%e6%ad%8c%e3%81%86%e4%ba%ba

From  Shinya (新村真也)

僕がネイティブの友達4人とカラオケに言ったときのこと。

ひととおりみんな歌ったあとに、僕の元にマイクが回ってきました。

「よし!せっかくだから、ここは英語の歌でいこう!」

と決めました。

とはいえ、僕が歌える英語の歌は、ひとつしかありません。それは・・・

「ネバーエンディング・ストーリー」

のテーマソングです!

 

ネバーエンディングストーリーは、僕が子供の頃に見て、大好きになった映画です。

映画に出てくる、いろんなキャラクターのモンスターたちに、ワクワクしました。

とくに、犬の顔とドラゴンの身体が合体した、「ファルコン」というキャラクターが大好きでした。

そして、大人になったある日、

「名作映画のサウンド・トラック集」

のCDを買いました。

そしたら、その中に、ネバーエンディングストーリーの主題歌と、歌詞カードがついてきました。

その歌詞カードには、ていねいに、英語の歌詞の上にカタカナでルビまでふってありました。

もともとこの曲はテンポがゆっくりで、ひとつひとつの単語もハッキリ発音しているので、歌いやすいです。

(YouTube動画)

「おぉ!子供の頃にさんざん聞いた、この英語の歌が自分にも歌えるぞ!!」

そして、この曲ばっかり何度も練習して、歌えるようになりました・・・

以上が、僕がネバーエンディングストーリーを歌えるようになった経緯です。

その歌を、こうして今、本場ネイティブたちの前で歌う時がくるとは!!

そもそも、ネバーエンディングストーリーの歌は世界的に有名なのか?それとも、マイナーな分類に入るのか?それもわかりません。

もう、歌ってみるしかありません。

 

そして、僕は歌い始めました・・・

僕は、練習したとおりにネバーエンディングストーリーのテーマソングを歌い始めました。

今まで自分の部屋の中でしか歌ったことがないので、カラオケで人前で、しかもネイティブたちの前で歌うのは変な気分です。

でも、昔さんざん練習していたおかげで、今こうして久しぶりに歌っても、歌詞がスラスラ口をついて出てきます。

ふとネイティブの友達の顔を見ると・・・

彼らが、すごい「感激した表情」でこっちを見ているではありませんか!!

目を見開いて、首を少し振りながら、僕の歌に聞き入っています。

僕は歌がうまくありません。今まで、日本人の友達とカラオケに行って、自分が歌ってこんな表情をされたことは、一度だってありません!

僕はだんだん、気分がよくなってきました!

(やっぱり、この曲は有名なのかな?どっちにしても、楽しんでくれているみたいで、よかった!!)

そう思いながら、歌っていました。

 

大きな拍手!!

すべてを歌い終わると、小さなカラオケボックスに、拍手が鳴り響きました。

みんな、こっちをビックリしたような目で見てきます。

「どこで歌詞を覚えたの?」

「英語の歌をうたえるようになったのはいつから?」

いろんな質問を次々に浴びせかけられて、僕は驚きました!

こんなにウケるとは!!

こっちがビックリです!!

たしかに、逆で考えてみると、このリアクションもうなずけます。

こんな想像をしてみてください。

あなたが仕事でアメリカに行って、しばらくそこに住むことになったとします。

そこで、現地のアメリカ人に誘われて、カラオケに行きました。

すると、そのアメリカ人が、カラオケで日本語の歌を歌いはじめました・・・

そのとき、あなたはどんな気分でしょうか?
その人の歌がうまい、ヘタに関わらず、感激しませんか?

きっと、僕が英語を歌ったとき、それを聞いていたネイティブの人たちは、そんな気分だったのでしょう。

そして、どうやら「ネバーエンディングストーリー」の曲は世界的に有名らしく、みんなも一緒に乗ってくれて、大きなリアクションでした!

僕が歌えたのは、この1曲だけですが、それでもメチャほめられて、僕は一気に気分がよくなりました!

でも残念ながら、僕の「手持ちの英語の歌」は、この1曲で打ち止めになりました。

そこで、その後は自分の番が来たら、「ふつうの日本語の歌」を歌いました。

選曲は、過去に日本人の友達にはウケなかったものでした。でも、ネイティブの彼らは、とても良いリアクションで盛り上げてくれました。

「やっぱり、海外の人たちはリアクションがデカくて気持ちいいなぁ!!」

すっかり気をよくした僕は、その夜、カラオケボックスを後にしながら、

「ネイティブとカラオケに行って、彼らの前で英語の歌を歌っちゃった自分」

がまだ信じられず、ウキウキしながら家に帰りました。

 From  Shinya (新村真也)
(
英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

P.S.
もし、あなたがカラオケ以外にもネイティブと盛り上がりたいなら、「対ネイティブ用秘密兵器」をチェックしてみてください。