From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

ボイストレーナーの毛利大介さんのプチセミナーで、場面に応じて声質を大きく変えるテクニックを見せられた僕は、すっかりハマッてしまいました。

・1対多数のセミナーや講演会

・1対1のカウンセリング

・動画撮影

それぞれの場面で声質やトーンを変えながら話せるようになったら、とても役立ちそうです。

また、1つのセミナー内でも、「声のトーンを変えながら話すことで、聞いている人を飽きさせないことができるようになる」というメソッドは、今までにも何度か聞いたことがありました。

ただ、それをどうやるのか?が分かりませんでした。

でも、ボイストレーナーの毛利さんに出会ったことで、やり方が分かりました。後は、

「知識をスキルに変えるトレーニングを実行するかどうか?」

だけです。

僕はさっそく、プチセミナー後に毛利さんのマンツーマンレッスンの体験を申し込みました。

 

マンツーマンレッスン

毛利さんのマンツーマンレッスンの日がやってきました。

毛利さんのスタジオに到着して、ドキドキしながらドアを開けました。

毛利さん:「こんにちは!」

僕:「こんにちは!よろしくお願いします!」

毛利さんはすごく安定した良い声で、迫力があります。

これが訓練で身に付いた声なのかぁ・・・やっぱり訓練された声には「非日常感」があります。

きっと、歌手の人や舞台役者のたちも、ライブやステージでこの「非日常感」を観客に与えているんだろうなぁ・・・と思いました。

毛利さんのレッスン場は、片面が大きなガラス張りで、明るい光が差し込む防音スタジオでした。

すぐ目の前には公園の緑が広がり、眺めの良い景色です。

 

声質チェック

毛利さんは、最初に僕の声質を細かくチェックしていきました。

毛利さんがピアノを使って、1音ずつ上げたり下げたりするのに合わせて、僕は声を同じトーンでかぶせていきます。

それを毛利さんが注意深く聞いていきます。色んな音階を繰り返す中で、僕にとって最も「声を胸に響かせられる音域」を見つけてくれました。

これはさすがに1人ではできない作業です。熟練の職人にチェックしてもらわないと、見つけられません。

音域がわかれば、後はスマホにピアノアプリを談ロードして、その音を鳴らしながらマネすれば、1人でもトレーニングできます。

これだけでも来た甲斐があった!と思いました。

 

楽しいボイストレーニング

その後は、

・滑舌のトレーニング

・喉の開き方

・鼻に響かせる声の出し方

・声を全力で出しつつ、消費エネルギーを抑える方法

などを、色々教えてもらいました。

こういうボイストレーニングを受けるのは、本当に久しぶりです。

演技の学校に通っていた頃以来です。

また、全力で声を出すのも久しぶりなので、とても気持ち良く感じました。

地元静岡に住んでいた頃にはクルマ通勤だったので、車内でCDをかけて大声で歌ったりできる環境でした。

でも東京に引っ越して来てから、アパートが密集する地域に住み、クルマを手放してからは、「全力で声を出す」というシーンがなくなりました。

久々に全力で声を出すのは、とても気持ちいい!と感じました。

独学 VS 通学

体験レッスンは、あっという間に終わりました。毛利さんは僕の質問に、惜しみなくすべて答えてくれました。

この60分間で得られた情報だけでも、「十分に独学で声質を変えていくことができる!」と感じました。

そこで僕は、通学コースに入学することにしました。

僕が今まで色々なジャンルの習いごとをしてきた経験上、体験レッスンの中だけで「独学に必要十分なノウハウや情報」を与えてくれるスクールは、通う価値があります。

そういう「出し惜しみしない体験レッスン」を提供するスクールの通学コースには、体験レッスン以上の価値を感じられることが多いです。

逆に、体験レッスンで出し惜しみをして、「ここから先のメソッドは、入学してくれないと教えませんよ」というようなスタンスのスクールは、通ってもたいした学びはなかったりします。

毛利さんのレッスンは、間違いなく前者だと感じたので、僕は通学コースに申し込みました。

・・・つづく。

 

毛利さんのYouTubeチャンネルはこちら

↓↓↓

 

————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ