From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
(→前回のつづき)
 
 
※中学時代に僕が仲の良かったT君とK君との思い出話の続きです。
 
 
T君から「夢のミニゲーム機」の話を聞かされていた僕とK君は、そんなゲーム機が本当に存在するのか?を確かめるべく、T君の家にアポ無しで突撃することにしました。
 
 
学校帰りにT君の家に着くと、玄関のピンポンを押しました。
 
 
すると、残念ながらT君のお母さんはいないようでした。
 
 
何度もピンポンを押すと、T君が僕らの存在に気付いて、2階の自分の部屋の窓から顔を出しました。
 
 
T君「なんだよ!おまえら、何しに来た?」
 
 
K&S「何しにって、さんざん待たされた例のゲーム機を見せてもらいに来たんだよ!」
 
 
T君「なんで家まで勝手に来るんだよ!」
 
 
K&S「だって、いつまでたっても見せてもらえいないじゃん!親がダメだって言うなら、俺たちから頼んでみるからさ。」
 
 
T君「そんな勝手なことするなよ!」
 
 
しばらくこんな押し問答が続いた後、K君が上にいるT君に向かって叫びました。
 
 
K君「おまえ本当はあの話、全部ウソだったんだろ?本当のこと言っちゃえよ!」
 
 
僕は、心の中で祈りました。
 
 
(頼むから、この話が本当であってくれ!!俺はあのゲーム機が夢に出てくるほど見たかったんだ!頼むから、現物を見せてくれ!!)
 
 
その後、T君は二階から下に降りてきて、玄関を開けて言いました。
 
 
その時T君の口から出た言葉は、僕の期待を粉々に打ち砕きました。
 
 
T君「もう、いいよ!分かったよ!全部ウソだよ!そんなゲーム機あるわけないじゃん!」
 
 
K君「やっぱりな!俺は途中から怪しいと思ってたぞ!いつまでたっても見せてくれないし、あまりにスゴすぎる内容だし!」
 
 
T君「ふん!そんなゲーム機が本当にあったら、いくら海外のやつでも、日本で話題になってるはずだろ!」
 
 
(ガーン!!・・・・大ショック!!)
 
 
K&S「じゃあ、なんでそんなウソついたんだよ!」
 
 
T君「おまえらが喜んで色々聞いてくるから、面白くなって話をしちまったんだよ!」
 
 
K&S「だからって、俺らをダマしていいのかよ!」
 
 
T君「うるせーよ!おまえらが俺にこんな話を作らせたんだ!」
 
 
K&S「なんだとぉ~!!おまえがウソついたのは、俺らのせいだってのか!!」
 
 

大ショック!!

そんな感じで、しばらく押し問答が続いた後、僕とK君はぷんぷん怒りながら帰りました。
 
 
K君「Tの野郎、なんてやつだ!!とんでもないウソつきやがってぇ~!!」
 
 
僕「さすがに頭にきたぞ!俺はめちゃくちゃ楽しみにしてたのにぃ~!!」
 
 
K君「おいシンヤ、もうTのやつは相手にしないようにしよう!もう学校で会っても無視だ!!」
 
 
僕:「おう!!そうだそうだ!!」
 
 
僕はその夜、あまりの悲しさと悔しさに、なかなか寝付けませんでした。
 
 
今思い返せば、別にT君が僕らからお金を巻き上げととか、ものすごい不利益を被るようなことをされたわけではありません。
 
 
「実在しないゲーム機をでっちあげて、それをプレイさせてやると言う」
 
 
なんて、中学生レベルの可愛いウソだと思います。
 
 
が、当時中学生だった僕とK君にとっては、大きな落胆でした。
 
 
 

3人じゃないとつまらない

その後、K君と僕は、しばらくT君と距離を置きました。
 
学校で会っても、声をかけず、目も合わせないようにしていました。
 
 
T君も僕らと目を合わせませんでした。
 
 
僕は、いつも通り学校帰りにK君の家に寄って、ふたりでK君のファミコンをプレイして遊んでいました。
 
 
でも、なんかつまらないのです。
 
 
あんなにムカついたはずのT君ですが、僕とK君がゲームで遊ぶ場にT君がいないと、いまいち盛り上がらないのです。
 
 
僕とT君は、その後、2週間くらいがんばってT君を無視してみたものの、そろそろ限界が来ました。
 
 
「やっぱり、Tがいないとつまんないな!もう、十分に反省しただろうから、そろそろ許してやるか!」
 
 
ということで、僕らは久しぶりにT君に声をかけました。T君は、最初こそ強がった態度を見せていましたが、しばらくすると、僕とK君に謝ってきました。
 
 
それで僕ら3人トリオは、また元通りの仲に復活しました。
 
 
中学卒業後は、僕ら3人はバラバラの高校に行きました。
 
 
でも、T君と僕はたまに一緒に遊んだり、同じ店でバイトしたりして、ふつうに仲良くやっていました。
 
 
高校2年生くらいの頃に久しぶりにK君に会ったら、あまりの変わりようにビックリしました!
 
 
K君は超イケメンに変身していました。
 
 
めちゃくちゃ背が伸びて、ぽちゃっとしていたホッペタがヘコんで顔がシュッとして、髪型も今風で、僕とT君とは別次元の高校生になってしまっていました!
 
 
でも、変化したのはあくまで外見だけで、K君と話すと、中学の時とまったく変わらない3人組の雰囲気で遊べました。
 
 
高校卒業後は、僕ら3人はバラバラになって、特に連絡を取り合うこともなくなりました。
 
 
 

T君の空想が現実になる日

ところが最近、僕はネットである「新商品」の発売発表の写真を見ました。
 
 
それを見て、僕は衝撃を受けました!!
 
 
中学の頃のあの日、T君が僕らの前で語った、あの空想の世界のゲーム機が、現実の世界に出てくることになったのです!!
 
 
28年の歳月を経て、ついにT君が僕らの前で描いて見せた空想の産物が、現実化してやってくることになりました!!
 
 
これには本当に驚きました!
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ