From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
スポーツ界、ビジネス界、学問の世界で圧倒的な結果を出している人は、「自分の勝てるフィールド」を知って、そこに専念して磨き続けた人たちです。
 
 
決して、「苦手なことを克服しながらオールラウンドプレイヤーを目指している」人たちではありません。
 
 
以前、バスケットの世界で「神」と呼ばれたマイケルジョーダン選手が、その身体能力を活かして、野球選手に転向したことがありました。
 
 
その結果・・・
 
 
マイケルジョーダン選手は、野球の世界ではまったく力を発揮できず、ボロボロの結果になって早々に引退しました。
 
 
僕らは何となく、
 
 
「スゴい人=何をやらせてもデキる人」
 
 
という図式を頭の中に描きがちです。
 
 
でも、現実はそうではないのです。
 
 
「なんでもこなせるスーパーマン」
 
 
に見える人は、実は、
 
 
「なんでもそこそこの平凡マン」
 
 
の可能性があるのです。
 
 
人間には必ず、得意分野と不得意分野があります。
 
 
不得意分野を得意分野にするには、ふつうの人より数倍時間がかかります。
 
 
そして、たとえ不得意分野を努力の末克服しても、それを元から得意としている人にはとうてい敵いません。
 
自分が元から弱い部分を必死で克服しても、人の3倍努力してやっと人並みレベルになれるかどうか?
 
 
ぐらいのものです。
 
 
そんなことをしながら生きていては、いくら時間があっても足りません。
 
 
「成功している人というのは、ひとつの道を選び、その道から外れなかった人だ」
 
(アンドリュー・カーネギー)
 
 
 
アンドリュー・カーネギーは、自分の得意なことに専念するために鋼鉄会社を作りました。
 
 
そして大成功して、「鋼鉄王」呼ばれるようになりました。
 
 
ゲームに勝ち続けている人は、「自分が必ず勝てるゲームは何か?」を知っている人です。
 
 
そして、自分が勝てるゲームだけをプレイして、負けると分かっているゲームには手を出さないのです。
 
 
では、あなたが勝てるゲームはどれでしょうか?
 
 
 

生まれつきの性格を活かす

僕らの得意分野と不得意分野は、僕らの生まれ持った性格が大きく関係しています。
 
 
生まれ持った性格は、教育で変わることはないと言われています。
 
 
つまり、一生変わることはないのです。
 
 
「自分の才能を活かす」
 
 
というのは、言い換えると、
 
 
「自分の生まれ持った性格に合った道を歩み続ける」
 
 
ということです。
 
 
そして、自分の道を選ぶのはあなた自身です。
 
 
親、先生、上司ではありません。
 
 
 

2つの質問

「勝てる人生ゲーム」をプレイし続けるための2つの質問は、これです。
 
 
①どの方法が、自分の性格に最も合っているだろうか?
 
 
②合う方法を知った後は、どんなステップを踏めばいいだろうか?
 
 
この2つの質問を自分に投げかけ続けている限り、道をそれることはない、と言われています。
 
 
 

8つの性格タイプ

僕らが生まれ持った性格には、8つのタイプがあります。
 
 
この8つの性格タイプは、国や文化を超えて世界共通です。
 
 
以前の記事でご紹介した、「人間関係の4つのマトリックス」と、今回ご紹介する8つの性格は、ちょっと違います。
 
 
人間関係の4つのマトリックスは、相手によって自分のポジションが変わります。
 
 
人間関係のマトリックスでは、4つの中で自分の居心地の良い「ホームポジション」というものがありますが、相手に合わせて自分のポジションを柔軟に移動させることで、スムーズな人間関係を築くことができる、というメソッドです。
 
 
今回紹介する8つの性格は、相手によって変わるものではありません。
 
 
教育や成長によって変わるものでもありません。
 
 
あなたの遺伝子に組み込まれた、根源的なものです。
 
 
ずっとそこに居続けることで、ゲームに勝ち続けることができます。
 
 
この8つの性格タイプをテストで診断して、それを活かして成功するための道を教えてくれる学問があります。
 
 
それが、「ウェルス・ダイナミクス」です。
 
 
 

英語学習のやり方も変わる

僕が「ウェルス・ダイナミクス」を知ったのは、今からちょうど4年前のことです。
 
 
その頃は、僕が大手英会話スクールの講師になってから、ちょうど4年が経っていました。
 
 
ウェルスダイナミクスを知って以来、僕は自分の生徒さんたちの性格タイプを観察しながら、
 
 
「英語学習の成功確率とウェルス・ダイナミクスの関係」
 
 
を、個人的に研究してきました。
 
 
すると、面白いことに気付きました。
 
 
やはり、英語学習で成功するやり方も、8つの性格タイプによって違うことが分かったのです!
 
 
 

英語の先生も性格タイプが違う

そしてもうひとつ、英語の先生たちも、性格タイプの違いによって、英語を身につけた経緯がまったく違うことに気付きました。
 
 
僕の周りの先生だけではありません。書店に並んでいる、「有名な英語の先生」が書いた本を読んでも、その先生がどの性格タイプなのか?が見えてきました。
 
 
本を出している英語の先生は、「自分の英語学習が成功した人」です。
 
 
でも、みんなそれぞれに言っていることが違います。
 
 
「英語は勉強するな!」
 
 
という先生もいれば、
 
 
「毎日コツコツ書き取り練習をしなさい。」
 
 
という人もいます。
 
 
言っていることが真逆です。
 
 
でも、2人ともその方法で成功しているから、本を出しているのです。
 
 
真逆でも2人ともうまくいったのは、それぞれが自分の性格に合った方法で英語学習を続けたからです。
 
 
このことを知らずに、片っ端から色んなタイプの先生の書いた英語学習本を試すのは、かなり効率が悪いです。
 
 
 

まずは自分を知ろう

色んな本を買う前に、まずはあなた自身の性格タイプを知ることが先決です。
 
 
自分の性格タイプを知った後で、自分と同じ性格タイプを持つ先生のアドバイスに従えば、無理をしないで続けやすくなります。
 
 
続けることができれば、英語力は必ず伸びます。
 
 
ウェルス・ダイナミクスはビジネスで成功するために作り出された「実用学問」です。
 
 
でも、これは英語学習にもバッチリ応用できると思います。
 
 
次回は、この8つの性格タイプを詳しくお伝えします。
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ