From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

僕が英単語を増やした3つのステップの体験談の続きです。

①音読トレーニング(文の中で意味と使い方を覚える)

②英単語帳(システマチックに覚える)

③多読&多聴(自然に覚える)

の3ステップのうち、僕はほぼ①だけでTOEIC900点以上を取りました。(①と②の間ぐらいに位置するDUO3.0だけは1冊やりました)

900点を取るまでには、リーディングのスピードアップのために③の多読を取り入れましたが、使う素材として、

・自分の知らない英単語が入っていないレベルを選べる「語彙制限本」

・学習者用に語彙レベルが調整された、「学習者用英字新聞」(週刊STやアサヒウィークリーなど)

を選びました。

これらは、あくまで読みのスピードアップ目的で取り入れたので、知らない英単語が出てくることはほとんどありませんでした。

たまに出てくる知らない英単語に出会っても、意味を調べることはしませんでした。

なので、この時期にやった多読トレーニングは、僕の「英単語力アップ」自体にはあまり影響していません。

その経験から、僕はTOEIC900点を超えるのに、必ずしも英単語帳(典型的な1例文1単語型)は必要ないと思っています。

さらに先の世界

TOEIC900点を超えた僕は、さらに先のボキャブラリーを身につけたいと思うようになりました。

まだまだTOEICテストの中で知らない英単語があったのです。

「テストの中で知らない英単語がないところまで、自分のボキャブラリーを高めてみたい!」

という好奇心がわき起こってきました。

でも、音読トレーニング用教材でこれ以上の英単語レベルになると、TOEICレベルをはるかに超える「速読速聴英単語Advanced 1000(現1100)」しかありませんでした。

Advanced1000は、以前買って一度手を出して、1ページ目で撃沈していました。まだ手を出す気にはなれません。

僕は、あくまで「日常やビジネスで使える実用英語」を高めたいと思っていました。

そこで僕は、いよいよ「従来型の英単語帳」に手を出すことに決めました。

初めての「従来型の英単語帳」

「従来型の英単語帳」というのは、みんなが学生時代にやる英単語帳です。(僕の高校は荒れていてヤンキーだらけだったので、誰も英単語帳を持っていませんでしたが)

英単語がズラッとタテに並んでいて、そのすぐ横に日本語訳があります。

さらに、その横に、その英単語を使った短い例文が載っています。1ターゲット単語につき1例文です。

DUO3.0のように、「1例文に3~5個のターゲット単語」という工夫はない、普通のタイプです。

この「従来型の英単語帳」の強みは、英単語をシステマチックに集められる、という点です。

過去のデータに基づいて、テストによく出る英単語だけを効率良く集めてあるのが強みです。

ムダなく、目的を達成するのに必要な英単語を、効率よくシステマチックに覚えていくことができます。

まさに、「テスト上で良い点を取る」という、学校英語のゴールを達成するには、ベストなツールが「従来型の英単語帳」なのです。

弱点としては、「無味乾燥でつまらない」「丸暗記になりがちで、時間がたつとすぐに忘れてしまう」という感じです。

とはいえ、僕が今以上のレベルの英単語を身につけるには、従来型の英単語帳が一番良い選択肢だと思いました。

それに、日本語訳の丸暗記ではなく、例文をフル活用してトレーニングすることで、「会話の中で使える技レベル」まで高めることができるはずだと感じていました。

僕が選んだ英単語帳

僕は、アルクが出している英単語帳「キクタン」シリーズの中で選びました。

↓↓↓

「聞いて覚える英単語キクタンTOEIC Test Score 990」

 

 

聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 990 (CD・赤シート付) (キクタンシリーズ)

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

タイトル通り、990点(満点)を取るために作られたこの英単語帳は、コーパスと呼ばれる言語データをベースにして集められた英単語が詰まっています。

ムダなくTOEICに出る英単語だけを身につけられる、超効率的な作りの英単語帳です。

この本を使って、僕はTOEICに出る英単語を「会話で使えるレベル」にまで高めながら身につけることにしました。

・・・つづく。

 

—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ