From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
「日本語と英語の視点の切り変え方」を教えてくれる本、
 
 
「会話もメールも英語は3語で伝わります」
 
 
のレビューの続きです。
 
 
前回の記事では、「受け身を捨てる」とうコンセプトをお伝えしました。
 
 
日本語で受け身を使っている文章を、そのまま英語で受け身に変換してしまうと、不自然で言いにくい文章になってしまうことがあります。
 
 
この本は、「日本人がつい会話やメールで使ってしまいがちな、長く遠回しな表現を、英語らしいダイレクトでシンプルな表現に変える」ための発想を教えてくれます。
 
 
僕自身、今まで16年間英語を勉強し続ける中で、「会話で使いづらいと感じた表現」がたくさん載っていて、「これは現場を知っている人にしか書けない本だな」と思いました。
 
 
著者の中山先生が「捨てる」ことを推奨している8項目のうち、もう一つ僕が「なるほど!確かに!」と思った項目を詳しくお伝えします。
 
 
 

NOT文を捨てる

「私は今朝、朝ご飯を食べなかった。時間がなかったから。」
 
 
という日本語を、今すぐ瞬間英作文してみてください。
 
できましたか?おそくら多くの人が、
 
 
I didn’t have breakfast this morning. I didn’t have time.
 
という文章を作ったと思います。(真ん中にbecauseを入れてもOKです)
 
 
(※例文は本より引用)
 
 
実際に声を出してみると、けっこう言いづらいことが分かると思います。
 
 
単語数が多くなり、発音もしづらくなります。
 
 
では、これをどう変えたら、文字数を減らして、シンプルで発音しやすい文章にできるのでしょうか?
 
 

こんなにシンプルに!

I skipped breakfast this morning. I had no time.
 
(※例文は本より引用)
 
 
これでスッキリまとまりました。先ほどの文章と並べて比べてみましょう。
 
 
①I didn’t have breakfast this morning. I didn’t have time.
 
 
②I skipped breakfast this morning. I had no time.
 
 
文字数が減ったのはもちろん、実際に声に出して発音してみると、言いやすさが全然違うと思います。
 
 
こういう発想で英文を作れるようになるためには、この3つの点を意識するとできるようになる、と中山先生は提唱しています。
 
 

3つのポイント

①「肯定形+no+名詞」で表す
 
②反対語を使う
 
③動詞部分の発想を変えて話す
 
 
という3つです。
 
 
先ほどの例文を見てみると、
 
didn’t have breakfast→ skipped breakfast
 
これは③のテクニックです。
 
didn’t have time → had no time
 
これは①のテクニックです。
 
 
②のテクニックは、たとえば、
 
「あなたは私をわかっていない」
 
という日本語文章をそのまま英語にすると、
 
You don’t understand me.
 
というように、don’t というnot語が入ります。
 
これを変えて、
 
You misunderstand me.
 
(あなたは私を誤解してる)
 
とすると、3語でシンプルに言い表すことができます。
 
don’t understand → misunderstand 
 
 
に変えるだけで、グッと言いやすさがアップします。
 
 
これは僕自身も、今まで英会話をやりながら何度も経験してきたことです。
 
 
そして生徒の方々を見ていても、英会話が得意な人とそうでない人の違いは、英語力そのものよりも、こういう発想力を鍛えているかどうか?が大きな要因を占めているように感じます。
 
 
 

遠回りしなくていいように作り込まれた本

今まではこの発想力を身につけるためには、大量の英会話経験が必要でした。
 
 
ネイティブと話す中で、「あ、ここではこういう言い方をするのか!なるほど!こっちの方がシンプルだ!」と気付いて、「その言い方、もらい!」と自分の中に取り込みます。
 
 
もちろん、英会話の中だけではなくて、洋画のセリフや、ふだんの音読トレーニングの素材の英文などで見つけて、「なるほど!」この言い方はシンプルだ!
と思ったものを自分の中に取り込んでいく・・・その作業を繰り返す中で、初めてこういった発想力が身に付いていく感じでした。
 
 
それをこの本では、分かりやすく項目立ててハッキリ言語化してくれています。
 
 
そのおかげで、「自然な英語を話せるようになるまでの道のり」を遠回りをしなくていいようになる確率が大です。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
 
 

英語は3語で伝わります

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓