【僕が「習い事」に感じた夢と希望:カラーコーディネーター編94】

From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
※僕がカラーコーディネーター1級の試験に再チャレンジしながら、ジーンズショップに転職した時の体験談の続きです。
 
 
ついに1級の資格をゲットした僕は、嬉しくなって職場の上司に報告することにしました。
 
 
せっかく資格を取ったんだから、会社に報告しておかないと損だ!と思ったのです。
 
 
僕は社内制度のことはよく分かりませんが、もしかしたら資格を取ったら給料アップなんて仕組みがあるかもしれません。
 
 
僕がふだん接する上司は2人いました。
 
 
店長とエリア長です。
 
 
 

感情を出さない店長

僕が働くお店の店長はとても物静かで人見知りな性格で、普段から感情を表に出しません。
 
 
スタッフを怒鳴りつけて怒るようなシーンを見たことはありません。
 
 
逆に笑顔でホメているシーンも見たこともありません。
 
店長は、売り場のレイアウトを変えることもほとんどありませんでした。
 
 
たまに僕がよかれと思ってレイアウトを変えると、元に戻すように言われることがよくありました。
 
 
静かに平穏に、いつもと変わらない日々を過ごすことを最優先にしているタイプ。
 
 
僕の目にはそんな感じに見えていました。
 
 
店長はあまり資格などに興味があるように見えません。
 
おそらく僕の1級の資格合格の件を伝えても、あまり良いリアクションは期待できないでしょう。
 
 
 

感情丸出しのエリア長

もう一人の上司であるエリア長は、店長の上のポジションにいる人です。
 
 
エリア内の色んなお店を車で転々と回って、店長にアドバイスをするのが仕事です。
 
 
全国チェーンの小売業では、業種に関わらずよくあるポジションだと思います。
 
 
エリア長の性格は店長とはまったく違って、感情を丸出しするタイプです。
 
 
機嫌が良い時にはニコニコしながら話しかけてきます。
 
機嫌が悪いときには、鬼の形相で大声で怒鳴りつけてきます。
 
 
どちらの方が頻度が高いか?と言えば、鬼の時の方が多いです。
 
 
怒っている時の迫力はパンパなくて、典型的な「恐い上司像」という感じのキャラクターでした。
 
 
僕が18才~21才まで働いていた鉄工場の親方とすごく似ているタイプだと感じました。
 
 
エリア長がやって来ると、嵐が巻き起こりました。
 
 
突然売り場のレイアウトを大幅に変え始めたりします。しかも、その変え方もすごい思い切りです。
 
 
ガラッと雰囲気が変わるようなレイアウト変更をします。
 
 
エリア長が急に売り場にやって来て動き始めると、店長を含め僕らスタッフは緊張しながらエリア長の手伝いをする・・・というパターンでした。
 
 
エリア長が変えたレイアウトは、さすがに店長もその後もとに戻すことはできず、そのままにされていました。
 
 
 

水と油

店長とエリア長は正反対の性格タイプで、僕の目からは水と油のように見えました。
 
 
・今日1日を平穏無事に過ごしたい店長
 
 
・見回りに来たお店に嵐を巻き起こして帰っていくエリア長
 
 
という対比が、部下目線からは面白く感じました。
 
 
おそらく、どの職場でもこういう光景は目にする機会が多い気がします。
 
 
組織が大きくなればなるほど、正反対の性格タイプの人達が近いポジションで働くことが増えるでしょう。
 
 
もし僕がエリア長に自分のカラーの資格合格のことを伝えたらどうなるのか?
 
 
まったく予想できません。
 
 
もし機嫌の良い時に伝えれば、めっちゃホメてもらえるような気もします。
 
 
「スゴいじゃないか!ガンバったなぁ~!」みたいな感じで肩を叩かれるシーンが想像できます。
 
 
逆に機嫌が悪いときに伝えれば・・・リアクションは想像できません。
 
 
資格を取ったこと自体を怒られるとは思えませんが、他のできてない場所を探して怒られる可能性もあります。
 
 
どっちに転ぶか?はギャンブル的な要素が満載です。
 
 
でも、僕はおそらく店長とエリア長の両方に報告した方が良いと思いました。
 
 
店長は変化を嫌うので、僕の資格取得も小さな変化と捉えるでしょう。
 
 
その変化を、わざわざエリア長に報告するとは思えません。
 
 
順番的には店長に先に報告するつもりです。
 
 
でも、もし僕がその後「エリア長にも報告していただけますか?」と店長に言ったら、「自分で言った方が良いよ」と言われるであろうことは目に見えています。
 
エリア長に僕から直に報告するのは、正直恐いです。
 
 
そもそもエリア長は、こちらから話しかけること自体が恐い存在です。
 
 
まして自分が資格を取ったことをどういう流れで切り出せばいいのか?よく分かりません。
 
 
ただ、エリア長は僕が接する上司の中では最も本部に近い存在です。
 
 
情報が本部に行かなければ、今回の資格取得が昇級につながるかどうかも分かりません。
 
 
そこで僕は、店長とエリア長、2人に自分から直に伝えることにしました。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください