From  師範代Shinya(新村真也)
 
※今日は、英語学習とは関係ない、息抜き記事です。ご了承ください。
 
僕はつい最近まで、一度も「ビデオカメラ」を買ったことがありませんでした。
 
でも、「ビデオカメラを使った撮影」自体は、昔から兄弟でやっていました。ジャッキーチェンのカンフー映画のマネとか、ダンスのビデオとかです。
 
ただ、これらは僕が自分のビデオカメラで撮ったものではありませんでした。
 
僕の弟がこういう撮影機材に詳しく、いいビデオカメラを買って使いこなしていました。なので、僕は自分で買う必要を感じたことがありませんでした。
 
しかし、最近はこの「英語の達人養成ジム」のブログ記事の内容を動画にしてYouTubeにアップする機会が増えました。
 
今までよりも頻繁に撮影するようになったので、そのたびに毎回ビデオカメラを借りるわけにもいきません。
 
そこで僕は、人生で初めて「自分でビデオカメラを買う」ことにしました。
 
 
 

多すぎる選択肢!

何の知識もなかった僕は、ネットで「ビデオカメラ」を調べてみました。
 
そして、驚きました!!
 
めちゃくちゃ種類が多いのです!!
 
メーカーも値段もピンキリで、どれがいいのかさっぱり分かりません。
 
スペック表を見ても、僕は数値の基準が分からないので、ちんぷんかんぷんです。
 
これはちょうど、僕が初めて英会話を始めた頃の感覚に似ていました。
 
「本屋に英語教材があふれてる!でも自分には選ぶ基準になる知識がない!」という状態です。
 
 
 

ユーチューバー御用達のビデオカメラ

そこで、とりあえず僕は、YouTubeで生計を立てている「ユーチューバー」の人たちが何を使っているのか?をネット調べてみました。
 
すると・・・これもピンキリ!
 
意外だったのは、ビデオカメラではなく、一眼レフカメラのビデオ機能で撮っている人たちが多かったことでした。
 
彼らは、さすがそれで生計を立てているだけあって、機材には投資を惜しまないようで、何十万もするようなビデオカメラやデジカメを使っている人もたくさんいました。
 
そんな中、僕の目を引いたビデオカメラがありました。
 
 
 

自分撮り専用ビデオカメラ

それは、キャノンの「アイビスミニX」というビデオカメラでした。
 
このビデオカメラは、見た目が変わっていて、「自分撮り専用カメラ」という、素人の僕にもすごく分かりやすいコンセプトでした。
 
自分撮りをしてYouTubeにアップするために、必要な機能がすべて揃っていました。
 
① 液晶画面をいろんな角度にできます。カメラに向かい合った状態で、液晶画面を自分の方に向けられるので、自分の映り具合や表情を確認しながら撮影できます。
 
 
② 特殊な「魚眼レンズ」というのを使っていて、撮れる角度が広いので、カメラから離れなくても全体が映ります。
 
 
③ 下の持ち手のような部分を引き出すと、手に持った状態で自撮りできます。また、この持ち手はテーブルに置くと角度を調整できる装置になるので、三脚なしでも撮影できます。
 
 
④ 高感度のマイクが前側の左右に2つ付いていて、良い音質で録音できます。
 
⑤ 「MP4」という種類の動画形式で撮影できるので、動画を撮った後に、面倒なデータ変換作業なしですぐにYouTubeにアップできます。
 
 
この5つを知ったとき、僕は、「これしかない!!」とピンと来ました!!
 
有名ユーチューバーの人たちも動画レビューで絶賛していまいた。
 
しかも、値段はキヤノンのオンラインストアでたったの3万8,000円です!!
 
(それまでネットで何十万円もするカメラたちを見ていた僕には、この値段はかなり安く見えました)
 
そこで僕は、さっそくこの1台に決めて、ネットで注文しました。
 
 
 

使いやすさバツグン!!

この手のひらサイズの小さなカメラは、本当に使いやすくて、初心者の僕にもバッチリでした!
 
半年くらい使ってみて、
 
「こんなに使いやすいビデオカメラ他にはない!」
 
と感じたので、念のためもう一台買っておこう!と思い、キヤノンのオンラインストアを見たら・・・
 
「生産終了」と書いてあります!!
 
ぬぬっ!!そうか!まあ、マニアックなビデオカメラだから買う人が少なくて採算が撮れなかったのかもな。
 
じゃあ、大きな家電ストアなら在庫があるかも?
 
と思い、有楽町の「ビッグカメラ」に行きました。すると・・・
 
 

まさかの!!キャノン撤退!!

ビデオカメラコーナーに行き、しばらくぶらぶらしましたが、見あたりません。そこで、店員さんに聞いてみました。
 
「あの~、キャノンのアイビスミニXっていうビデオカメラを探しているんですが・・・」
 
「あー!キャノン製品は、もう無いんです。キャノンは、ビデオカメラ業界から撤退したんですよ。だから、うちにもキャノンの製品は一切ありません。今はうち以外のお店にも、どこにもないですよ。」
 
「えーーー!!そうなんですか!!なんと!!」
 
僕は急に、このビデオカメラが貴重に思えてきました。
 
何としても、もう一台欲しい!!
 
 

プレミアの恐ろしさ!

そこで僕は、アマゾンで調べてみることにしました。アマゾンなら、新品が中古枠で売っていることもあるからです。
 
すると・・・ありました!!価格は・・・
 
248,088円
 
え??自分の目を疑いました。
 
 
一桁違ってない?これ、間違いだよね?
 
2万8,000円じゃなくて?
 
24万8,000円だと!!
 
 
たしかに、見間違いではありません!!
生産終了になったことで、急にプレミアがついて、価格が跳ね上がっていたのです!!
 
これじゃあ、プロ用の本格撮影用ビデオカメラが変えるやんけー!!
 
その後、「メルカリ」でも売ってないかどうか調べてみましたが、販売価格はどれも新品よりもずっと高くなっていました・・・しかも!!そんな高額にも関わらず、なんと全部売り切れでした!
 
これが、「希少性の力」かぁ・・・
 
わずか半年前まで、この「アイビスミニX」は、ビデオカメラの中では安い分類でした。
 
でも今は、超高い分類に入ります。
 
僕は、このビデオカメラを「室内での自撮り専用」にして、外で自分のセミナーやマジックショーを撮影したりする用に、もう一台ビデオカメラを買うことにしました。
 
そのビデオカメラは、また今度レビューしますね。
 
 

—————————————

※僕の人生を変えた「ハイブリッド英語トレーニング」はこちら

※師範代Shinyaの 「単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※師範代Shinyaの 「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

P.P.S.
※このブログに「読者登録」をしていただくと、最新記事をメールで受け取ることができるようになります。登録はこちらをクリック