【僕が「習い事」に感じた夢と希望:カラーコーディネーター編93】

From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
(→前回のつづき)
 
※僕がカラーコーディネーター1級の試験に再チャレンジしながら、ジーンズショップに転職した時の体験談の続きです。
 
 
2度目の挑戦でついに1級に合格できた僕は、大きな達成感に包まれていました。
 
 
カラーコーディネーターの試験は、生まれて初めて自分から進んで受けた資格試験でした。
 
 
3級、2級が受かった時も嬉しかったですが、
 
 
「どうせここまで来たら最後の1級まで行ってみたい!」
 
 
と思うようになりました。そして、1回目のチャレンジでは2次試験に落ちました。
 
 
それまでは3級&2級ともに一発合格でしたが、1級でつまずいたことで、1級合格に対する価値が僕の中でグンと上がりました。
 
 
TVゲームと同じで、
 
 
「カンタン過ぎるとすぐに飽きてしまうけど、難しすぎるとやる気が起きない。ちょっと手応えがあるぐらいが一番面白い」
 
 
というのが人間の心理です。
 
 
今回のカラーコーディネーター1級の試験は、僕のモチベーションを大きく上げる、絶妙な難易度でした。
 
 

ついに手にした黄金カード!

合格通知が届いてからしばらく待っていると、ついに合格証カードが送られてきました!
 
 
封筒を開けると、中から光り輝く金色のカードが出てきました。
 
 
表面には、僕の名前が書かれています。
 
 
カードの大きさは、ちょうどクレジットカードと同じサイズになっているので、財布に入れて持ち歩けます。
 
やっぱりゴールドは見た目がカッコいいです!!
 
 
僕が「1級を取りたい!」と思った理由の1つが、この合格証カードです。
 
 
3級を受けた試験会場でもらったパンフレットに、この1級合格証の写真が載ってるのを見て、一目で
 
 
「欲しい!!この金色のカード、何としても欲しい!!」
 
 
とビビッと感じました。
 
 
合格証カードは級によって色が違っていて、
 
 
3級=銅色(ブロンズ)
 
2級=銀色(シルバー)
 
1級=金色(ゴールド)
 
 
という順番になっていました。
 
 
おそらくオリンピックのメダルの色を意識したんだと思います。
 
 
でも僕の中では、少年時代にハマッていたアニメ「聖闘士星矢(せいんとせいや)」を思い出させる色でした。
 
 

ゴールド聖闘士になる夢

聖闘士星矢は、主人公や敵が身につけている鎧(よろい)の色が美しいことが、人気の要因のひとつでした。
 
主人公の星矢とその仲間達は、ブロンズ聖闘士(せいんと)と呼ばれる、下級戦士です。
 
 
鎧の色は星座にちなんでいて、白、ピンク、緑など、とってもカラフルです。
 
 
そして星矢達が戦う相手は、ゴールド聖闘士と呼ばれる格上の上級戦士です。
 
 
ゴールド聖闘士はその名の通り金色に光り輝く鎧に身を包み、圧倒的な戦闘力を持っています。
 
 
しかも、ゴールド聖闘士は12星座にちなんで、トータル12人もいます。
 
 
最初は星矢たちは、ゴールド聖闘士に手も足も出ません。
 
 
もちろん星矢たちは主人公なので、ボロボロになりつつも最終的にはゴールド聖闘士を撃破します。
 
 
ただ見た目のカッコ良さでは、僕の目にはゴールド聖闘士の方がカッコ良く見えました。
 
 
僕だけではなく、当時のクラスメイトもゴールド聖闘士の人形を集めていました。
 
 
当時は聖闘士星矢の人形が大人気で、値段は高めでしたが相当な数が売れたと思います。
 
 
鎧を着せ替えできるので、「リカちゃん人形」の男の子向けバージョンといったところです。
 
 
お金持ちの家の子は、12星座すべてのキャラの人形を揃えていて、クラスの男子たちからうらやましがられていました。
 
 
そんな感じで、ゴールド聖闘士は当時の男子たちの憧れだったのです。僕も、
 
 
「いつかは自分がゴールド聖闘士みたく強くなりたい!」
 
 
と思っていました。
 
 
そんな少年時代の思い出があるので、カラーコーディネーターの合格証を見た時には、「あっ!ゴールド聖闘士だ!」と瞬間的に思いました。
 
 
そして、1級合格証を手にすることは、カラーの世界でゴールド聖闘士になったことを意味する。なんたって、頂点に君臨する資格なのだから・・・
 
 
そんな風に思いました。
 
 

ついにゴールド聖闘士になれた!

そして今、自分がゴールドの合格証を手にすることができたのです。
 
 
ついに!ついに俺もゴールド聖闘士の仲間入りを果たすことができた!!
 
 
厳しい修行に耐えて生き残った者にしかなれないと言われるゴールド聖闘士・・・その一員になったのだ!!
 
 
という感激に酔いしれていました。
 
 
・・・つづく。
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください