From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
前回の記事では、ノートパソコンやiPadにLANケーブルを差すことで、ネット通信を安定させる方法をお伝えしました。
 
 
Wi-Fiはどうしてもルーターとの位置関係で通信が不安定になりがちです。
 
 
もちろん、Wi-Fiルーターが置いてある部屋にパソコンがある場合は、通信は安定していることが多いです。
 
 
でも、もしWi-Fiルーターがない部屋にパソコンがあって、しかも分厚い壁で隔たりがある場合は、接続が不安定になりがちです。(安定度はWi-Fiルーターの価格や機種にもよりますが)
 
 
そんな時は、LANケーブルをつなぐだけでも、けっこう違います。
 
 
 

さらに通信を安定させるために、僕がやったこと

LANケーブルの導入やWi-Fiルーターの買い換えに加えて、もう一つ僕がやったことがあります。
 
 
それは、「ネット回線の種類そのものを変える」ことです。
 
 
インターネットは道路のようなものです。
 
 
車の運転をしているところを想像してみてください。
 
 
たくさんの人が同じ時間帯に同じ道を通れば、交通量が増えて渋滞が起こります。
 
 
平日の昼間はスイスイ進める道でも、みんなが通勤する朝の時間帯&帰宅する夕方の時間帯は、渋滞が起こることがあります。
 
 
ネット回線も同じです。みんながインターネットに接続する時間帯は、回線がギューギュー混み合うので通信速度が遅くなります。
 
 
特に夜の時間帯は遅くなりがちです。
 
 
家族みんながスマホやパソコンでYouTubeやネットフリックスなどの動画データを見たりすることが多いので、回線全体が重くなってスピードが落ちます。
 
 
特にアパートなどの集合住宅の場合は、夜や週末にネット回線の渋滞が起こりやすいようです。
 
 
僕も東京のアパート(建物密集エリア)に住んでいるので、夜8時以降は動画どころかウェブページの読み込みでさえ数秒かかるぐらい、回線が遅くなっていました。
 
 
そこで僕がやったのは、「渋滞ルートを避ける作戦」です。
 
 

みんなが通っているルートを避ける

運転中に渋滞に巻き込まれないようにする方法は、「裏道ルート」を通ることです。
 
 
みんなが知らない裏道や信号のない道を通ることで、渋滞を避けることができます。
 
 
そしてこれは、インターネットでも同じです。
 
 
僕は最近知ったのですが、インターネットの回線には、接続方式によって2つの種類があるそうです。
 
 
みんなが使っている道=IPv4
 
裏道=IPv6
 
 
という感じです。記号の一番後ろの数字が「4」の場合は従来のルートで、「6」の場合は新しいルートです。
 
 
この新しい6のルートが、最近注目を浴びています。
 
 
おそらく、まだまだ多くの人が4のルートを使ってネット接続しているようです。(僕もそうでした)
 
 
特に何か手続きをしない限り、みんなが使う4のルートになると思います。
 
 
6のルートに切り替えると、インターネット接続がめちゃくちゃ速くなります。
 
 
僕も6に切り替えてからパソコンとスマホを使ったら、そのスピードに感動して叫んでしまいました!
 
 
ウェブページや動画の読み込み速度が何倍にも上がって、しかも時間帯による影響をまったく受けなくなりました。夜8時以降も、サクサク動きます。
 
 
オンライン英会話のレッスンも、安定して快適に受けられるようになりました。
 
 
 

みんなが6の道に乗り換えたら?

渋滞を避けるために作られた道でも、みんながその良さを知ってそっちに殺到したら、また遅くなるのでは?
 
 
と心配になりますよね。どうせ一時的なものだろうと。
 
でも、どうやらこの6のルートはその心配がないらしいのです!
 
 
6のルートは「渋滞が発生しないために作られた接続方式」なので、もし今後たくさんの人達が6のルートに殺到しても、渋滞が起こらない仕組みになっているそうです。
 
 
僕は専門家ではないので細かいことは分かりませんが、平たく言えば「道がどんどん広がっていく道路」という感じでしょうか。
 
 
交通量が増えたら、それに合わせてどんどん車線が増えて横幅が増していく道路、というイメージです。(厳密にはシステムの仕組みは違うと思いますので、ネットに詳しい方は突っ込まないで聞き流してください)
 
 
6のルートは一度に通れる車の数に制限がないので、渋滞が発生しない仕組みだそうです。
 
 
これだけ聞くと、「6のルート最高じゃん!なんでみんな使わないの?」と思われるかもしれません。
 
 
僕は今回実際に6のルートに乗り換えてみて、「なんて面倒なんだ!」と叫ぶことが何度かありました。
 
 
実際に6のルートで使えるようになるまでに、数週間かかりました。
 
 
僕が乗り換え作業に手こずっている間、Wi-Fi接続が不安定になったりして、生活にスゴく支障が出ました。
 
こんなに乗り換えが面倒だったのは僕の環境だけかもしれません。
 
 
でも、今後僕と同じような思いをする人もいるかもしれません。
 
 
そこで次回は、僕が4のルートから6のルートに乗り換えるまでに通った「予想外のツラい道のり」をシェアします。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓