From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
※僕が20才の頃、「アクション俳優になろう!」と決めて、「俳優養成所」に入った時のストーリーの続きです。
 
 
無口で超イケメンの、ダパンプ・イッサ先生(似てるだけで本人ではありません)の「ストリートダンスレッスン」が始まりました。
 
 
イッサ先生は何も言わずに、僕らに自分のマネをするようにジェスチャーで合図を送ると、リズム取りを始めました。
 
 
ダンスのレッスンはふつう、
 
 
①リズム取り
 
 
②ストレッチ
 
 
③振り付け
 
 
④クールダウン
 
 
という流れで進んでいきます。
 
 
①リズム取りは、音楽に合わせてヒザを軽く曲げ伸ばししたり、首だけうなずいたり、肩を上げ下げしたりします。
 
 
身体の一部パーツだけを軽めに動かすことで、身体を少しずつ温めていきます。
 
 
音楽に合わせて小さな動きを繰り返すことで、リズム感を養うことができるのです。
 
 
そうやって身体がだんだん温まってきたら、身体を大きく動かしながらストレッチをします。
 
 
前屈したり、開脚したりして、全身のスジを伸ばしていきます。
 
 
この①と②だけで、15分ぐらいは使うのが普通です。
 
その後、③の振り付けで曲にピッタリ合った1分~2分ぐらいの動きを練習します。
 
 
 

イッサ先生のウォーミングアップ

いつもの慣れたはずのウォーミングアップも、先生と音楽が違うとまったく違った雰囲気になります。
 
 
イッサ先生のウォーミングアップは、なぜかすごくカッコ良く見えました。
 
 
まず、音楽が力強いビートを刻むので、それだけでテンションが上がります。
 
 
さらに、その力強いイメージに合う動きをイッサ先生がするのです。
 
 
これまでのジャズダンスの先生の動きは、手の指先1本1本までしっかりコントロールして、しなやかに美しく見せる感じでした。
 
 
対してイッサ先生の動きは、手先はダランと脱力した状態で、主に肩を激しく動かしてリズムを刻む感じの動きです。
 
 
 

ちょっとした動きがカッコいい

イッサ先生のお手本は、本当にちょっとした動きでもカッコ良く見えました。
 
 
ただ肩を動かしているだけなのに、めちゃくちゃカッコよく見えるのです。
 
 
同じようにマネしようと思っても、鏡に映った自分の姿はまったく違って見えます。
 
 

「型」のない世界

これは後から知ったのですが、ストリートダンスには決まった「型」がありません。
 
 
「こうしなければダメ」
 
 
「これが正しい」
 
 
という型が決められているわけではなく、
 
 
「カッコ良く見えたら、それでいい」
 
 
という考え方なのです。それが、自由を重んじる文化から生まれたストリートダンスの価値観です。
 
 
イッサ先生は、この自由さとカッコ良さを全身で表現しているように見えました。
 
 
 

衝撃の振り付け

ウォーミングアップが終わると、イッサ先生の振り付けタイムが始まりました。
 
 
振り付けたタイムは音楽を使わずに、ゆっくり動きながら先生がお手本を見せて、僕ら生徒たちはそれをマネします。
 
 
ふつうは、先生が「ワン、ツー、スリー、フォー、」と大きな声でカウントを数えながら教えるのですが、イッサ先生はひと言も声を出しません。
 
 
ただ、無言でゆっくり動くだけです。
 
 
イッサ先生振り付けを見て、これまでとはまったく違った動きに僕は驚きました。
 
 
1つ1つのポーズがカッコいいのです!
 
 
「こんな動き、見たことない!」
 
 
というような動きをイッサ先生がしていきます。
 
 
僕らはそれに合わせてマネして動きます。
 
 
僕がこれまで学んできた武道の型とも違います。
 
 
ジャズダンスの型とも違います。
 
 
言葉で言い表せないほど、力強くて非日常的でカッコいい動きなのです。
 
 
人間の身体は同じ形をしているのに、取るポーズや動きの違いによって、こんなに見た目の印象が変わるのか!
 
 
と改めて思いました。
 
 
今まで一度もしたことがないポーズなので、めちゃくちゃ難しく感じます。
 
 
イッサ先生のマネをしても、鏡に映った自分の姿はまったく違って見えます。カッコ悪いです。
 
 
何が違うんだ?
 
 
そう感じながら、必死でついていきました。
 
 
身体の動きひとつで、こんなに印象を変えられるとは・・・ダンスって何て奥が深いんだ!と僕は衝撃を受けました。
 
 
・・・つづく。
 
 
————————————–
 
 

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナー(無料)はこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナー(無料)はこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓