From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回の記事のつづき)

 

夕方の散歩中にセミの幼虫を発見した僕は、ドキドキしながらつかまえて持ち帰りました。

 

セミの幼虫を家の台所の小さな網戸に止まらせてから、1~2時間くらいがたちました。

 

時刻は夜10時半。

 

ついに、羽化が始まりました!

 

背中がパックリと割れて、中から真っ白いセミが出てきました。

こうやって見ると、まるで「幽体離脱」みたいです。

 

天下一武道界でピッコロと神様が戦った時に、「魔封波返し」を食らった神様が、人間の体から引き離されて電子ジャーに閉じこめられたときの絵が、僕の頭の中に思い浮かびました。

 

ものすごいアクロバティックなエビ反り体制でカラから脱出します。

羽化の途中のセミの羽は、透き通った白&薄い緑色のコンビネーションです。

 

目の前で見ると、ため息が出るくらいの美しさです!

 

あっという間に羽が伸びて、色づき始めました。

僕と妻はこのタイミングで寝ましたが、翌朝には、すっかり完全体になって、黒&茶色のアブラゼミの姿になっていました。

 

羽化したばかりのセミの背中には、金色の粉がついていて、まだ美しさを感じさせます。

地中に7年

ところで、僕が子供の頃、セミの寿命が意外に長いと知ったときには、ビックリしました。

 

僕は当時、地上に出てきてミンミン鳴いているセミの姿しか知らなかったので、セミの命は短いと思っていました。

 

たしかに、地上で羽化して飛び回っている期間は、2週間程度らしいのですが、実際にはその前に地面の中で7年間も暮らしているそうです。

 

セミが羽化するシーンの美しさは、地底で7年間、木の根っこの汁を吸いながら「下積み生活」をしてきた後の「集大成」なのかもしれません。

 

そして、それまでのろのろと歩くことくらいしかできなかったセミの幼虫が、羽化したとたんに、空を自由に飛び回る能力を与えられます。

 

見た目も、背中の丸まった猫背のモンスターみたいな外見から、一気にスラッとした縦長のシルエットに変わります。

 

「見た目」や「行動範囲」や「使える能力」が、わずか一晩でここまで大きく変わる生き物は、昆虫の中でも珍しいのではないでしょうか?

 

同じように羽化して飛べるようになる「トンボ」を見ても、幼虫(ヤゴ)のうちから、水中でけっこう素早く自由に動き回っています。

 

セミの幼虫のようなノロさはありません。

 

Before & After でここまで大きな違いを感じられるのは、セミくらいです。

 

僕は、このセミの変化は「英語学習」に通じる部分があると思います。

 

下積み学習

僕が英会話を始めたばかりのとき、英語を自由自在に使いこなして流ちょうにしゃべっている人を見ると、すごくキラキラしていて、「派手」に見えました。

 

「いいなぁ~!この人はきっと、世界中どこへ行っても、誰とでもコミュニケーションを取れるんだろうなぁ!

 

海外旅行でも、他の日本人旅行者の何倍も楽しんでそうだな!

 

日本にいる外国人とも友達になって、いろんなこと話したり、仕事の選択肢も広いんだろうなぁ・・・」

 

という感じで、その英語をしゃべれる人が「自由な人生」を生きているように見えたのです。

 

そして、自分もそのレベルに「できるだけ早く、ラクして到達したい!」と思っていました。

 

その方法を探すことに、時間とエネルギーを費やしていました。

 

でも、英語学習はセミの成長と似ています。

 

生まれてからいきなり羽化して、自由に飛び回る羽を手に入れることはできません。

 

そこには必ず、「下積み期間」があります。

 

地味なトレーニング

英語学習で言えば、「音読トレーニング」がそれに当たります。

 

毎日毎日、同じ英文を声に出していく作業は、一見「地味」です。

 

それよりも、海外旅行に行ったり、外国人の集まるバーやイベントに繰り出して、彼らとコミュニケーションを取る方が、「派手」で楽しく思えます。

 

でも、そんな生活をしていても、英語力は伸びません。僕は英会話を始めたばかりの頃、週3回外人バーに通っていました。

 

休みの日は、ホームパーティーを開いて外国人の友達を呼んでいました。

 

そんな「派手な生活」を1年間続けても、僕の英語力はほとんど伸びませんでした。

 

成長している実感

でも、音読トレーニングに出会ってからは、地味に毎日声を出す作業が楽しくなりました。

 

自分が少しずつ成長しているという実感が持てたからです。

 

しかも、英語学習の下積みは、セミの下積み期間よりずっと短いです。

 

7年も必要ありません。半分以下の3年もあれば十分です。

 

羽の力

そして僕は、十分に力をためてから、初めての海外留学にに旅立ちました。

 

日本で3年間ためた英語力は、カナダでの仕事の現場でも使えました。

 

海外旅行先も、いつでも安心&快適です。

 

ネットで情報を探していて急に英語のサイトが出てきても、困りません。

 

僕が自宅の小さな部屋と通勤のクルマの中の狭い空間で英語トレーニングを続けて手に入れた力は、3年後に僕の行動範囲を一気に広げてくれました。

 

「英語力」という羽を手に入れれば、世界中を自由に飛び回る力があなたのものになります。

 

海外旅行はもちろん、日本にいてもパソコンやスマホで世界中の人たちとつながることができます。

 

もし、あなたが今、英語学習をしているにも関わらずあまり伸びを感じていないとしたら・・・

 

近い将来、必ず羽化して自由に飛び回れるようになる日が来ます。

 

自分を信じて、英語学習を続けてください。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!ライブ体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ