From  師範代Shinya(新村真也)
 
僕がオンライン英会話を受け始めて、ちょうど半年ぐらいたちました。
 
 
僕はこの半年間で、色々な先生とのレッスンを試してきました。
 
 
オンライン英会話の良さは、「先生のバリエーションの豊富さ」です。
 
 
ネイティブ、ノンネイティブの違いはもちろん、色んな国の人達の中から先生を選べます。
 
 
また、生徒からのレビュー評価の高い先生~低い先生たちまで、本当に色んな人達がいます。
 
 
 

レビュー評価の仕組み

 
僕が受けているDMM英会話では、先生ひとりひとりに「アマゾンのカスタマーレビュー」のようなものがつく仕組みです。
 
 
レッスンを受け終わった生徒は、先生のレッスンの評価の星の数を選んで、コメントも書けます。(任意です)
 
 
先生たちはアマゾンのように星5つで評価されて、平均値の高い人が予約画面のトップページに表示される仕組みです。
 
 
ただ、レビューはあくまで個人の主観です。
 
 
アマゾン商品だったら、「届いた家電が電源を入れても動かない」とか「配送途中で破損していた」などの分かりやすいポイントが書かれていることが多いです。
 
でも、「この先生とは合わない」とか「話が盛り上がらなかった」というのは、あくまで個人の相性もあります。
 
 
人間同士の会話なので、「100人中100人から好かれる」というは不可能でしょう。
 
 
だからこそ、自分の目で確かめる必要があります。
 
 
とはいえ、やはり「レビュー評価が常に高い先生」と「評価が常に低い先生」にはある程度の共通点があるはずです。
 
 
特に僕が受けているDMM英会話は、先生の数が多いです。
 
 
平日の昼の時間帯なら、先生の選択肢は数百人~多い時には千人を超えます。
 
 
そんな競争の激しい中で、トップとボトムの差を見てみたい!実際に体感してみたい!
 
 
という好奇心が僕の中に芽生えてきました。
 
 

人気の先生は早く埋まってしまう

 
ちなみに人気の先生は早く予約しないと、すぐ埋まってしまいます。
 
 
みんなの予約ページのトップに出てくる人達なので、スピードが命です。
 
 
僕は毎日決まった時間にレッスンを予約しているので、自分のレッスンが終わったら、次の日のレッスンは5分以内に予約しています。
 
(僕の受けいている1日1レッスンプランは、今日のレッスンを消化しないと次のレッスンが予約できない仕組みです)
 
この5分間がけっこう争奪戦です。
 
たとえば、評価の高い先生と話して、「あっ!この先生いいな!」と思ったら、5分以内に予約しないと、他の人に予約されてしまいます。
 
 
DMMは先生の数も多いですが、生徒の数も多いので、人気の先生のレッスンは競争率が高いです。
 
 

ギリギリ予約すると不人気の先生しか選べない

 
逆に、ギリギリでレッスンを予約すると、不人気の先生しか選べなくなります。
 
 
DMMの場合は、15分前までならレッスンを予約できます。
 
 
たとえば、夜8時にレッスンを受けたいと思ったら、7時45分までに予約すれば、8時からレッスンを始められるのです。
 
 
レッスン開始15分前に予約できる先生は、当然ながら「それまで誰からも予約されていない状態」です。
 
 
このタイミングで予約ページのトップに出てくる先生たちは、ふだんは10ページ目とか20ページ目にいる先生たちです。
 
 
「良い先生に当たりたかったら、早めに予約してね」
 
 
という仕組みなのです。
 
 

生徒側も同じ

 
ただこれは、生徒側も同じだと思います。
 
 
本気の英語学習者は、
 
 
①毎日の英語学習スケジュールを決めて、プランに沿って行動している。英会話レッスンも、次回の予約を早めに入れている。
 
 
②英会話レッスンを受けるときも、事前にしっかり準備をしてから受けている。
 
 
という特徴があります。
 
 
逆に「英語学習にまだ本気ではない人」や「英語学習を始めたばかりの人」は、
 
 
①「手が空いた時にやればいいや」という行き当たりばったりな感じでやっている。英会話レッスンも思い立った時に直前で予約する。
 
 
②英語学習メニューは何をやればいいのか?イマイチ分からない状態なので、英会話レッスンも何も準備なしで、とりあえず受けてみる。
 
 
という状態を繰り返していることが多いです。
 
 

先生と生徒にも「格差」が生まれる

 
その結果、「先生と生徒の格差」が生まれます。
 
 
①本気の英語学習者(先生側にとってやりやすい生徒)は早めに予約を入れるので、レビュー評価の高い熱心な先生のレッスンを取れる確率が高くなる。
 
 
その結果、本気の生徒&熱心な先生の組み合わせの相乗効果で、レッスン全体のクオリティーが上がる。
 
 
②まだ本気ではない英語学習者(先生側にとってやりづらい生徒)はギリギリで予約するので、評価の低い先生のレッスンを受ける確率が高くなる。
 
その結果、準備不足の生徒&やる気のない先生?!の組み合わせの相乗効果で、レッスン全体のクオリティーが下がる。
 
 
という流れが起こっている可能性が高いのでは?
 
という予測ができます。
 
 
おそらくこの格差は、オンライン英会話業者を変えても同じ現象が起こる確率が高いです。
 
 
英語学習を始めて間もない初心者ほど、
 
 
「ここの先生たちは自分には合わない」
 
 
と感じて、色んな業者を転々とするパターンに陥ってしまう確率が高くなるのです。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓