From  師範代Shinya(新村真也)
 
先日、動画セミナー受講生のミツさんから貴重な情報を教えていただいたので、シェアします。
 
 
なんと、TOEICの公式問題を無料で受けられるチャンスが今月やってきます!
 
 
6月28日(日)に、TOEIC協会が「TOEIC公式みんなで模擬受験」というイベントを開催します。
 
 
YouTube上でTOEICの公式問題を受けられるのです。
 
 
これは前代未聞のイベントです!
 
 

なぜ、そんなにスゴいのか?

なぜ、TOEICの模擬試験がそんなにスゴいのでしょうか?
 
 
アマゾンや書店でTOEICの模擬試験問題はたくさん手に入ります。
 
 
でも、今回の模擬試験問題は特別なのです。
 
 
それは、TOEICの問題を作っているETSというテスト開発機関が作った「公式問題」だからです。
 
 

過去問は手に入らない

TOEICには英検のような「過去問題集」がありません。
 
毎回のテスト問題は終了後に回収されて、世に出回ることはありません。
 
 
そのため、市販のTOEIC模試は「TOEICを何度も受験しているエキスパートの先生たちが、自分たちの経験や記憶を元に作った問題」になっています。(本当にすごい記憶力だと思います)
 
 
花田徹也先生、前田ヒロ先生、TEX加藤先生などの著名な先生方の作った模試は、本番の問題とほぼ遜色ない質に仕上がっているので、模試としてのクオリティーは一級品です。
 
 
ただ、これらの一流の先生たちの著作ではない市販模試の中には、問題クオリティーに疑問を感じるものがあります。
 
 
僕が今まで買った市販模試の中には、やたら英単語レベルが難しすぎたり、「こんな問題、本番で見たことないよ!」と突っ込みたくなったりしたことがあります。
 
 
そういった事態を防ぐためには、「TOEIC公式問題集」を買うのがセオリーになっています。
 
 
公式問題集は、TOEIC本番の問題を作っているETSが作った問題が収録されているので、レベルやクオリティーは本番テストとまったく同じです。
 
 
そこに価値があります。(実際、価格も高めです)
 
 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
過去問がないTOEICでは、公式問題集が唯一の「本番テストとまったく同じクオリティーの問題を体験&分析できる本」になっています。
 
 
ただ、公式問題集は半年~1年に一度ぐらいしか新刊が出ないので、そんなに種類が多くありません。
 
 
現時点で出ているのは、トータル6冊です。(2016年の大幅改訂以降に出た問題集)
 
 
1冊につき、2回分のテスト問題が収録されているので、トータル12回分です。
 
 
「12回もあれば十分じゃん!」
 
 
と思われるかも知れません。
 
 

TOEIC好きの人にとっては足りない

ただ、4年間で出た問題集が6冊(12回分)となると、毎月TOEICを受けているような人にとっては、全然足りません。
 
 
一度受けたTOEIC問題はけっこう記憶に残ってしまうので、正確な点数予測をしたり、受験ペースを保つ練習台として使うのは難しくなります。
 
 
特にTOEIC好きな人にとっては、一度受けた問題は答え合わせ後に復習をとことんやり込んで「するめ」のように味わい尽くすので、記憶に深く残ってしまいます。
 
 
その結果、「もっと速いペースで公式問題集を出してくれ~!!」という叫びが、TOEIC好きな人達から聞こえてくるのです。
 
 

新しい問題にぶつかり続けるために

すでに出ている公式問題集をすべて味わい尽くした人達にとっては、TOEICの新しい公式問題に出会うためには、「毎月本番テストを受け続ける」しかありません。
 
 
でも、ここしばらくはコロナの影響でTOEIC試験そのものの開催が見送られていました。
 
 
そんな中、今回のイベントが企画されたのです!
 
 

新しい公式問題が1回分無料で手に入る!

今回の「TOEIC公式みんなで模擬受験」は、TOEIC好きの人達にとって、とても貴重な体験になるでしょう。
 
 
公式問題集をやり尽くした、本番テストも受けられない、というフラストレーションを解消してくれるイベントなのです。
 
 
公式のテスト問題が丸々1回分、無料で手に入ります。
 
しかも、今回のテスト問題は「日本未公開の問題」だそうです。
 
 
公式問題集(テスト2回分収録)の価格は3,000円なので、今回の1回分無料は、実質1,500円分の価値があります。
 
 
ふつうの英語テキスト1冊分が無料で配られるようなものです。
 
 

TOEIC未経験者にとってもチャンス!

今回のイベントは、TOEIC未経験者にとってもチャンスです。
 
 
TOEICは初心者にとって、普段はどうしても敷居の高いテストです。
 
 
・指定の会場に行かなければならない。(家からけっこう遠いことが多い)
 
・受験料がけっこうかかる(約6,500円)
 
・公式問題集もけっこう高い(3,000円)
 
 
こういったデメリットが、今回のイベントにはありません。
 
 
・家で受けられる
 
・無料
 
 
という、素晴らしい環境です。
 
 
しかも終了後に、15分間の解説&学習法アドバイスがあるそうです。
 
 

受験日程

日程:2020年6月28日(日)
 
時間:12:55~15:00
 
受験料:無料
 
会場:オンライン(YouTube)
 
※補足:今回のテストは、リスニングとリーディングを測る「L&Rテスト」です。(最も一般的なテスト)
 
 
※採点は自己採点です。(正解数に応じて、本番を受けた時の予想スコアが出ます)
 
 
※事前にTOEIC公式サイトからテスト問題をダウンロードして、プリントアウトした上で受けるスタイルです。
 
↓↓↓
 
 
 

日時が合わなくても大丈夫

今回の模試は2ヶ月間はYouTube上に残るそうです。
 
なので、6月28日に都合がつかない人でも受けられます。
 
 
ただ僕としては、「みんなで一緒に同じタイミングで受けた方がモチベーションが上がる」と思っています。
 
「いつでも受けていい」と言われると、人はどんどん先延ばしにしがちです。
 
 
その結果、2ヶ月の期限を過ぎてしまう確率が高くなります。
 
 
そうなるぐらいなら、なんとか都合をつけて本番の日に受けた方が良いと思います。
 
 
もしあなたに英語学習仲間がいれば、
 
 
「皆で同じタイミングで受けて終わった後におやつを食べながらZOOMで感想を言い合う」
 
 
みたいな感じで、お祭り事にしてしまうのもアリかと思います。
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓