From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
前回の記事では、「英会話=試合」だということをお伝えしました。
 
 
さらに、試合にも2種類あって、練習試合とガチ試合があることもお伝えしました。
 
 
ガチ試合では、「何でもアリ」のフリートークです。
 
 
練習試合では、ルールを縛って戦うトークです。
 
 
「過去形だけ使う」
 
 
とか、
 
 
「現在形だけ使う」
 
 
とか、文法ルールやトピックに縛りを入れることで、ある程度の安心感を得ることができます。
 
 
パターンが決まっていれば、その中で自由に話すことで、逆に話しやすくなったりするのです。
 
 
こういう練習試合は、ネイティブ相手よりも、同じ日本人の英語学習者同士の方が、うまくいきます。
 
 
なので、今回は、僕の主催する英語の達人養成ジムの五反田会員の皆さんの中から、精鋭メンバーを招いて、実験的に練習試合を行いました。
 
 
参加者の声をお聞きください。
 
↓↓↓
 
 
Yoriさん
 
型があることで、今までと違って、全然話しやすかったです。
 
 
またぜひ受けたいです。
 
 
Shuさん
 
やはり、単語はすぐには浮かばないのですが、メチャクチャな割に、キャッチボールになったので、楽しかったです。
 
 
普段の学習にも、新たなモチベーションになりました。
 
 
金井啓之さん
 
自分で組み立てた言葉を使って演習するので、体に入りやすい。
 
 
自分の今の立ち位置が分かって、良かった!!
 
 
 
Shinさん
 
TOEICでは結構文法とか、できていたと思っていたが、会話してみると全然できなくて難しいことがわかった。
 
 
文法を決めて離すと話しやすいことが分かった。
 
 
 
以上、参加メンバーの声でした。
 
 
ちなみに、この練習試合ですが、日本人相手の方がやりやすいので、同じ道を目指す英語学習仲間と集まってやると効果的です。
 
 
もし、あなたの周りに一緒に英語を勉強する仲間がいる環境なら、ぜひ一度「文法縛りで自由会話」をお試しください。
 
 
きっと、新しい発見があるはずです。
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ