From  師範代Shinya(新村真也)

受験英語経験ゼロだった僕が、TOEIC900点を取った後に初めて見た受験英語問題がどう見えたのか?をお伝えするコーナーです。

(→前回のつづき)

前回の記事では、「和訳」と「直訳」の違いについてお伝えしました。

「和訳」が実戦で使えないわけではなく、この2つはジャンルが違うだけです。

スピード重視で英語を現場で使っていく力を養うには、「直訳」のスキルが必要です。

直訳とは、

I like sushi.

という文章を、

(私は寿司が好きです。)

と訳すのではなく、

(私は 好きです 寿司が。)

という感じで訳す方法です。

つまり、英語を英語の語順のまま理解していくのです。

これが脳内でリアルタイムにできるようになると、英語がスーッと頭の中に入ってくるようになります。

英語の処理スピードが格段に上がるので、英語を聞いたり読んだりするのがラクになります。

また、自分で話すときにも、正しい語順で話せるようになります。

 

さらなるスピードアップ!

今日は、そこからさらに英語の処理スピードをアップする方法をお伝えします。

この方法は、おそらくTOEIC900点以上の力を持つ英語学習界の「スーパーサイヤ人」たちのほとんどが使っているテクニックです。

これについてあまり話す人が少ないので、僕が切り込みます!

スーパーサイヤ人が直訳をしている時の脳内は、こんな感じです。

I like sushi.

(私は 好きです 寿司が)

この時の脳内イメージを表現すると、

I → 私 → 自分の顔

like → 好き → 好きな感情

sushi → 寿司 → 寿司の映像

という感じになります。

つまり、

英単語 → 日本語訳 → イメージ映像

という順番です。

 

真ん中を抜く

直訳の脳内スピードをさらに速くするためには、今の時点で真ん中にある「日本語訳」を抜いて、

英単語 → イメージ映像

になるようにトレーニングします。

たとえば、

「お茶碗」

と聞いて、あなたの頭の中にはどんなイメージ映像が浮かんできたでしょうか?

きっと、今使っているお茶碗のイメージが写真のように脳内に浮かんだのではないでしょうか?

このように、僕らは母国語を使っている時には、単語とイメージ映像をダイレクトに脳内で結びつけています。

それを英語でもできるようにすれば・・・母国語と全く同じとまではいかなくても、近いスピードにしていくことができそうな気がしませんか?

 

日本語訳を抜くトレーニング法

真ん中にある日本語訳を抜く方法はカンタンです。

英単語を声に出すときに、そのアイテムを目の前に置くだけです。

僕の場合は、面倒なので自分がアイテムの前に移動します。

たとえば、

electronic dictionary

(電子辞書)

という英単語を覚えたいとします。

その場合は、僕はいつも自分の机の上にある電子辞書を見ながら発音します。

それを最低30回~50回程度繰り返すと、

英単語と電子辞書のイメージ画像が脳内でダイレクトに結びつくようになります。

electronic dictionary

という英単語を聞いたり発音したりすると、自分が今使っているカシオの電子辞書が頭に浮かびます。

また、逆に電子辞書を見たときに、瞬間的に

electronic dictionary

という英単語の発音が頭の中に鳴り響きます。

一度そうなったら、もう忘れることはありません。しばらく離れていても、瞬時に引き出せる長期記憶として脳内にストックされます。

 

直訳力を鍛えるにはどうすればいい?

「直訳が大事なのは分かりました!じゃあ、どうやって直訳力を磨けばいいんですか?」

という質問が出てきます。

その答えは、たったひとつです。

「音読トレーニング」

です。

音読トレーニングだけが、直訳力を磨くカギになります。

音読は、「英語を英語の語順のまま声に出して読み上げていくトレーニング」です。

直訳力を磨くにはピッタリのトレーニングです。

声に出すということは、想像以上の効果を生み出します。

これは、やったことのある人にしか分かりません。

まずは、やってみてください。

一度体験してみれば、分かります。

 

音読トレーニング専用動画セミナーもあります

もし、しっかりしたガイドが欲しいようでしたら、僕の動画セミナー「ハイブリッド型英語トレーニング体験セミナー」の中で、音読トレーニングのやり方をステップバイステップで解説しています。

↓↓↓

「ハイブリッド型英語トレーニング体験セミナー」

たったの1,080円でトータル2時間以上の動画レッスンを受けられます。

動画の中の指示に従うだけで、正しい音読トレーニングのやり方が分かるようになります。お試しください。

音読トレーニングをしながら、最初は

英単語 → 日本語訳 → イメージ映像

となるのはOKです。

でも、だんだん慣れてきたら、真ん中を抜いて、

英単語 → イメージ映像

になるようにトレーニングしてみてください。

もちろん、すべてのアイテムを目の前に並べられるわけではないと思うので、できるだけ意識してイメージを脳内に浮かべながら、音読するようにしてみてください。

そうすれば、ただ文字を目で追うだけのトレーニングとは全く違った効果を得ることができます。

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ