↓

 
—————————————
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください