今年5月から新しく生まれ変わったTOEIC。

僕が現時点で新公式問題のテスト2回分と、本番のテストを1回受けた経験をもとに、レビューをしていきます。

今回は、前回のリスニングのレビューのつづきで、今回はリーディングのパートをレビューします。

 

リーディングとリスニングの最大の違い

それは、「時間の管理」です。

リスニングは、CDを聞きながら進んでいくので、時間配分は特に意識する必要がありません。

時間を意識するのは、パート③と④の設問を先読みする時くらいです。

しかし、リーディングは、自分ですべて時間を調整していかないと、あっという間に時間がなくなって、後半の20問~30問はまったく手つかずで終わることになります。

そして、新しいTOEICでは、各パートごとの問題数やタイプが大幅に変わったので、今までの時間管理法が通用しなくなりました。

そこが大きな違いです。

旧型のTOEICの時間配分は、シンプルでした。

「旧型のパート⑤の穴埋め問題」

1問30秒×40問=20分

 

「旧型のパート⑥の穴埋め問題」

1問30秒×12問=6分

「旧型のパート⑦の長文を読む問題」

1問1分×48問=48分

 

もちろん、問題によって、もっと早く解けたり時間がかかったりすることもありますが、これが旧型TOEICの大まかな時間配分でした。

新型TOEICでは、この時間配分が大きく崩れました。

このレビューでは、

「旧TOEIC VS 新TOEIC」

の時間配分の違い&出題傾向の違いをベースに、各パートごとにレビューしていきます。

リーディングはボリュームがあるので、2回に分けます。

今回の「前編」は、パート⑤と⑥の穴埋め問題にフォーカスします。

 

パート⑤ 短い文の中の( )を埋める問題

問題数:40問→30問に減った

問題数が10問も減った。実際に解いてみると、かなり少なくなった印象を受ける。
問題のスタイルに変更はなし。

パート⑤の問題をひとつ解くの必要な時間は、

平均で30秒。

今回、10問減ったので・・・

「トータルで5分の時間短縮」

になる。つまり、この時点で、

「時間貯金=5分」

ができる。

問題の難易度は、特に変化を感じなかった。今までと同じ解法メソッドが使える。

 

 

パート⑥ 長めの文の中にある( )を埋める問題

問題数:12問→16問に増えた

こっちは4問増えた。

そして、「読む量」も増えた。

よく、パート5と6は似ていると言われるが、もともとパート6はパート5に比べて、「時制の問題」が多い。

「時制の問題」とは、「現在、過去、未来」のどれか?を選ばせるもの。たとえば・・・

本文:

ご注文の品を、(   )。 ←ここを埋める。

選択肢:

・配達する予定です。
・配達しました。
・配達している途中です。

の中から選ぶ、という感じ。

これは、(   )の文章を読むだけでは分からない。

もっと前や後ろの文章を読んで、

「いつの注文なのか?」

を知る必要がある。

本文には、「昨日」や「明日」といった単語があるので、その中から(  )に関係する時制を選ぶ。

その分、読む範囲を広げなければならないので、より長く時間がかかる。

一応、パート6の問題をひとつ解くのにかける平均時間は、パート⑤と同じ

「30秒」

と言われている。4問増えたということは・・・

「30秒×4問=トータル2分の時間増加」

さっきパート5で作った時間貯金の5分から引くと、5ー2=3。

ここで

「時間貯金=3分」

に減ってしまう・・・

そして今回、このパート⑥には、

「前後の文脈の流れで判断して解く問題」

が新しく加わった。

文章の途中に一カ所、「穴」が空いていて、その中に入れるとしっくりくる「文」を、選択肢の中から選ぶ。

選択肢がこれまでの「単語・フレーズ」ではなく、「文」になった。たとえば・・・

(本文):
商品の問い合わせへの返信メール。

途中に4つ(   )があって、そこを埋める。

(選択肢):

・これらを、大きいサイズに交換できます。
・これらは、早く入手可能です。
・これらのうち、1つを早くすぐにお送りできます。
・これらは、現在品切れしております。

この中で、どれが一番しっくりくるか?
みたいな感じ。

この問題の特徴は2つ。

① 選択肢そのものを読むのに時間がかかる。

② どれも入りそうな気がするので、本文の流れを何度も読み返すことになる。

この新タイプの問題は、1問あたりの平均解答時間が他のよりも長くかかる。

————————————————–

以上です。今回は、パート⑤&⑥の、穴埋め問題のレビューでした。

「旧型TOEICと新型TOEICの時間配分のちがい」

を感じていただけたでしょうか?

次回は、パート⑦の長文問題をレビューしますね。

 

From  Shinya
(英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ
 
 
 
 
 
 
 
 

P.S.
もし、あなたがネイティブとの会話で盛り上がりたいなら、この「対ネイティブ用秘密兵器」が大きな助けになるでしょう。