From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
前回の記事では、英文の理解度は3つのステップがあるとお伝えしました。
 
 
ステップ①読んで内容を理解できる
 
 
ステップ②聞いて内容を理解できる
 
 
ステップ③一字一句完璧に理解できる
 
 
の3つです。
 
 
今日は、この3つのステップを僕がどうやってたどっていったのか?
 
 
その超具体的なステップをお伝えします。
 
 

ステップ①読んで内容を理解できる

このステップでは、僕は「精読」をしました。精読は、一字一句をしっかりかみしめながら、読み進めていく方法です。
 
 
この時、速く読もうとして時間を気にしてはいけません。
 
 
精読は、「文法的、単語的に理解できていない場所がないようにする」のが目的です。
 
 
分からない部分は電子辞書を使ってしっかり調べました。
 
 
ちなみに、僕が使っていた電子辞書はこの時点では、3代目でした。
 
 
Advanced 1000のような容赦の無いハイレベル教材を精読するには、色んな辞書がまんべんなく入っているような「家庭用モデル」では足りません。
 
 
家庭用モデルに入っている英和辞典には載っていないような英単語がAdvanced 1000には出てきます。
 
 
僕が当時使っていたのは、カシオのエックスワードの最上位の「プロフェッショナルモデル」の1つ前のレベル、「英語専用モデル」でした。
 
 
今となっては懐かしい、白黒液晶モデルです。当時の販売価格は7万5,000円くらいでした。
 
 
このクラスの電子辞書には、「ジーニアス英和大辞典」が入っています。「大辞典」ということろがミソです。
 
 
大辞典は収録語数がケタ違いに多く、ひとつひとつの英単語の語源まで載っているので、ふつうの「ジーニアス英和辞典」とはだいぶ違います。
 
 
また、英英辞典は「オックスフォード現代英英辞典」を使いました。
 
 
僕の場合は、オックスフォードの他に「ロングマン英英辞典」が好きで、1個前の2代目の電子辞書ではよく使っていました。
 
 
でも、3代目のこの英語専用モデルには残念ながらロングマンは入っていなかったので、後から辞書データを買い足しました。
 
 
カシオのエックスワードは、本体にSDカードを差すことで、辞書を後から追加できます。
 
 
まとめると、僕がメインで使った3つの辞書は、
 
 
・ジーニアス英和大辞典
 
・オックスフォード現代英英辞典
 
・ロングマン英英辞典
 
 
でした。
 
 
この3冊をメインにしながら、補助として和英中辞典を使って精読を進めていきました。
 
 
※電子辞書の選び方ガイドはこちらをクリックしてください。
 
 
精読のパートでは、100%理解して腑に落ちる状態になるのが理想ですが、Advanced 1000にはとても難しい表現や複雑な文法が多く、たまに90%前後の時もありました。
 
 
そういう時には、とりあえずそのままステップ②の音読に進みました。
 
 
なぜなら音読をしているうちに、急に
 
 
「そういうことか!この文章は、ここまでが主語だったのか!」
 
 
という感じで、ひらめくことがあるからです。精読だけでは、何度繰り返してもそういう現象は起こりませ円。
 
 
声出しトレーニングのメリットは、こんなところにもあります。
 
 
 

ステップ②聞いて内容を理解できる

このステップでは、「シャドーイング」と「音読」を交互にやりました。
 
 
シャドーイングはCDを使って少し遅れてついていくトレーニングです。
 
 
音読は、CDを使わずに自分の声だけで読み上げていきます。
 
 
たまに自分の声を録音して、CDの声と聞き比べていました。
 
 
ここでは、いかにCDと同じスピードと発音でしゃべれるか?を意識しました。
 
 
また、単なる声出しにならないように、しっかり意味をかみしめながら、誰かに語り聞かせるつもりで声を出していきます。
 
 
そうやっていると、ステップ①の精読のパートでイマイチしっくり来なかった文法や表現が、急に腑に落ちる瞬間があります。
 
 
その「アハ体験」が楽しくて、僕はすっかりハマってしまいました。
 
 
これは、以前やっていた会話レベルのテキストでは味わえない感動でした!
 
 
ハイレベルの英字新聞記事に挑んだからこそ味わえる達成感でした。
 
 
次回は、最後のステップ③を僕が仕上げた方法を解説します。
 
 
・・・つづく。
 
 
「速読速聴英単語 Advanced 1100」(新バージョンです)
 
↓↓↓
 
 

速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver.4

(↑クリックするとアマゾンの販売ページに行けます) 

 
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ