返ってきたTOEICスコアのトータル点数を見て・・・


・点数が上がっていたら、会社に提出する。

・点数が変わらなかったり、下がっていたら、ゴミ箱に捨てる。

 

この2択になっている人は多いです。

そこで今日は、あなたの手元に届いたスコア表をもっと分析して、今後の英語学習に120%役立てる方法をお伝えします。

せっかく高い受験料を払って受けたんだから、手に入れたスコア表を使いたおして、投資の元を取りましょう!

スコア表の下にある10本の各ゲージが、何を表すのかを解説していきますね。

まずは、左側のリスニングのゲージから。

・リスニング 1本目

ここは、パート①とパート②の短い英文の中で、

「メッセージの要点」

をあなたがどれだけ理解できているか?

を教えてくれます。

たとえば・・・

よくパート②で、

Why don’t you ~?

という言い方が出てきます。

そのまま直訳すれば、

「なぜ、あなたは~しないの?」

となり、まるで責められているような印象を受けます。

でも、実際は、「~すれば?」くらいの、軽いニュアンスの「アドバイス」です。

これを、「アドバイス」だと気づかなければ・・・

え~と・・・「Why ~」に対する答えは、

「理由」を聞いてるんだから・・・

「Because ~」だな!

とう感じで、「Because ~」の入っている選択肢を選んでしまうでしょう。

すると、この項目の数値は下がります。

他にも・・・

「Could you ~?」は、「~してくれる?」 (おねがい)

「Could I ~?」は、「~してもいい?」 (おうかがい)

「How about ~」は、「~はどう?」 (誘い)

などなど、文字どおりの直訳では意味が分からない、「お決まりの表現」をどれだけ知っているかが、ここのゲージに出てきます。

ここをアップするには、会話特有のお決まり表現に慣れる必要があります。

 

リスニング2本目

ここは、パート③と④の、長い英文の中で、

「メッセージの要点」

をあなたがどれだけ理解できているか?

を教えてくれます。

たとえば・・・

AさんとBさんのふたりの会話の中で、こんな単語が出てきたとします。

 「guests」

「check out」

「front desk」

こんな言葉が交わされる場所といえば、どこでしょうか?

そうです!ホテルですね!

この会話の舞台は、ホテルということになります。

他にも、

「このふたりはどんな関係か?」

という質問があったりします。

「ホテルのフロント係」と「宿泊客」なのか?

「同僚同士」なのか?

「上司と部下」なのか?

そういう部分を理解しているかどうかも、このゲージに表れてきます。

ここをアップするには、「完璧主義」を捨てて、「わかる部分だけで勝負する」マインドを養う必要があります。

 

リスニング3本目

ここは、パート①と②の短い英文を聞いて、

「細かい情報」

をあなたがどれだけ聞き取れているか?

を教えてくれます。

たとえば・・・

パート②で、

「Where did you ~」

という文章が流れたら、最初の「Where」の部分を聞き取って、これは、「どこ」かを聞いてるな!というのがわかるかどうかです。

これはよく、「5W1H」と呼ばれます。

・What

・When

・Who

・Where

・Why

・How 

の頭文字を取ったものです。

ここのゲージを伸ばすには、音声の最初の出だしに注意して聞きながら、この5W1Hを正確に聞き取れるようにします。

 

リスニング4本目

ここは、パート③と④の長い英文を聞いて、

「細かい情報」

をあなたがどれだけ聞き取れているか?

を教えてくれます。

たとえば・・・

同僚同士の会話を聞いたあとに、

「会議が開かれるのは、何曜日の何時か?」

とか、

「Aさんは、何の書類を忘れたと言っていたか?」

そういう細かい情報を聞き取れているか?
を表しています。

このゲージを伸ばすには、あなたの「英文を読むスピード」を上げる必要があります。

問題文を「先読み」しておくと、ここの正解率が上がるからです。

(記憶力だけであとから正解するのは、できなくはありませんが、かなりの集中力が必要です)

 

リスニング5本目

ここは、2016年の5月から、新しく生まれ変わったTOEICから、追加されたゲージです。
パート③と④の短い英文を聞いて、

「言葉の裏側にある感情」

をあなたがどれだけ読み取れているか?

を教えてくれます。

たとえば・・・

会話の中で、ひとりが

「Oh my God!」

と言ったとします。
ネイティブがこれを言うシチュエーションは、いろいろです。

・驚いている

・落ち込んでいる

・びっくりしている

・喜んでいる

など、いろんな感情のときに、ネイティブの口から出てくる言葉です。

それを知るには、前後の会話の流れから判断するしかありません。

単に、「Oh my God」の意味を知っているだけでは、この「感情」の部分を予測することはできません。

ほかの部分も聞き取る必要があります。

(実際には、Oh my God より、もっと長めのフレーズが出ます)

ここのゲージを伸ばすには、全体の会話の流れを聞き取れるリスニングの力と、英文読むスピードを上げます。

ここが、問題文を「読む」量が一番多いからです。おそらく、「小手先のテクニックが使えず、最も純粋な英語力が問われる」のが、このパートです。

とはいえ、安心してください。このパートはそもそも問題数が少ないので、あなたがよっぽど高得点を狙っていない限りは、無視していいレベルです。

750点くらいまでは、特にこの5本目のゲージを対策する必要はありません。

以上が、リスニングの5本のゲージの分析のしかた&対策法です。

ちょっと長くなってきたので、今日はここまでにしましょう。

次回は、リーディングの5本のゲージの分析方法をお伝えしますね。


From  Shinya

(英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ