From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
ソニーの語学学習専用CDプレーヤーのレビューの続きです。(今回が最終回です)
 
「ZS-E80」
 

ソニー SONY CDラジオ ZS-E80 : FM/AM/ワイドFM対応 語学学習用機能搭載 ホワイト ZS-E80 W

(↑クリックすると、アマゾンの販売リンクに行けます)
 
 
 
前回までは、主にCDのプレイ機能について細かくレビューしてきました。
 
 
最終回の今日は、全体の作りに関するレビューです。
 
 
ふつうのCDプレーヤーの本体は、「長方形の箱型」が多いです。机の上に置くと、かなりスペースを取ります。
 
 
なので僕は昔CDプレーヤーを使っていた頃は、「ふだんは机の下に置いておいて、使う時だけ机の上に移動させる」というスタイルで使っていました。
 
 
いちいち移動させるのが面倒で、だんだん使わなくなってしまいました。
 
 
でも、このソニーの語学学習専用CDプレーヤーの本体は、タテ長で薄型です。机の上に置いても、ほとんどスペースを取りません。
 
 
上方向にはスペースを取りますが、ふつう、CDプレーヤーの上に何か乗せることはありません。
 
 
なので、机の上に置く場合、スペース効率はタテ型の方が圧倒的に良いです。
 
 
これなら、机の上に置きっぱなしで使ってもジャマになりません。
 
 

乾電池でも動く

このCDプレーヤーは、電源コードをコンセントに差して使うだけではなく、乾電池でも動きます。
 
 
これが思った以上に便利です。コードから開放されることで、置く場所を選びません。コードが足に引っかかって、机から落ちることもありません。
 
 
コードがないと、机の上もスッキリします。
 
 
乾電池は、単3を6本使います。僕は「繰り返し使える充電池」のエネループをたくさん持っているので、コードは使わず電池で動かしています。
 
 
電池で動くCDプレーヤーを使うのは初めてですが、コードがなくなるだけでこんなにスッキリするんだと驚きました。
 
 

気の利いたリモコン設定

リモコンには電源入切ボタンが付いていますが、本体が乾電池駆動の時には、電源ボタンは作動しない設定になっています。
 
 
間違ってリモコンに手が触れて電源ボタンが押されてしまっても、電源は入りません。
 
 
この設定があるおかげで、電池がムダに減るのを防いでいます。
 
 
とても気の利いた設定です。
 
 
 

改めて気付いたCDプレーヤーの便利さ

僕は自分の英語学習用にCDプレーヤーを使うのは10年ぶりぐらいですが、改めて良さを実感しました。
 
 
何と言っても、「手軽さ」が素晴らしいです!
 
 
買ってきたテキストのCDをそのまま入れて、ポン!ですぐ再生できます。
 
 
MP3プレーヤーのように、一度パソコンに入れる必要がありません。
 
 
ふだん再生するCDの種類が2~3種類程度なら、入れ替えの作業もそれほど面倒ではありません。
 
 
この手軽さが、CDプレーヤーの何よりのメリットだと、改めて気付きました。
 
 
#物理ボタンはやっぱり便利!
 
僕は「タッチパネルと物理ボタンのどっちが好きか?」と聞かれたら、圧倒的に物理ボタン派です。
 
 
「カチッと押した感」があった方が、操作しやすいと感じます。
 
 
CDプレーヤーはすべて物理ボタンです。
 
 
しかも、基本的には「1つのボタンに1つの機能」が割り振られています。その分、ボタンの数は多くなりますが、操作自体はとてもシンプルです。
 
 
たとえば、スピードコントロール機能を使って再生速度を上げようと思ったら、「速度調整 速く」のボタンを1回押すだけです。
 
 
一方、MP3プレーヤーの場合は、ボタンの数が少ない分、何かをしようと思ったら、ボタンを何度も押す必要があります。
 
 
たとえば、ソニーのウォークマンでスピードコントロール機能を使って再生速度を上げようと思ったら、
 
 
①オプションボタンを押して、
 
②方向キーを何度か押しながら「スピードコントロール」を選び、
 
③決定ボタンを押してから、
 
④方向キーで速度を選び、
 
⑤決定ボタンを押す
 
 
という流れが必要です。慣れればたいした手間ではありませんが、それでもCDプレーヤーの「物理ボタン1発押し」のシンプルさに比べると、面倒です。
 
 

この機能でこの価格は「買い」

以上、5回に渡ってこのソニーの語学学習専用CDプレーヤー「ZS-E80」をレビューしてきました。
 
 
これだけの機能が満載で、価格はアマゾンで7,000円台なかばで新品が買えました。
 
 
僕はこの価格なら、このCDプレーヤーは間違いなく「買い」だと思います。
 
 
中古のウォークマンSシリーズも同じぐらいの価格で売られています。
 
 
もしあなたが、家の中でしか英語トレーニングをしない派なら、ウォークマンのSシリーズを中古で買うよりも、このCDプレーヤーを新品で買った方が良い選択になるかもしれません。
 
 
僕自身は、外で使う用にウォークマン、家の中ではこのCDプレーヤー、という風に、これから使い分けていこうと思います。
 
 
あとは、このCDプレーヤーがどれだけ耐久性があるか?
 
 
落としたりぶつけたりせずに、ふつうの使用で何年ぐらい使えるのか?
 
 
これからそれをじっくり見ていきたいと思います。
 
 
「ZS-E80」
 

ソニー SONY CDラジオ ZS-E80 : FM/AM/ワイドFM対応 語学学習用機能搭載 ホワイト ZS-E80 W

(↑クリックすると、アマゾンの販売リンクに行けます)
 
 
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ