from 師範代Shinya
 
 
もうすでにお気付きの方もいるかもしれませんが、ここ最近、僕のYouTubeチャンネルにアップしている動画を、別のところでも見れるようにする試みを始めました。
 
 
Vimeo(ビメオ)という動画サイトです。
 
 
僕のメール動画セミナーでは、前からVimeoを使っているので、受講生の方にはおなじみだと思います。
 
 
Vimeoは、YouTubeと同じような見た目と操作感です。
 
 
(Vimeoの機能は最初はYouTubeよりもだいぶシンプルなイメージがありましたが、最近はVimeoもYouTubeに近づけようと、ガンバっているようです)
 
 
 

実はYouTubeよりも歴史が長い

 
Vimeoは日本ではあまり知られていませんが、海外ではけっこう知名度が高いです。
 
 
実はVimeoは、YouTubeよりも先に生まれた動画プラットフォームです。
 
 
Vimeo = 2004年にスタート
 
YouTube = 2005年にスタート
 
 
Vimeoの方が、1年先輩です。
 
 
たぶんこの時期に、先見の明のある人達が、
 
 
「これからはTVの代わりにネット動画をみんなが見る時代がやってくる!」
 
 
と思って、動画サービスを立ち上げたんだと思います。
 
 

名前の由来

 
「Vimeo」という英単語を辞書で検索しても、意味は出来てきません。造語だからです。
 
 
名前の由来は、
 
 
Video (動画) + me (私)
 
 
だそうです。
 
 
私(me)が作る動画(video)をアップする場所
 
 
という意味を込めて、Vimeoと名付けたそうです。
 
(2つの英単語を1つの英単語にまとめる手法は、日本人にはちょっと分かりづらい気がします)
 
 
一方で、YouTubeの方の語源は、
 
 
You = あなた
 
Tube = チャンネル
 
 
という意味です。
 
 
「あなたのTVチャンネル」というメッセージが込められています。
 
すでにある英単語の組み合わせなので、YouTubeの方が、日本人には理解しやすいネーミングだと思います。
 
 
こうして見ると、Vimeoが名前の中に「me = 私」を採用しているのに対して、YouTubeが「you = あなた」を採用しているのは、正反対で面白いですね。
 
 
Vimeoは「動画投稿者側の視点」のネーミングです。
 
 
YouTubeは、「YouTubeのスタッフ側の視点」のネーミングです。
 
 
このネーミング通り、VimeoとYouTubeは仕組みや路線がまったく違います。
 
 
 

真逆の路線

 
1年違いで誕生したVimeoとYouTubeは、最初は似た雰囲気の動画プラットフォームでしたが、その後はまったく違う路線で進みました。
 
 
ビジネスモデル(収益の仕組み)が真逆なのです。
 
 
・YouTube = 動画に広告を入れたい人(企業)からお金をもらう仕組み
 
 
・Vimeo = 動画を作る人(投稿者側)からお金をもらう仕組み
 
 
という形です。
 
 
YouTube動画に直接お金を払うのは広告主の企業ですが、それは言い換えると「視聴者が『広告を見る時間』をお金に換えている」とも言えます。
 
 
 

YouTube=広告収入で利益を出すビジネス

 
YouTubeは「動画の中に広告を入れて、広告費で利益を出す」というビジネスモデルです。
 
 
(最近は広告が増えすぎて、動画が見づらくなってきている感がありますが・・・)
 
 
その広告費を動画クリエイターと分け合うことで、動画制作だけで生活できる人達が増えました。
 
 
そして、YouTubeで生活している人は「ユーチューバー」と呼ばれるようになりました。
 
 
一部のトップユーチューバーは年商何億円も稼いでいることで有名になり、子供達の「将来なりたい職業」のトップにランキングするようになりました。
 
 
ちなみに僕は、最初からYouTube動画に広告を入れる契約をしていないので、YouTubeからの広告収入はありません。
 
 
僕は自分の英語スクールを経営しているので、スクールの存在を知ってもらうためにYouTubeを始めました。
 
 
自分の動画の中で他社の広告を入れるより、自分のスクールの宣伝をする方が良いと思ったので、僕は自分のYouTube動画には広告は入れない選択をしてきました。
 
 

YouTubeの「全動画に広告入れるよ宣言」

 
でも、今年になってYouTubeが方針を変えて、
 
 
「広告契約をしていなくても、全部の動画に広告を入れる可能性がありますよ宣言」
 
 
をしました。
 
 
つまり、僕ら動画クリエイター側で「自分の広告を入れるか?入れないか?」を選ぶ権利がなくなったのです。
 
 
どうせ広告が入るなら、収益をもらった方がいいじゃん!
 
 
ということで、遅ればせながらパートナープログラムの契約を申し出たのですが、審査で落とされてしまいました・・・
 
 
ちなみに、就職の面接と同じように、落ちた理由は教えてもらえません。
 
 
「ダメな部分は教えられないけど、自分で考えて改善して、再チャレンジしてね」
 
 
というような趣旨の、あっさりした文章が送られてくるだけです。
 
 
僕は色々と考えて、BGMが入っている動画を削ったり、外で撮影している動画を削ったりして、再チャレンジしてみました。
 
 
でも、3回連続で審査に落ちました。
 
 
おそらく、「全動画に広告入れるルール」に変更になったのをきっかけに、審査の基準を高くしたのでは?と予測しています。
 
 
YouTube側としては、広告収益を全部自分のところに入れた方が良いので、わざわざパートナー契約するユーチューバーを増やす必要はないのでしょう。
 
 
僕は自分が審査に落ちた理由を教えてもらえないのに、何度もチャレンジするのは時間と労力のムダだと思ったので、広告契約はあきらめました。
 
 

ルール変更に振り回されがち

 
こんな感じで、YouTubeはルール変更が頻繁にあります。
 
 
僕ら動画クリエイター側は、YouTubeのルール変更に振り回される運命にあるのです。
 
 
 
一方で、Vimeoはまったく違います。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓