【大人向け英会話習得法:イメージ刷り込み式 英語鍛錬①】

from 師範代Shinya

①英会話レッスンを長くやっているけど、ブロークン英語から抜け出せず、なかなか上達を感じられない・・・

②英文法や英単語を勉強しても、すぐ忘れてしまう・・・

③TOEICなどの資格試験ではそれなりの点数が取れるけど、いざ英会話!となると、全然英語が口から出て来ない・・・

もしあなたにそんな経験があるなら、今回ご紹介する「イメージ刷り込み式 英語鍛錬」を試す価値があるかもしれません。

上記3つの悩みは別々のジャンルに見えますが、実は共通点があります。

すべて「ある大事なステップ」が抜けているのが原因なのです。

それは、「知識を技術に変えるステップ」です。

英会話は、スポーツと同じジャンルです。

スポーツは、この3ステップを繰り返すことで上達します。

↓↓↓

①知識を入れる(やり方を説明されて、頭で分かった状態)

②知識を技術に変える(「分かる」を「できる」に変える=反復練習&筋トレ)

③技術を試す(対人の試合)

この3つのステップを繰り返すことで、スポーツは上達していきます。

そして、一流のアスリートは、この3ステップの中でも特に、②の技術を磨くことに、多くの時間と労力を投資します。

一流のコーチをつけて、技術の習得に励むのです。

英会話の上達ステップも、スポーツと同じです。

①知識を入れる(文法書&英単語帳)

②知識を技術に変える(声出し練習)

③技術を試す(対人の英会話)

この3つのステップを繰り返すことで、英会話は上達していきます。

この中でも特に②の技術を磨くことが、上達度合を大きく左右します。

でも、日本の学校では、①の知識ばかりを学校で詰め込みます。

そして大人になったら英会話スクールに通って、③の試合だけを繰り返すのです。

ステップ②の技術を練習する場は、ほとんどありません。

 

英会話が上達しない理由

もう見えてきましたね。

冒頭でご紹介した3つの悩みには、共通点があります。

①英会話レッスンを繰り返しても、なかなか上達を感じられない理由。

それは、「試合だけ」をやっているからです。

知識を入れたり、知識を技術に変える練習が抜けているから、同じ場所をグルグル回ってしまうのです。

②英文法や英単語を勉強しても、すぐ忘れてしまう理由は、

「知識を詰め込んで終わり」にしているからです。

頭で覚えたことを、無意識に身体が動く技術にまで高めることができれば、時間がたってもそう簡単には忘れません。

③TOEICなどの資格試験ではそれなりの点数が取れるけど、いざ英会話!となると、全然英語が口から出て来ない。

その理由は、実際に身体を使った練習が足りていないからです。

TOEICの点数が高い人は、自分の中にある膨大な知識をほんの一部でも技術に変えることができたら、英語が口からスラスラ出てくる実感を味わえるでしょう。

知識を技術に変える方法2種類

英語の知識を技術に変える方法は、大きく分けて2種類あります。

①音読トレーニング

②瞬間英作文トレーニング

どちらも声を出すという点では同じですが、目的と使用テキストの種類が違います。

 

①音読トレーニング

音読トレーニングは、自分の英語力の上限を伸ばすための声出し練習です。

・知っている英単語の数を増やす

・聞き取れる英語のレベルを上げる

・聞いて読んで理解できる文法のレベルを上げる

・自分の発音スキルを上げる

などです。

この目的のために、テキストはちょっと背伸びした英文を使います。

・自分が知らない英単語

・自分が知らない文法

・自分ができない発音

これらが少しずつ含まれた、英文が音読トレーニングにはベストです。

また、英文の長さは読み上げ時間30秒~1分30秒程度の、ある程度まとまりのある、ストーリーがつながっている台本がオススメです。

そして、必ず「ネイティブの読み上げ音声データ」が付いているものを使います。

できるだけお手本音声に自分の発音を近づけるように、マネしながら何度も声を出します。

これが、音読トレーニングです。

 

②瞬間英作文トレーニング

瞬間英作文トレーニングは、自分が「すでに持っている英語力」を、会話でフル活用するための声出し練習です。

・知っている英単語を使って話す

・知っている文法を使って話す

上限を伸ばすのではなく、すでにある力を引き出す練習が、瞬間英作文トレーニングです。

この目的のために、テキストは「自分が知らない英単語が入っていない例文」が収録されているものを使います。

英文だけ見たら、「こんなの知ってるよ!」と叫びたくなるぐらいカンタンな文章です。

ただし、英文の使い方が違います。

瞬間英作文トレーニングでは、先に日本語文を見ます。

日本語文を見て、瞬間的に英語に変えてしゃべるのです。

英文を読めばすぐ分かるような簡単な文章も、日本語を見て英文に変換しようとすると、けっこう苦戦します。

そして、答えの英文を見て愕然とします。

「こんなカンタンな英文でさえ、口から出て来ないのか・・・」

と、最初はヘコむことが多いでしょう。

でも、瞬間英作文を繰り返すうちに、だんだん自分の英語力を引き出して話せる感覚を、味わうことができるようになります。

口からポンポン英語が飛び出すのは、快感です!

慣れると、自分の頭の中で考えたことをぶつぶつ英語にして、正しい文章でひとり言が言えるようになります。

以上、音読&瞬間英作文トレーニングが、知識を技術に変える練習法です。

正しいフォームを何度も繰り返し身体に刷り込んで、無意識レベルでサッと口が動くようにするのです。

この「刷り込み作業」はシンプルですが、スゴい効果があります。

 

知識(文法&英単語)をラクに覚える方法

英会話が上達する3つのステップ、

①知識を入れる(文法&英単語)

②知識を技術に変える(音読&瞬間英作文トレーニング)

③技術を試す(英会話)

のうち、実はステップ①の知識のインストールも、苦手な人は多いです。

特に、学生時代に文法や英単語の勉強が苦手だった人は、また学生時代と同じことをするのがツラくて、挫折してしまうことがあります。

もしあなたが、学生時代の文法の授業や英単語の勉強が楽しく感じられなかったなら、大人になった今は別の方法を試した方がいいかもしれません。

それが、「イメージ英文法(英単語)」です。

イメージ英文法とは、従来式の「文法ルールの丸暗記」ではありません。

「ネイティブが会話する時に、どんなイメージでこの英文法を使っているのか?」

を覚える方式です。

ネイティブは、難しい文法ルールや用語を覚えて使っているわけではありません。

もっとシンプルに、頭に中に1つのイメージを描きながら、文章を組み立てているのです。

ネイティブの頭の中のイメージを知ることができれば、僕たち日本人も同じ感覚で文法や英単語を使いこなすことができるようになります。

その結果、文法や英単語を学ぶ時間をグッと減らして、しかも楽しく学ぶことができるようになります。

ネイティブのイメージで文法を学び、そのイメージを忘れないうちに、すぐに声出しトレーイングで刷り込んで技術に変えていく。

それが、英会話を最も効率よく学ぶ方法なのです。

次回の記事では、イメージ英文法の深掘り解説と、具体的なトレーニングのステップをお伝えします。

・・・つづく

※イメージで刷り込んだ英文法&英単語を、音読&瞬間英作文トレーニングで刷り込む練習法を実際に体験できる動画セミナーはこちら

↓↓↓

 

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください