From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
「英語学習を始めたばかりの初心者ですが、仕事で英語が必要になりました。どうしたらいいでしょうか?」
 
 
そんな質問をいただくことがあります。
 
 
特に専門職の方からこのご質問をされることが多いです。
 
 
「英語が一朝一夕では身に付かないことは分かったけれど、仕事で使えるレベルになるまで何年も待てない状況」
 
 
という人は一定数います。
 
 
また、職業の専門性が高くなればなるほど、英語テキストの選択肢が狭まっていきます。
 
 
本屋さんで売られている一般的な英語テキストではカバーできない内容になってくるのです。
 
 
たとえば、僕がオススメしているZ会の「速読速聴英単語シリーズ」の最上級レベルのテキスト「Advanced1100」は、かなり幅広いジャンルで専門性の高い英文記事を収録しています。
 
 
全ページ音読で仕上げたら、英検1級に合格できるレベルです。(英検1級の語彙数は約1万5,000語レベル)
 
 
でも、もしあなたの仕事がすごく専門性の高い業界だった場合、Advanced1100の中にすら用語が出てこない・・・ということもあります。
 
 
これでは、いつまでたっても英語学習と仕事内容がリンクしません。
 
 
そんな時にどうすればいいか?をお伝えします。
 
 

正解は1つではない

まずこの質問の答えは、1つではありません。仕事内容や目的によっても違ってきます。
 
 
そこで、僕自身の体験談と、僕がこれまで見てきた「専門性の高い仕事をしている英語学習者(初心者)の方々の体験談」をお伝えします。
 
 
その中で、自分の場合はどこに当てはまるか?を考えながら読み進めてみてください。
 
 

目的2パターン

仕事で英語を使う場合、目的は2パターンあると思います。
 
 
パターン①英語を話す&書く必要がある(アウトプット&コミュニケーション)
 
 
パターン②英語を読む必要がある(インプット)
 
 
パターン①で英語を使うシーンは、
 
・英語で接客する
 
・英語でミーティングする
 
・英語でプレゼンする
 
・英語でメールのやりとりをする
 
 
などです。
 
 
一方通行ではなく、相手がいる状況でコミュニケーションを取ることが目的です。
 
 
パターン②の場合は、
 
 
・仕事中に英語の論文を読む必要がある
 
・仕事の知識を深めるために、英語の専門書を読みたい
 
 
などです。
 
 
それぞれのパターンによって、やるべきこと&優先順位が変わってきます。
 
 
 

パターン①英語を話す&書く必要がある

英語を話す必要がある場合は、「フレーズ丸暗記型」の英語テキストを使って、丸暗記で覚えてしまった方が早いです。文法は無視してもOKです。
 
 
たとえば僕の体験談で言うと、ジーンズショップで働いていた頃に、米軍兵士たちが定期的に買い物に来たことがありました。
 
 
その時には「接客英語フレーズ集」を買って、自分の環境で使いそうなフレーズだけ20個ぐらい抜き出して丸暗記しました。
 
 
文法などまったく分からない状態だったので、「お経」のように丸暗記しました。
 
 
本に付いているCDをクルマの中でかけて、リピートしながら「耳で覚えた」感じです。
 
 
ただし、この方法は「自分の英語力を上げる」ことにはつながらないので、割り切りが必要です。
 
 
ふだんの音読トレーニングなどと同時並行でやらないと、「フレーズの外側で話せる」日は来ません。
 
 
フレーズ丸暗記型のテキストで急場をしのぎながら、ふだんの音読トレーニングで英語力を底上げしていくイメージです。
 
 
英語力が上がり、英語圏の文化への理解が深まるにつれて、それまで丸暗記して使っていたフレーズの文章構造が透けて見える日が来ます。
 
 
「そうだったのか!だからこのフレーズはこの並びだったのか!」
 
 
「May I help you? は『いらっしゃいませ』と同じ感覚では使えないのか!」
 
 
という新しい発見があります。
 
 
その時の喜びは大きいです。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓