From  師範代Shinya(新村真也)

(最近行ってきたカリブ海クールズ10日間の旅での体験談のシェアの続きです。)

 

(→前回のつづき)

 

ダラス国際空港で、なんとか無事飛行機の乗り換えができ、ほっと息をつきながらマイアミ行きの飛行機に乗り込みました。

 

ここでのフライトは約4時間です。

 

成田からダラスまでの11時間に比べれば、ずっとラクに感じられます。

 

エコノミー席で11時間のフライトはかなりの苦痛でした。

 

ただ、ここまでの機内のシートにはかなりハイテクなエンタメ設備が整っていました。

 

設備といっても、前の座席の後ろにくっついた小さなモニターだけですが、これがけっこう楽しめました。

 

けっこう新しい映画が見放題で、種類も邦画から洋画まで幅広く、洋画の場合も日本語吹き替えバージョンがありました。

 

また、ゲームも何種類か揃っていて、リモコンの後ろ側がゲーム機のコントローラーになっています。

 

なので、暇つぶしには困りませんでした。

 

でも、ここからは国内線になります。フライト時間も短いので、おそらくそういった設備は期待できないでしょう。

 

寒い機内

それにしても、飛行機に乗るといつも感じることなのですが、機内がめちゃくちゃ寒いです!

 

夏でもブルブル凍えるくらい冷房が効いているのです。

エコノミーシートはまったく動けないので、身体が冷えやすい環境が整っています。

 

念のため長袖ジャケットとパーカーを持ってきて正解でした。

 

さらに、全席に備え付けの毛布をヒザにかけて、ちょうどいいくらいの体感温度でした。

 

質素な国内線

ダラスからマイアミ行きの飛行機に乗り込むと、シートの質の違いが明らかでした。

 

予想通り、エンタメ用のモニターは付いていません。

 

無機質なデザインのシートが整然と並んでいます。

 

機体も全体的に小さくて、きしゃなイメージです。離陸の時もけっこう揺れました。

 

今まで乗ってきた国際線と比べると、機内全体の素材や色づかいが全体的に質素な感じがします。

 

また寒い機内

国内線はそんなに寒くないかな?と思っていましたが、予想に反してかなり寒く感じました。

 

さっきまでよりさらに冷房が効いている感じです。

 

席には枕も毛布も用意がありません。

 

着ているものだけでは寒さをしのげなくなってきたので、フライトアテンダントの若い男性をつかまえて、毛布をもらおうとしました。

 

Could you give me a blanket?

(毛布を一枚いただけますか?)

 

すると、僕が言い終わる瞬間にソッコーで答えが返ってきました。

 

We don’t have blankets.

(毛布はありません)

 

えーーー!!マジ?!

 

飛行機って、てっきり毛布が用意されているのが普通だと思っていました。

 

やはり、国内線の場合は装備品も少なくなるんでしょうか・・・

 

フライトアテンダントの男性は、大学を卒業したばかりくらいの若い新人に見えたので、

 

「知らないだけでは?ちゃんと上の人に聞いてくれよ!」

 

と思いましたが、自信満々に「ない!」と言われたので、とりあえず引き下がりました。

 

現地人は寒くないのか?

他の人たちは寒くないんだろうか?

 

そう思ってふと周りを見渡すと・・・

 

なんと!!僕らの席の通路をはさんで隣の席の人たちは、全員半袖&半ズボンです!!

 

寒くないのか?

 

その前の席の人を見ると、長袖パーカー&半ズボンという組み合わせでした。

 

どういう組み合わせだ?!

 

ななめ後ろの席の人を見ると、長袖&長ズボンで上も重ね着をしてガッツリ着込んでいます。

 

まるで真冬のようです。

 

結局、体感温度は人それぞれなのかな?

 

でも、全体的に半袖&半ズボン率が圧倒的に高いと感じました。

 

これは慣れなのか?それとも体質なのか?

 

全体的にふっくらした体型の人たちが多いので、もしかして日本人に比べて寒さに強いのかもしれません。

 

さっきまで乗っていた国際線に比べて、国内線には現地アメリカ人の乗客が多いと感じます。

 

寒いけど、たった4時間のフライトです。

 

僕らは、あきらめて気合いで乗り切ることにしました。

 

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ