【黄金テンプレ44選:自分のことを英語で話す本②】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)

前回の記事では、英語圏の文化と日本文化の違いをベースに、「僕たち日本人が英会話であたふたしてしまう理由」についてお伝えしました。

英会話では、とにかく「自分の考えや体験談」を語る機会が多くなります。

英語圏の人達は、自分語りをベースにコミュニケーションを取りながら、交流を深めているからです。

英語の世界では、自分のことを語ることは、相手への友好の証しになります。

英会話をスムーズに進めるためには、日本では御法度の「自分語り」を練習する必要があるのです。

でも、普段から「自分語り=うざい、嫌われる」と教育されている僕ら日本人が、いきなり英語で自分を語るなんて、ハードルが高すぎます。

 

練習すれば、日本人も上達する

僕たち日本人は、自分語りの練習が足りてないだけなので、練習すれば上手になります。

英語で自己紹介や自分語りが上手になると、相手と仲良くなるきっかけが作れます。

さらにそれだけではありません。

英会話の最中に、自分で話題をコントロールできるようになるのです。

自分が知っていることの範囲で話が進むので、答えを考えるのに困らなくなります。

 

テンプレ集で練習

でも、慣れていない僕がどうやって自分のことを上手に英語で話せるようになるのでしょうか?

日本語でさえも難しいのに!

安心してください。

カンタンに英語で自己紹介ができるようになる方法があります。

それは、「テンプレート集を使う」という方法です。

自己紹介のテンプレートを使って、部分的に自分の情報に入れ替えることで、カンタンに自分のことを話せるようになります。

もう出来上がっている文章の一部を入れ替えるだけなら、文法や構文のミスを気にする必要がありません。

でも、テンプレートを使うときに1つだけ問題があります。

それは、自分の今の状況に合ったテンプレートが見つかりにくい、ということです。

ネット上で自己紹介の例文を探すことはできますが、自分とはかけ離れた環境の人の例文を見ても、あまり参考にできません。

単語だけ入れ替えれば済むわけではなく、文章全体を大きく入れ替えなければならないケースが多いからです。

僕が考える、「黄金テンプレ三箇条」はこれです。

黄金テンプレ三箇条

①1つのトピックに対して、色んなバリエーションが用意されている。

②例文がシンプルで覚えやすい。

③ネイティブの読み上げ音声が付いている。

たとえば、「自分の仕事について語る」というテンプレがあったとします。

仕事と一口に言っても、「会社員」「フリーランス&経営者」「定年退職後」では、テンプレの文章がまったく違ってきます。

自分の状況に最も近いテンプレを使わないと、大幅に文章を変えなければなりません。

それでは、テンプレの持つお手軽さが台無しになってしまいます。

テンプレ集は、1つのトピックに対してできるだけバリエーション豊かな方が良いのです。

また、自己紹介文は暗記して使うのが前提です。

例文はシンプルで短い方が、ハードルが下がります。

さらに、覚えるまでの間に練習するとき、音読のお手本になる音声が付いていた方が助かります。

どこにイントネーションがあるのか?英単語同士の音のつながりはどこにあるのか?

などが分かるからです。

これが、僕が考える「黄金テンプレ三箇条」です。

 

すべてを叶えるテンプレ集

そして、この三箇条がすべて揃った、新しいテキストが登場しました。

それが、この本「自己紹介の英語:改訂版」です。

↓↓↓

自己紹介の英語:改訂版


(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

今すぐ使える自己紹介の黄金フレーズ44選が入っています。

必ず、あなたの今の状況にも合うテンプレが見つかるでしょう。

そして、素早く手軽に、自分のことを英語で話すための台本が作れます。

しかもこれは、2022年5月に新しく発売された改訂版です。

もともと名著だったのですが、さらに時代に合わせて細かくアップデートされています。

次回は、この本の内容を深掘り解説していきます。

・・・つづく

自己紹介の英語:改訂版


(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください