【英会話レッスンで上達を感じない時には、これを試してください⑪】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)

※英会話レッスンで上達を感じるための「戦略&目標設定ワークシート(Nowさん作)」の解説の続きです。 (→この記事のシリーズを1話目から読む

※Nowさんのワークシートのダウンロードは、ここをクリック
↓↓↓

・PDF版のダウンロードはここをクリック

・ワード版のダウンロードはここをクリック

 

前回の記事では、英会話レッスン前の準備の部分を深掘り解説しました。

最終回の今回は、長期戦略について解説します。

 

長期的戦略

ワークシートの下の方の「長期的戦略」と書いてある場所を詳しく解説します。

↓↓↓

【用語解説】

※試合=英会話レッスンのことです。

※仕込み=英会話レッスンのネタ仕込み(準備)のことです。

前回ご紹介した台本を作り込んで暗記して、スラスラ言えるようになるまで練習する段階です。

この試合と仕込みを交互に行います。

↓↓↓

・試合 1~3ヶ月(間隔を空けない、できれば毎日)

・仕込み1~3ヶ月 ※週一トピックを変えるのもアリ

・試合 1~3ヶ月

・仕込み1~3ヶ月 

という流れです。

試合(アウトプット)と仕込み(インプット)の期間が交互になっているのは、「1日に2つを同時にできない場合」の優先順位です。

もし同時進行で行けるようなら、それがベストです。

1つの台本を使ってアウトプット練習を繰り返している間に、次の台本の仕込みをします。

(Nowさんは、この同時進行方式でやっています)

 

飽きるようなら、トピックを変えるのもアリ

同じトピックの台本で毎日英会話レッスンを受け続けるのが飽きてしまうこともあるかもしれません。

その場合は、台本を3種類ぐらい用意して、グルグル回していくのも効果的です。

音読で一度身体に刷り込んだ台本は、長期記憶としてストックされます。

いつでも引き出すことができるようになるのです。

ある程度の台本がたまってきたら、以前の台本と組み合わせて順番に回していくと、毎回の英会話レッスンに変化を感じられます。

ただ、音読で仕上がる前の英文トピックを次々と変えるのは、あまり良い方法ではありません。

浅い記憶を増やしても、すぐに抜けてしまう

多くの場合、英会話レッスンでは「生徒を飽きさせない」ことを最重要課題にしています。

毎回の会話トピックを変えて、毎回新鮮な気持ちで受けてもらおう、という考え方です。

このレッスン方式は、すでにベースの英語ストックが積み上がっている上級者には有効です。

でも、初心者~中級の入り口ぐらいのレベルの方にとっては、効果が薄まってしまいます。

英語学習に必要な「反復練習」をするヒマがないからです。

毎回新しいトピックの英文をレッスン中に音読して、それに対して意見交換などをしても、それは浅い記憶です。

次の日には記憶の半分以上が失われます。

そして1週間後には、もうほとんど覚えていない状態になっているのが普通です。

もし英会話スクールのレッスン教材を使うなら、レッスン前に1週間かけて音読で仕込む期間が必要です。

DMMやネイティブキャンプなどのオンライン英会話スクールの場合、毎回違う先生とレッスンするケースが多くなると思います。

その場合は、スクールの教材を毎回同じものを選んで、違う先生とレッスンするのがオススメです。

変化が見えると楽しくなる

人間は生まれつき、変化が好きな生き物です。

僕の娘(1才)も、一定時間同じ場所にいて、同じおもちゃで遊んでいると、すぐに飽きて泣き始めます。

大人も同じだと思います。

変化を感じられると、楽しくなるのです。

英会話レッスンでも、トピックをコロコロ変えると、その時は一時的に楽しく感じられるかもしれません。

でも、英会話レッスンであなたが求めている変化は、「英語力の変化」ではないでしょうか?

たとえ毎回のレッスンでトピックをコロコロ変えて飽きない状況を作っても、英語力が変化していなければ、そのうち満足できなくなります。

「トピックを変えても、毎回英語が口から出て来なくて詰まってしまう・・・」

「相変わらず、先生の言っていることが聞き取れない・・・」

というように、英語力が変化していないことに気付き始めると、だんだんモチベーションが落ちてきます。

英語力の変化

英語力を変化させるためには、「同じ英文を深める=反復練習」でしか達成できません。

同じ英文を深める

↓↓↓

深める中で変化が見える

↓↓↓

変化が見えると楽しくなる

↓↓↓

楽しくなるから上達する

という流れを作り出せれば、英語はどんどん上達していきます。

英会話レッスンも同じです。

1つのトピックを深めるからこそ、「以前は返せなかった質問に、今回は答えられた!」と変化を感じることができるのです。

そしてこの変化は、小さくても構いません。

毎回のレッスンで1%の成長を感じられれば、大成功!

という視点で見てください。

毎回のレッスンが終わったら、「今回はどこが1%成長しただろうか?」と振り返ってみてください。

その時に、Nowさんのワークシートを活用してみてください。

無料でダウンロードできます。

 

※Nowさんのワークシートのダウンロードは、ここをクリック
↓↓↓

・PDF版のダウンロードはここをクリック

・ワード版のダウンロードはここをクリック

(完)(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

P.S.

もし、この反復練習のサイクルをより詳しく知りたい場合は、僕の作った「オンライン英会話が怖くなくなる!楽しくなる!動画セミナー」を受けてみてください。

↓↓↓

※オンライン英会話が怖くなくなる!楽しくなる!動画セミナーはここをクリック

・自己紹介用の台本の作り方(テンプレート付き)

・台本を音読して刷り込む方法(具体例)

・先生の言った英語が聞き取れない時、自分の英語がぜんぜん通じない時、といったピンチを切り抜けるための「サバイバルフレーズ」(瞬間英作文で仕上げる)

などを、1ヶ月間かけてトレーニングする動画コースです。

毎日届くメールで動画セミナーを見ながら、オンライン英会話を楽しく受けるためのコツを伝授します。

 

※Nowさんのワークシートのダウンロードは、ここをクリック
↓↓↓

・PDF版のダウンロードはここをクリック

・ワード版のダウンロードはここをクリック

 

—————————————

※師範代Shinyaの「お悩み別の英語勉強法セミナー動画」はこちら

※オンライン通学コースの体験セミナーはこちら

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください