From  師範代Shinya(新村真也)
 
 
先日、このブログ読者さんから、面白い新刊本の情報をいただきました。
 
 
それが、これです。
 
↓↓↓
 

英単語の語源図鑑

 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
僕はさっそく、本屋さんで立ち読みしてみました。
 
そして、パラパラめくって30秒で、
 
 
「買おう!」
 
 
と決めました。
 
 
ちょっと見てすぐに、この本の価値が分かりました。
 
 
しばらく読んでみて感動したので、詳しくレビューしていきます。
 
 

この本のコンセプト

この本のコンセプトは、「語源で英単語を覚えよう!」です。
 
 
語源というのは、英単語のスペルを「小さなパーツ」ごとに分けて、そのパーツの意味を覚える学習方法です。(以前のブログ記事でも詳しくご紹介しています)
 
 
英単語のスペルは、適当に決まっているわけではありません。ちゃんと意味があります。
 
 
漢字と同じですね。「草かんむり」とか、「手へん」とか、ちゃんと意味がありますよね。
 
 
あんな感じです。
 
 
パーツの意味を覚えると、爆発的に語彙が増えます。
 
 
なぜなら、パーツを使って覚えると、英単語を丸暗記する必要がなくなり、定着スピードが何倍にもアップするからです。
 
 
知らない英単語の意味を推測することもできるようになります。
 
 
一見、似ている英単語の違いもハッキリ見えるようになります。
 
 
例として、この本の冒頭に書いてある部分を引用します。
 
 
まずは、この2つの英単語を見てください。
 
↓↓↓
 
lavatory(トイレ)
 
laboratory(実験室)
 
 
うわ~!出た!似てるもの同士のやつだ!こういうの、混乱するんだよなぁ~!
 
 
と思いましたか?
 
 
lavatory(トイレ)
 
laboratory(実験室)
 
 
この2つは、スペルも発音も似ているけど意味がまったく違います。
 
 
発音をカタカナで書くと、どっちも、「ラバトリー」です。
 
 
従来の学習法は、この2つを丸暗記するしかありませんでした。
 
 
でも、語源学習法を使えば、カンタンです。
 
 
用意はいいですか?
 
 

語源学習法を体験してみよう!

laboratory(実験室)のスペルには、「labor(労働)」という英単語が含まれています。
 
 
つまり、労働する場所だから、「実験室」なのです。
 
 
一方、lavatory(トイレ)のlava(lav)には、「流れる」「洗う」という意味があります。
 
 
そこから、洗濯物の「laundry」、湯水のようにお金を使うという意味の「lavish」、そして、流れる溶岩の「lava」、さらに、昔は洗濯物の香り付けやお風呂で使われていた花の「lavender」などに繋がっていきます。
 
 
さあ、ここまでの話を聞いて、いかがでしょうか?もう一度この2つの英単語を見てみてください。
 
↓↓↓
 
lavatory(トイレ)
 
laboratory(実験室
 
 
全然違って見えませんか?
 
 
これが、「語源学習法」のパワーです。
 
 
従来の「英単語ひとつひとつを丸暗記していくタイプ」の学習法は、「足し算」です。
 
 
ひとつひとつ積み上げていって、高くしてく感じです。
 
一方、語源学習法は「かけ算」です。ひとつの語源を覚えると、連鎖的に他の英単語の意味もつながるようになります。
 
 
どっちが効率的で習得のスピードが速いかは、説明不要ですね。
 
 
僕は、この語源学習法を使って英検1級の英単語をお覚えたおかげで、だいぶ「省エネ」で合格できました。
 
約1年間で、語彙力が7,000語レベルから一気に1万5,000語レベルまで跳ね上がりました。
 
 
なので、語源学習法のパワーは身にしみて感じています。
 
 

新刊はパワーアップ!

著者は、語源学習本の第一人者、清水健二先生です。
 
 
清水先生は、昔からこの手の本を書いていて、今までに何冊も語源学習シリーズ本を出しています。
 
 
ちなみに、僕が英検1級を突破するのに使ったのは、この本でした。
 
↓↓↓
 

連想式にみるみる身につく語源で英単語

 
これも同じく、清水先生が書いています。
 
 
同じの持ってるのに何でまた買うの?
 
 
と思われたかもしれません。
 
 
でも、僕がこの新刊を買ったのは、ものすごい進化を遂げていたからです!
 
 

3つの進化ポイント

僕が以前使った本との比較すると、進化ポイントが3つあります。
 
 
①イラストが圧倒的に増えて見やすくなった。
 
②語源を覚える順番がうまくまとまっていて、スッキリ分かりやすくなった
 
③英単語のセレクト&語源の切り口が、より分かりやすくシャープになっている
 
 
という3点です。
 
 
特に、イラストが増えたのは、一番の進化ポイントです。
 
 
これにより、「お勉強している感」なく、マンガを見る感覚で読み進められます。
 
 
イメージ英文法の語源バージョンといった感じです。
 
 
ルールの丸暗記がキライな人には、とてもマッチしていると思います。
 
 
次回は、さらに詳しく突っ込んだレビューをしていきます。
 
 
・・・つづく。
 
 

英単語の語源図鑑

 
(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)
 
 
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ