From  師範代Shinya(新村真也)
 
※僕が英検1級にトライした時のストーリーの続きです。
 
(→前回のつづき)
 
 
なんと、全受験者の中で、僕の番が一番最後でした。時間は16時半を回っていました。
 
 
待合室に着いたのが、13時です。3時間半も何もない部屋で待っていたことになります。
 
 
ここまで待たされると、疲れを通り越して、逆にエネルギーが湧いてきました。
 
 
「もう、こんなに待たされるのはゴメンだ!!二度とここへは来ないぞ!!絶対一発合格してやる!!」
 
 
その思いで、闘志がメラメラと燃え上がるのを感じました。
 
 

面接スタート!

呼ばれて教室内に入ると、面接官が2人いました。
 
 
僕から見て、右側がネイティブ女性で、左側が日本人女性です。
 
 
「英検1級の面接員をする程の日本人は、どんな人なんだろう?」
 
 
そんな好奇心で観察してみました。年齢的には若く見えます。40代くらいでしょうか。僕が今まで受けてきた英検の面接員はみんな、「おじいちゃん」でした。
 
なので、1級はさらに上の年齢のおじいちゃんが出てくるのだろうか?と思っていたので、意表を突かれました。
 
 
もしかして、英検1級はアドリブでのやりとりが多いので、逆に若い面接員の方が向いているのかも知れません。
 
 
 

スモールトーク

英検は、最初に受験者の緊張をほぐすための「スモールトーク」があります。
 
 
3級~2級までは、「How are you?」程度なのですが、準1級から先は、けっこう色々聞かれます。
 
 
スモールトーク部分は評価の対象にはならないのですが、それでも、ここでスムーズに会話がスタートできるかどうか?で、その後のノリが変わってきます。
 
 
今回のスモールトークは、日本人女性の面接官から始まりました。
 
 
「今日はどこから来たんですか?」
 
 
「交通手段はどうやって来ましたか?」
 
 
「ここまでどのくらいかかりましたか?」
 
 
といったお決まりの質問が繰り出されました。
 
 
日本人の面接官は、優しい雰囲気のしゃべり方です。ちょっと安心しました。
 
 
一方、まだしゃべっていないネイティブ女性の方は、年齢的には50代くらいで、メガネをかけていて、いかにも厳しそうな表情をしています。
 
 
よく、海外の学園ものの映画やドラマで、「超厳しい教頭先生役」で出てきそうな雰囲気です。
 
 
僕が今まで出会ってきたネイティブの人たちとは明らかに「属性」が違うのが分かりました。目を合わせると緊張してきます。
 
 
結局、スモールトークの間は、僕と日本人女性とのやりとりで、そのネイティブ女性はまったくしゃべりませんでした。それが逆に緊張感をあおりました。
 
 
準1級を受けた時のスモールトークは、めちゃくちゃ長かったのを覚えています。
 
 
たしか、5分くらい話していた気がします。
 
 
でも、今回は面接官も後半戦で疲れているようで、質問はさっきの3つだけで終わりました。
 
 
そして、すぐに試験が始まりました。
 
 

僕が選んだトピック

まず最初に、トピックカードが渡されました。
 
5つのトピックが書かれた中から、ひとつ選んで内容を考えます。
 
 
その後、選んだトピックで2分間のスピーチをします。
 
準備時間は1分間です。ちなみに、「トピックを選ぶ時間」と「スピーチを考える時間」を合わせて1分間しかありません。
 
 
準備時間を確保するためには、いかに早くトピックを決めるか?が大事になってきます。
 
 
僕は今まで、練習の時から「一番やりやすいトピックを5秒以内に選ぶ」トレーニングをしてきました。
 
 
なので、ここでもサッと選べました。僕が選んだトピックは、
 
 
「今後の日本の労働力の縮小は、避けられないと思うか?」
 
 
でした。(トピック文の正確な言い回しは覚えていませんが、聞いている内容はこんな感じでした)
 
 
僕がこのトピックを選んだのには、理由がありました。
 
それは、「話を自分の得意分野に引き込める」からです。
 
 
英検1級の面接では、自分のスピーチ内容についてかなり細かく突っ込まれます。
 
 
その質問に対して、知識不足でしどろもどろになってしまうと、話がスムーズに進まずに、減点対象になります。
 
 
なので、僕は話の流れをどうしても自分の「得意分野」に引き込みたかったのです。
 
 
知識と経験の豊富なジャンルであれば、どんな質問が来てもすぐに返せます。
 
 
ちなみに、僕が選んだトピック
 
 
「今後の日本の労働力の縮小は、避けられないと思うか?」
 
は、僕の得意ジャンルではありません。
 
 
次回は、僕の得意ジャンルは何なのか?そして、どうやって話を自分の得意分野に向けたのか?その戦略をお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ