From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
指さすだけで英単語の発音&意味が分かる「Yiidaスキャン式電子辞書」のレビューの続きです。
 
 
 
前回に引き続き、「ここがこうなったら良いのにな」と感じた改善点の最後の3つ目をお伝えしていきます。
 
実はこの3つ目は、「便利な使い方をした場合のあと一歩!」という、惜しい点でもあります。
 
 
まずはその便利な使い方からお伝えします。
 
 

iPadでオール・イン・ワン!

この電子辞書でスキャンできるのは、紙の本だけではありません。
 
 
iPadに表示させた文字も読み取ることができます。
 
 
僕は最近iPadを買って以来、手持ちの本を電子データ化して持ち歩いています。
 
 
すべての本がiPadひとつに集まっているので、探すのがラクです。
 
 
久しぶりに読みたい本を思い出したときに、本棚や押し入れから探す手間も省けます。
 
 
そんな便利さから、「紙の本を広げて読む」機会が以前に比べるとだいぶ減りました。
 
 
英語テキストもほとんどすべて電子データ化してiPad内に入れてあります。
 
 
そんな状況の僕にとっては、この「Yiidaスキャン式電子辞書」を使う時には、iPadの画面を本代わりに使うことの方が多くなります。
 
 
英文を画面に映した状態のiPadをテーブルに置いて、その横に辞書画面を映したスマホを並べて使うこともできます。
 
 
でもせっかくなら、iPad一台ですべて完結した方がラクです。
 
 
「英語学習ツールを全部1つにまとめてオール・イン・ワンにする」
 
 
のがiPadの真骨頂だからです。
 
 
そこで、iPad本体に「Yiidaスキャン式電子辞書」の専用アプリをインストールして使ってみました。
 
 
 

2つのアプリ画面を1画面に表示

iPadは画面を2分割表示して、別々のアプリを同時に使うことができます。
 
 
iPadと電子辞書本体(カメラ)を連携させて、辞書アプリと文書データ表示アプリを同時に起動させることで、すごく便利に使えます。
 
 
「iPadの片側に表示させた英単語を指さすことで、もう片側の辞書アプリが発音して意味を表示する」
 
 
というのは、かなり効率が良くて便利です。
 
 
ただ、ここで改善点が見えてきました。
 
 
 

改善点③iPadの「画面分割機能」に対応していない

iPadの分割表示には、主に2種類の方法があります。
 
 
①スライド・オーバー
 
 
②スプリット・ビュー
 
 
です。
 
 
①のスライド・オーバーは、メインアプリの画面の上に、全体の4分の1ぐらいのサイズの細長いサブ画面を表示させる方式です。
 
 
2つ目のアプリはあくまでサブなので、表示できる範囲は狭いです。
 
 
一方で②のスプリット・ビューは、2つのアプリの画面の広さを変えることができます。
 
 
5:5の半々の比率か、7:3を選ぶことができるのです。
 
 
さらにどっちのアプリをどっち側に表示するかも任意で選べます。
 
 
僕は個人的には②のスプリット・ビューが好きです。
 
 
でもすべてのアプリがスプリット・ビューに対応しているわけではありません。
 
 
この「Yiidaスキャン式電子辞書」もスプリット・ビューには対応していません。
 
 
そもそも、①のスライド・オーバーにも対応していないようです。
 
 

現時点でできる方法

現時点で2画面表示させる方法は1つだけです。
 
 
①一度電子辞書の画面を開いて、それをメイン画面の扱いにします。
 
 
②その上に、スライド・オーバー対応アプリの「PDF Expert」で英語テキスト画面を開きます。すると、
 
 
・iPad画面の中の4分の3が辞書アプリの画面
 
・4分の1が英語テキストの画面
 
 
になります。
 
 
本当はこの比率を入れ替えて、辞書アプリの画面を小さくして表示させたいのですが、残念ながら現時点ではそれはできません。
 
 
僕の理想としては、辞書画面と英文の画面の比率は半々がベストです。
 
 
今後のアプリアップデートで、スライド・オーバーに対応してくれたら、すごく使いやすくなると思います。
 
今回は細かい部分ですが、iPad使いの英語学習者にとっては便利になるポイントなので、お伝えしました。
 
 
・・・つづく。
 
 
 
————————————–
 
 

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナー(無料)はこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓