From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

前回の記事では、英単語を増やす3つのステップは、

①音読トレーニング(文の中で意味と使い方を覚える)

②英単語帳(システマチックに覚える)

③多読&多聴(自然に覚える)

とお伝えしました。そして、僕の体験談の①&②までをお話ししました。

今回はその続きの体験談をお話しします。

僕にとって初めての英単語帳は「DUO3.0」でした。DUO3.0は、位置づけ的には英単語帳ですが、僕の中では音読トレーニング教材に限りなく近い感じがしました。

↓↓↓

DUO 3.0

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

DUO3.0を3周することで、僕の手持ちボキャブラリーは一気に増えました。

おかげで、初めての英検2級はラクラク撃破できました。

その後、DUOのように「1例文に複数のターゲット単語が入っているタイプ」でレベルが上の英単語帳を探しました。

 

見つからない!!

ところが、どこを探してもまったく見当たりませんでした。

DUOより下のレベル(中学英単語レベル)では見つかったのですが、DUOレベル以上が見つからないのです。

しばらく英単語帳を色々と探し続けてみて、なぜDUOタイプの上位レベルが出ていないのかが何となく分かりました。

・あまり需要がない

・自然な例文を作りづらい

の2点だと思います。

需要がない

DUO3.0の語彙レベルは、約6,000語レベルです。

6,000語レベルというのは、大学受験のセンター試験英語のレベルです。

TOEIC換算で言うと、700点台半ば~後半ぐらい。

英検換算で言うと、2級~準1級ぐらい。

これは、日本の英語学習マーケットで一番需要が多いレベルです。

僕らのような大人の英語学習者だけではなく、学生たちも買うわけです。

社会人でも、仕事上で英語が必要だったとしても、とりあえずTOEIC700点台まで取っていれば、会社から何か言われることはありません。

つまり、学校や会社からの「英語がんばれ圧力」から開放されるのが、ちょうどDUO3.0レベル=6,000語レベルなのです。

6,000語レベルから先は、「もっと英語力を上げて、自分がどこまで行けるか見てみたい!」という人だけが英単語帳を買います。

となれば当然、需要が少なくなります。

せっかく作っても売れなければ、出版社は赤字です。

だから、作るのをためらってしまうのかもしれません。

自然な例文を作れない

また、作ろうとした場合でも、6,000語レベルを超える英単語の場合は、どうしてもマニアックな分類に入ってきてしまいます。

マニアックな英単語を寄せ集めて、DUOのような「1例文に複数ターゲット単語」の例文を作るのは、けっこう難しい作業です。

正直、DUO3.0の例文が「芸術的」と言えるほど高いレベルで完成されているので、これを超える英単語帳を作ることはほぼ不可能だと思います。

以上が、6,000語レベル以上で「1例文に複数ターゲット単語」型の英単語帳がない理由だと思います。

(※僕が知らないだけで本当は出ているかもしれないので、もしあなたがこれを読んで、「知ってるよ!」「持ってるよ!」という場合は、コメント欄で教えてもらえると嬉しいです)

 

英単語帳から離れて、音読トレーニングに戻る

DUO3.0タイプの英単語帳がないことを知った僕は、英単語帳を使った学習から離れることにしました。

というのも、本屋さんにあふれている「1例文1単語型」の本は、どうしてもやる気が起きなかったのです。

例文同士のつながりもないし、システマチックに覚えていくのが、無味乾燥でつまらない作業に思えました。

「イメージ」や「ストーリー」で情景を思い浮かべながら覚えるのが好きな僕には、性格的に合わないと思ったのです。

そこで僕は、また①の音読トレーニングに戻りました。

今度は「速読速聴英単語シリーズ」のCore1900を使って、DUO3.0で学んだ英単語をさらに定着させることにしました。

↓↓↓

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

Core1900の語彙レベルは、6,000語レベルと表記されています。DUO3.0と同じです。

でも、コンセプトはだいぶ違います。

 

本物の新聞記事の中で覚えるスタイル

DUO3.0は、短い例文の中にターゲット単語がちりばめられていますが、Core1900は、「英語の新聞記事の切り抜き」です。

学習者用に書かれた例文ではなく、「ネイティブ向けの本物の記事」の中で英単語を覚えるスタイルなのです。

つまり、この本は①の音読トレーニング用の教材です。

名前こそ「速読速聴英単語」となっているので、本屋さんでは「英単語帳」のくくりですが、その作りは完全に「音読トレーニング用」です。

(※ただし、Core1900の中で「新聞記事スタイル」は前半3分の2で、後半の3分の1はDUOと同じ「短い例文に複数ターゲット単語」型です)

新聞記事スタイルということは、つながりとストーリーのある文章の中で、6,000語レベルの英単語がどう使われているのか?を確認することができます。

さらに、6,000語レベルというのは単に「ターゲット単語の数」です。

実際にはターゲット単語以外にもレベルの高い英単語が記事の中で使われています。

そのため、Core1900の「本当の語彙レベル」は、6,000語をはるかに上回る、というのが僕の実感値でした。

パラパラめくった限りでは、おそらく僕がまだ知らない英単語の数は500~1,000語ぐらいはあるのではないか?と思いました。

「DUO3.0の後にやるテキストは、Core1900しかない!」

という確信が、僕の中に芽生えました。

・・・つづく。

 

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ