【ブログ記事2,000本を書いて気付いた、継続の秘訣⑫フィードバック:後編】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

※僕が英語学習を長年継続できている理由と、ブログ記事の執筆が長年継続できている理由に共通する、「9つの戦略」をお伝えする続きです。

今回は、最後の9つ目「フィードバック」のブログ執筆での体験談の続きです。

前回の記事では、英語学習の時に、僕が英会話スクールに3年間通い続けた理由をお伝えしました。

スクールで先生やクラスメイトからのフィードバックがもらえる環境に身を置くことで、モチベーションが保てることが分かったからです。

フィードバックがもらえること自体に、月謝を払う価値を感じました。

今振り返っても、あの時に英会話スクールを2年間延長して通い続けたのは正解だったと思っています。

カナダ留学から帰ってきた後も、同じ英会話スクールにしばらく通いました。

通ったといっても、生徒としてではありません。

仕事が見つかるまでの短期アルバイトとして、駅前ビラ配りのバイトをやらせてもらいました。

これが転職活動中の息抜きになって良かったです。

結局、僕はその英会話スクールで講師になりました。

 

ベテラン先生達が顔なじみの心強さ

僕の配属先は、自分が通ったスクールではありませんでした。

でも同じ会社なので、エリアミーティングなどでは、自分が生徒として教わった先生達に会う機会がありました。

日本人の先生達はキャリアが長い人達が多く、僕が生徒として入学した頃から見てくれていたので、会議の会場では、

「まさかシンヤさんが先生になって、私たちの同僚になるとはね!今度からシンヤ先生って呼ばなきゃ!」

と笑顔で言ってくれました。

入社1年目の新人講師の僕にとっては、ベテラン講師の方々がすでに顔なじみで、歓迎してもらえたことは、とても心強く感じました。

僕は改めて、自分のたどってきた道のりを振り返りながら、「あの時、英会話スクールを2年延長して通い続けて良かった!あの選択は正解だった!」と思いました。

 

ブログの勉強でも応用

英語学習でそんな体験があったので、僕はブログ記事を書き始めた時にも、フィードバックをもらえる環境を大事にしました。

独学で進めていると、自分が上達しているのか?よく分からなくなります。

でも、同じ目標を持つ仲間同士で原稿を見せ合ったり、先生に自分の書いた文章を見てもらったりしてフィードバックがもらえる環境にいると、自分の上達を客観的に見ることができます。モチベーションも保てます。

 

僕は最初の頃、Facebookグループのコピーライティング仲間の会に入って、自分の書いた文章を見せ合うという作業を繰り返しました。

 

また、セミナーにも積極的に参加して、顔見知りの仲間を増やしました。

 

今は、コピーライター兼ウェブマーケティングのコンサルタントの方と月1回面談して、自分の書いた文章を提出してフィードバックをもらっています。

さらに最もモチベーションが上がるのは、読者の方々からのコメントです。

僕が書いた内容について心が動いたと言っていただいたり、文章が読みやすいと言っていただけると、最高にモチベーションが上がります!

これからも、仲間や読者からのフィードバックが、僕の執筆モチベーションを上げ続けてくれると思っています。

英語学習を続けるコツは、他のことにも応用できる

以上、僕がブログ記事を2,000本書き続けて気付いた、継続の秘訣9つの戦略をお伝えしました。

今回改めて思ったのは、「英語学習を長年続けることができると、他のジャンルにも応用がきく」ということです。

もしかして、英語学習で得られる最も価値のある部分は、英語力以上に「継続力」なのかもしれません。

・「自分はできる!」という自信

・ゼロから新しく始めることでも、必ず自分の望むレベルに行ける!という感覚

・自分の性格に合わせてムリせず勉強を続けるためには、何をどうすればいいか?が分かっている状態

・人と比べず、自分のペースで進み続ける力

・上達の過程でのアップ&ダウンを受け入れて、理想と程遠い自分を受け入れる心

これらは、1つのジャンルを数年間続けることでしか得られません。

インスタントに手に入れた結果に対しては、人は自信がつかないようにできているみたいです。

もし今、神様が僕の脳をリセットして「英語学習の記憶だけ」をすべて消した後に、次の2つの選択肢を与えてきたとします。

↓↓↓

①英語データの入ったマイクロチップを脳内に埋め込んで、一瞬で英語が話せる状態になる。

②数年間かけて、アップダウンを繰り返しながら、自分と向き合って、色んな感情を味わいながら、ハードルを乗り越えて、ついに英語を満足に話せる状態になる。

君はどちらを選ぶ?どっちも叶えてあげるよ。

と言われたら、おそらく僕は②を選びます。

僕が英語学習を続けて一番メリットを感じたのは、②の部分だからです。

もしあなたが今、英語学習のハードルにつまずいてもがいているとしたら・・・

今の経験が、後から振り返って一番のハイライトになる可能性もあります。

未来の自分を想像しながら、今を振り返るのも良い方法です。

応援しています!

(完)(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

————————————–

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください