From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

 

ジェフの実家をクルマで出た僕とジェフは、3時間半ほどでトロントのジェフの家に着きました。

 

こうして帰ってくると、改めてここは都会だなぁと思います。

 

見える景色がまったく違います。

 

歩いて3分くらいの距離にそびえ立つランドマークのCNタワー、近未来的なデザインの背の高いビル群、人通りの多さ、おしゃれな外観のお店、歩いている人たちのファッション、どれを取っても、「ザ・都会」という感じです。

 

観光地としてはエキサイティングな街ですが、パッと見は東京っぽくて、あまり異国情緒を感じづらいなと思いました。

 

そう考えると、このタイミングでジェフの実家に行けたのは良かった!と改めて思えてきました。

 

メアリー

ジェフの家には、ガールフレンドのメアリーがすでにいました。(ガールフレンドは、英語では「彼女」という意味です)

 

どうやらメアリーは今日は仕事が休みのようです。

 

僕:「メアリーは何の仕事をしているの?」

 

と聞いてみました。

 

すると、意外な答えが返ってきました。

 

メアリー:「私の仕事は、ヨガのインストラクターよ。」

 

僕:「へぇ~!!」

 

これは、僕にとってすごく以外でした。

 

なぜなら、メアリーの外見は、ものすごく西洋的だったからです。

 

スラッとした長身に青い目、金髪ブロンドのロングヘアーという、いかにもウェスタンな感じでした。

 

そんなメアリーが、東洋の神秘、ヨガのインストラクターを職業にしているとは!!

 

それに、ヨガのインストラクターだけで食べていけるのだろうか?

 

なんか、すごくニッチな気がするけど・・・と思ったので、聞いてみました。

 

僕:「ヨガって、カナダでは需要があるの?」

 

メアリー:「ええ、けっこう人気よ。」

 

すると、ジェフが横で得意げに言いました。

 

ジェフ:「ヨガは今、カナダで大ブームなんだ!特にここ、トロントではね!

 

都会人は疲れてて癒やされたいと思ってるから、心身ともにリラックスできるヨガは、すごく人気があるんだよ!

 

メアリーは教えるのがうまいから、引っ張りだこのインストラクターさ!」

 

ジェフが自慢げにメアリーの職業を説明してきました。

僕:「そうなんだ!カナダでヨガが人気とは!やっぱり、西洋の人たちは東洋の文化に憧れるんだね!東洋人が西洋文化に憧れるのと同じだね。」

 

ヨガ・タイム!

ジェフ:「俺は、いつもメアリーにヨガを習っているんだ。メアリーも本当に教えるのが上手だよ。良かったらシンヤも一緒にやってみたら?」

 

僕:「それはいいね!まさか、カナダに来てヨガを体験することになるとは!予想してなかったよ!」

 

メアリー:「じゃあ、やってみましょう!」

 

その後、僕はふたりがいつもやっているヨガのルーティーンに加えてもらいました。

 

メアリーの指示に従って、僕とジェフはメアリーのマネをしながら動きました。

 

指示に従って身体を伸ばしていると、日本でストリートダンスを習っていた頃のことを思い出しました。

 

そういえば、ダンスの練習前も、こんな風に先生の指示で準備運動をしていたなぁ・・・

 

そんなことを考えながら、気持ちよく身体をストレッチしてきました。

 

ジェフは、さすがに毎日やっているだけあって、かなり身体が柔らかくなっていました。

 

メアリーは、さすがプロ!という感じで、めちゃくちゃ柔らかいです!

 

そして、確かに教え方は優しくて的確です。

 

メアリーのプチ・ヨガレッスンが終わった後も、ジェフはひたすら、

 

「メアリーがいかにスゴいか?」を僕に力説してきました。

 

褒める文化

僕はこのとき、自分が日本にいた頃に通っていた英会話スクールの先生のことを思い出しました。

 

その先生はトロント出身のカナダ人でした。

 

その先生がいなくなった後に後任で来た先生も、たまたま同じトロント出身のカナダ人でした。

 

僕は、このふたりに共通する点を見つけました。

 

それは、「自分の彼女のことを人前で褒めちぎる」ということです。

 

彼女が目の前にいても、いなくても、関係なく褒めるのです。

 

「俺は、彼女のこんなところが気に入っている」

 

とか、

 

「彼女の性格は、こんなところが良いんだ!」

 

といったことを、自然に人前で披露するのです。

 

そして今、僕の目の前にはジェフがいます。

 

ジェフは、まるで自分のことのようにメアリーの良いところ、スゴいところを僕に自慢してきます。

 

メアリーはそれを聞いて恥ずかしそうにしていますが、嬉しそうです。

 

僕は、それを見て、「スゴいなぁ~!」と思いました。

 

愛の言葉

その後も僕はふたりのやりとりを観察していたのですが、ふだんから「愛の言葉」をしっかりかけ合っているのが分かりました。

 

「ありがとう」、「愛してる」といった言葉を、ふだんからお互いに自然に言っているのです。

 

僕はこれを見て、「これはいいアイデアだ!」と思いました。

 

愛の言葉を伝えるのには、お金はかかりません。

 

長い時間や多くのエネルギーも必要ありません。

 

ただ、相手に対する好意を言葉にして伝えるだけでいいのです。

 

「せっかくこんな遠くのカナダまで来たのだから、ここで英語力を磨くだけではもったいない!

 

せっかくだから、こういうカナダの文化のいいところを持って帰ろう!

 

自分もパートナーに愛の言葉を恥ずかしがらずに伝えられる男になろう!そして、一度だけじゃなくてそれを続けられる男になろう!トロントの男達のように!」

 

僕はこの時、そう決心しました。

 

・・・つづく。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら