From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
僕が人生で初めて書いた本「やり直し英語革命」が出版されるまでのストーリーの続きです。
 
 
出版のやり方を教えるセミナーの主催者の望月さんのパートが終了しました。
 
 
すでに会場全体が盛り上がっています。望月さんは、このあたりの「乗せ方」がすごく上手です。
 
 
望月さんは、次のスピーカーの「ジャイアン吉田さん」を紹介しました。
 
 
大きな拍手がわき起こりました。どうやら会場には、吉田さんをよく知っている人たちも多くいるようでした。
 
 
 

ジャイアン吉田さんのセミナー

ジャイアン吉田さんは、その名前の通り、身体が大きくて迫力があります。
 
 
ヒゲをはやしているので、なおさら威圧感があります。
 
「ジャイアン」という名付け親は、作家の本田健さんだそうです。
 
 
たしかに、そう覚えると、一度見ただけでずっと忘れなくなります。
 
 
吉田さんは、話し方がゆっくり落ち着いていて、望月さんの早口で高いトーンの話し方とは正反対です。
 
 
さっきまでとは違う空気が会場に流れ始めました。
 
 
こういうコラボセミナーの良いところは、違うスピーカーが話すことで、雰囲気にメリハリが生まれることです。
 
 
吉田さんは、ゆっくりした口調で分かりやすく、「初めて出版する人たちがぶつかるカベと、それを乗り越える方法」を教えてくれました。
 
 
 

初めて出版する人がぶつかる3つのカベ

初めて出版する人がぶつかる3つのカベは、
 
 
①「採用される企画書」を書けるかどうか?
 
 
②書いた企画書を出版社に上手に売り込めるか?
 
 
③企画が通った後に、実際に原稿を書き上げられるかどうか?
 
 
になるそうです。この中で一番ハードルが高いのは、①の企画書を作る段階だそうです。
 
 
たしかに、「採用されやすい企画書」の書き方をまったく知らなければ、いくらたくさんの出版社に売り込んでも採用されないでしょう。
 
 
ただ、ここは僕は事前にヨリさんに教えてもらって、すでに書き上がっています。それだけでも大きな自信につながりました。
 
 
また、③の部分は、こうして毎日ブログ記事を書いています。
 
 
自分の「ライティング(文字アウトプット)の筋肉」はだいぶ鍛えられている自信がありました。
 
 
 

僕の「文字アウトプット」経験値

僕のブログ記事は1本あたり1500~2000文字ぐらいです。
 
 
それを毎日欠かさず2年間、書き続けているので、トータル730本ぐらいになります。
 
 
1,500文字×730本=109万5,000文字
 
 
ビジネス書の文字数は、だいたい5万文字前後と聞いたことがあります。
 
 
109万5,000÷5万=21.9
 
 
約22です。僕はこれまで、ビジネス書22冊分の文字を書いてきた計算になります。
 
 
こうしてみると、継続の力はやっぱりスゴい!と感じます。
 
 
一気に本1冊分を書き上げるのはとてもハードルが高く感じますが、「自分はこれまで本22冊分の文字を書いてきたんだ」という事実があると、「できるはずだ!」という実感がわいてきます。
 
 
ブログ記事を書き始めたばかりの慣れないうちは、タイピングの時に指に力が入りすぎて、右手の中指が腱鞘炎になってしまったこともありました。
 
 
その後、文字を書くためだけの専用ガジェット「ポメラ」の新型「DM200」をゲットして、できるだけ少ない指の動きで文字を打つようにしてきました。
 
 
おかげで腱鞘炎は治り、ブログ記事も書き続けることができました。
 
 
ポメラDM200は、本を何冊も出している作家の方々が愛用しているガジェットです。
 ↓↓↓
 

キングジム デジタルメモ ポメラ ブラック

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
アウトプットの経験値+執筆用の最新ガジェット
 
 
本を出せる環境は十分整っています。
 
 
あとは、「採用される企画書」を完成させることと、出版社への売り込みのハードルを乗り越えるだけです。
 
今回のセミナーで、この2つがクリアになれば、十分に元が取れる!と感じていました。
 
 
・・・つづく。
 
 
※出版記念として全国で期間限定セミナーを開催します。情報はこちらをクリック
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ