From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
前回の記事では、TOEICの点数をアップすには、
 
 
「英語力」+「受験力」
 
 
の2つの力が必要だということをお話ししました。
言い換えれば、この2つの力は、
 
 
「土台の高さ」+「ジャンプ力」です。
 
 
この2つが組み合わさったとき、はじめて高得点をゲットすることができます。
 
 
 

僕自身のケース

僕自身はどうだったのか?というと、実は、僕が「受験力」を磨き始めたのは、だいぶ後になってからでした。
 
 
TOEIC870点になるまでの2年間は、ひたすら音読トレーニングをやって「土台を高めることだけ」に専念していました。
 
 
これは、僕の環境も影響していると思います。僕は前の仕事はジーンズショップの店長でした。
 
 
まったく英語を使わない&会社からも何も言われないシチュエーションでした。日曜日は絶対に休めないので、TOEICテストも受けられません。会社内でTOEICを受けている人はゼロでした。
 
 
なので、当時の僕にとっては、TOEICの点数を上げる必要性は、まったくありませんでした。
 
 
 

僕がTOEICの点数アップに取り組んだ2つのケース

僕がTOEICの点数を取る必要に迫られたケースは、これまでに2回ありました。
 
 

1回目:カナダ留学直前

このときは、自分が希望するビジネスコースに入学するために、日本でTOEIC730点以上のスコアを提出するのが条件でした。
 
 
でも、このときの自己ベストは650点でした。タイムリミットは3ヶ月後です。
 
 
3ヶ月間で80点以上アップが必要な計算になります。
 
 
でも、、僕はこのとき「受験力を磨く」ことはしませんでした。その代わりに、「土台を高める」ことに力を注ぎました。
 
 
理由はシンプルです。たとえ「受験力」で表面的な点数を上げても、カナダでビジネスの現場で働けば、そんな表面的なメッキはすぐにはがれ落ちるだろう、と思ったからです。
 
 
今の「土台の力」だけで730点を越えられないようであれば、それはまだ自分の力不足ということで、潔くあきらめて、ビジネスコース以外を受ける覚悟でした。
 
 
そんな「背水の陣」の覚悟で臨んだ結果、ギリギリ735点で合格し、無事希望のビジネスコースを取ることができました。
 
 
このときに僕が短期間で土台を高めた学習法方は、「多読」です。
 
 
英単語レベルが制限されている、多読用の本を大量に買って、ひたすら読み続けました。そうやって、リーディングのスピードをアップしたら、TOEICの点数は自然と伸びました。
 
 
 

2回目:英会話スクール講師になった後

その後、TOEICの点数が必要になったもうひとつのケースが、カナダから帰国して英会話スクールの講師になった後です。
 
 
僕が入った大手英会話スクールでは当時、「日本人講師のTOEIC点数は900点以上!」ということをウリにしていました。
 
 
当時の僕はまだ870点でしたが、なんとか入社することができました。
 
 
その後、できるだけ早くTOEIC900点取ってね、というプレッシャーを会社から感じた僕は、また土台を高めることだけに力を注ぎました。
 
 
でも、1年たって受けたTOEICも同じ870点でした。僕はここで初めて、スランプを経験しました。
 
 
土台の英語力は高くなればなるほど、伸び幅はゆっくりしたものになります。
 
 
確実に土台は高くなっているのですが、それに点数が追いつかないと感じた僕は、ここで初めて「受験力」を磨くことにしました。
 
 
それまでは、まったくテストの受験スキルに興味のなかった僕が、TOEICの持つ「ゲーム性」の面白さにすっかりハマってしまうことになるとは・・・この時には思っていませんでした。
 
 
次回は、僕がどうやってこの「受験力」を磨いてTOEIC900点を越えたか?その具体的な方法をお伝えします。
 
 

—————————————

※「崖っぷち男の驚くべき英語学習法」はこちら

※「英単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

P.S.
※このブログに「読者登録」をしていただくと、最新記事をメールで受け取ることができるようになります。登録はこちらをクリック