From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
先日、僕のYouTubeチャンネルで「このGWに読んでほしいオススメ本」として、自分の著書「やり直し英語革命」をレビューしました。
 
 
でも後から、
 
 
「やり直し英語革命よりも、もっとGWに一気読みするのにピッタリな本があったじゃないか!あの本こそ、みんなに読んでほしい!!」
 
 
と思い出しました。それは、
 
 
もしも高校4年生があったら、英語を話せるようになるか=通称「もしなる」
 
 
です。
 
 

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

(↑クリックすると、アマゾン販売リンクに行けます)
 
※Kindle版なら、今すぐ読めます。
 
以前にもこのブログ記事の中でレビューしたことがありますが、今回は前回とはまた違う視点でレビューします。
 
 
 

感動したいなら読むべき本!

もしなるの本をひと言で表すなら、「感動ストーリー」です。
 
 
心が強く揺さぶられて、感動させられます。
 
 
僕は最初に読んだとき、後半では涙が出てきました。
 
 
読み終わったときには、身体が小刻みに震えるのを感じました。
 
 
それほど感動しました。
 
 
英語学習をテーマにした本を読んで感動して泣いたのは、この本が初めてです。
 
 
では、なぜこの「もしなる」は、そんなに人を感動させるパワーがあるのでしょうか?
 
 
 

珍しい「小説タイプ」の英語学習本

それは「もしなる」が小説だからです。
 
 
そして、小説の中でも極上のクオリティーです。
 
 
「ストーリーで感動させる」という、小説としての完成度が恐ろしく高い本が、この「もしなる」なのです。
 
ふつうの英語学習本は、英語の先生が読者に語りかけるスタイルがほとんどです。(僕の書いた本もそうです)
 
 
僕が今まで読んできた英語学習をテーマにした本の中で小説スタイルを取っているのは、この「もしなる」しか見たことがありません。
 
 
もしなるは本全体で1つのストーリーになっているので、できれば時間がある時に一気読みするのがオススメです。
 
 
その点でも、外出できない今年のGW中に読むのにピッタリです。
 
 
 

なぜ?を何度も問いかけられる

もしなるを読んでいると、何度も「なぜ?」を問いかけられます。
 
 
なぜ、日本人は学校で習った英語を使えないのか?
 
 
なぜ、日本人が英語を「使えるようにする」必要があるのか?
 
 
それを深く考えさせられます。
 
 
読んだ僕らの中で「英語に対する考え方」が大きく変わります。
 
 
英語へのモチベーションが上がります。
 
 
「今のままじゃダメだ!!日本を変えるために、まずは自分自身が英語を身につけるぞ!」
 
 
そんな気持ちにさせてもらえる本です。
 
 
大げさではなく、「生きること自体」のモチベーションが上がります。
 
 
タイトルからは想像できないほど、僕らの心を熱く燃え上がらせ、強く揺さぶってくる本なのです。
 
 
もしあなたが、坂本龍馬のストーリーや「革命」「ヒーロー」といったテーマの映画や小説が好きなら、この「もしなる」は読んで絶対に損しない本です。
 
 
 

個性豊かで魅力的なキャラ

もしなるの本の最大の特徴は、何と言っても「個性的で魅力的なキャラ」です。
 
 
「あ、こういう人、いるいる!」と思わずうなずきたくなるような個性的なキャラクターたちが登場します。
 
自分が今いる環境や人間関係に重なって、他人事とは思えなくなります。
 
 
読み始めた瞬間から、主人公に感情移入してしまうのです。
 
 
「あー、わかる!わかる!」と、読みながら何度も何度もうなずいてしまいます。
 
 
英語学習者なら必ず一度は味わったことがある敗北感、挫折感、あきらめ感が、冒頭からリアルに描かれています。
 
 
次回の記事では、この本を面白くしている、個性豊かな5人のメインキャラクターをご紹介します。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

(↑クリックすると、アマゾン販売リンクに行けます)
 
※Kindle版なら、今すぐ読めます。
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓