from 師範代Shinya
 
 
今日は、あなたの瞬間英作文のスキルを試してみましょう。
 
 
今から、写真をお見せします。
 
 
この写真を見て、素早く英語に変換してみてください。
 
1つの写真で、できるだけたくさん英文を作ってみてください。(必ず声に出してください)
 
 
間違いを気にせず、とりあえず言ってみてください。
 
 
では、始めます!
 
↓↓↓
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
 
この情景を描写する言い回しは色々ありますが、
 
 
答えの例をお伝えします。
 
 
Two women are arranging flowers.
 
(2人の女性たちが花をアレンジしている)
 
 
There are a lot of flowers on the table.
 
(テーブルの上に、たくさんの花がある)
 
 
They are wearing aprons.
 
(彼女たちはエプロンをつけている)
 
 
One of the women is holding roses.
 
(女性の1人は手にバラを持っている)
 
 
The flower pots are on the shelf.
 
(鉢植えが棚にある)
 
 
など。他にも色んなバリエーションが考えられます。
 
 
あなたの作った英文に近いものはあったでしょうか?
 
 

写真は瞬間英作文と相性が良い

 
写真やイラストを使った描写は、瞬間英作文と相性が良いです。
 
 
自分が蓄えた英語ストックを、瞬時に引き出す練習として、写真英作文は効果があります。
 
 
1枚の絵には、色んな情報があります。
 
 
たとえば、さっきの写真を見ても、
 
 
・女性たちの動きに注目した英作文
 
・女性たちの服装に注目した英作文
 
・テーブル上のアイテムの位置に注目した英作文
 
・背景の棚にあるアイテムに注目した英作文
 
 
などなど、視点によって色んなバリエーションが考えられます。
 
 

英会話は「できごとの描写」+「自分の感想」

 
英会話をするとき、話題は色々あると思いますが、基本的には2つのことを繰り返しています。
 
 
①見たこと・聞いたこと・体験したことを相手に伝える。
 
 
②それについての自分の感想を言う。(相手の感想を聞く)
 
 
人間同士の会話は、この繰り返しです。
 
 
(例)
 
Aさん:「おはよう!週末はどうだった?(できごとを聞く)」
 
 
Bさん:「日曜に家族で焼き肉食べに行ったよ。(できごとの描写)○○のあたりにできた、新しいお店。めっちゃ美味しかった!(自分の感想)」
 
 
 
Aさん:「おぉ!いいね!あそこ気になってたんだよなぁ~!そんなに良いなら、こんど俺も言ってみようかな。(自分の感想)」
 
 
この繰り返しが、会話です。
 
 
英会話も、基本的には同じパターンでやりとりします。
 
「できごとの描写+自分の感想」
 
 
この2つを言う練習ができるのが、写真英作文なのです。
 
 

自分の感情を言う練習

 
たとえば、先ほどの英文に自分の感情を加えてみましょう。
 
 
 
There are a lot of flowers on the table.
 
I love flowers. I especially like roses.
 
(テーブルの上に、たくさんの花がある。私は特にバラが好き。)
 
 
The flower pots are on the shelf.
 
I have my flower pots on the balcony.
 
(鉢植えが棚にある。私は自分の鉢植えはバルコニーに置いている)
 
 
というように、自分の情報や感情を付け加えれば、1人でも英会話の実戦練習ができます。
 
 
 

写真英作文は、バリエーションが魅力

 
目の前に飛び込んで来る光景を英語に変換してしゃべってみる、というトレーニングが「自由英作文」です。
 
たとえば部屋を見回して、「ペンが2本、机の上にあるな」と気付いたら、それを英語にしてみます。
 
 
There are 2 pens on the desk.
 
 
と言ってみます。
 
 
歩いている時にも、目の前に飛び込んで来る光景を、片っ端から英語にしていきます。
 
 
The flowers are in the garden.
 
(花が花壇にある)
 
 
など、どんどん英語にしながら話していきます。
 
 
これは、とても効果のあるトレーニング法として、昔から言われ続けています。
 
 
ただ、自由英作文は自分の生活範囲の中で行われるので、どうしてもマンネリ化しがちというデメリットもあります。
 
 
部屋のアイテムの位置は、そんなに頻繁に変わらないでしょう。
 
 
また、通勤途中の道でも、毎日同じものが目に飛び込んできます。
 
 
すると、英文のパターンがマンネリ化してしまうのです。
 
 
その点、写真を使った英作文では、変化をつけてバリエーションを増やすことができます。
 
 
人間の脳は変化や刺激を好みます。
 
 
見ているだけでワクワクしたり、うっとりするような美しい写真をネット上で見付けてきて、それを眺めながら英作文を繰り返していく練習は、飽きづらいです。
 
自分の生活圏内を超えた範囲の情景を英語で描写する練習ができます。
 
 
 

写真を使った英作文のやり方を体験できるセミナー

 
今月11月21日(日)の朝10時半から、写真を使った英作文のやり方を体験できるセミナーをオンライン開催します。
 
 
①僕がZoom上に写真のスライドを見せます。
 
②みんなで瞬間英作文します。
 
③答え合わせをします。(作文の例や、着眼点の解説など)
 
④次のスライドを使ってまた瞬間英作文します。
 
 
⑤慣れてきたら、ペアに分かれてどんどん数をこなしながらしゃべる練習をします。
 
 
という流れです。
 
 
1人でやるより、複数人でやった方がモチベーションが上がります。
 
 
また、分からない部分は質問できるので、1枚の写真を納得いくまで描写できます。
 
 
もし写真英作文に興味がわいたら、ぜひご参加ください。
 
 
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓