From  師範代Shinya(新村真也)
 
以前、「瞬間英作文トレーニング14日間セミナー」を作ってみたところ、とても好評をいただきました。
 
動画で瞬間英作文セミナーを受けられるコースです。
 
 
受講者の方々から、「定期コース化して欲しいです!」という声をいただいていたので、今回、リリースに踏み切りました。
 
 

「しゃべり」に最も効果的なトレーニング

瞬間英作文トレーニングは、中学レベルのシンプルな構文を使った英文を、何度も声に出してしゃべっていくトレーニング法です。
 
 
・「いざしゃべろうとすると、なかなか英語が口から出てこない」
 
 
・「TOEICの点数はそこそこ取れるけど、しゃべりとなるとさっぱり・・・」
 
 
といった悩みには、瞬間英作文トレーニングが一番効きます。
 
 
 

ボクシングに例えると・・・

英会話をボクシングに例えると、ネイティブとの会話は「試合」です。
 
 
試合では、「攻撃」と「防御」を、同時に行わなければなりません。
 
 
相手の攻撃を避けつつ、自分もパンチを繰り出して当てなければならないのです。
 
 
英会話では、相手のしゃべる内容をリスニング(防御)しながら、自分もしゃべらなければ(攻撃)なりません。
 
 
攻撃と防御を同時にできるようになるには、かなりの訓練が必要になります。試合だけ何度も繰り返していても、なかなか強くなれません。
 
 
まだしっかり正しいスキルを身につける前に強い相手と試合しても、手も足も出せないままノックアウトされてしまいます。(まさに昔の僕がそうでした)
 
 
試合で正しいフォームのパンチがとっさに打てるようになるためには、まずは「サンドバッグ打ち」の練習が必要です。
 
 
生身の人間相手の試合と違って、サンドバッグは打ち返してきません。
 
 
ひたすらこちらのパンチを受けてくれます。なので、僕らはパンチを打ち込む練習だけに専念することができます。
 
 
「瞬間英作文トレーニング」は、まさにこのサンドバッグ打ちと同じです。
 
 
正しいフォーム(文型)で、何度も声に出して英文を作っていくのです。
 
 

繰り返しの力

最初は誰でも、「ゆっくりな上にフォームが間違っている状態」から始まります。
 
 
でも、繰り返すたびにだんだんフォームが正確になっていき、無駄な力が抜けてきて、スピードも上がってきます。
 
 
「速く正確にパンチを打てる状態」になると、いざという時に無意識レベルで身体が動いて強烈なパンチが放てるようになります。
 
 
そうなった時、初めて「対人試合」の準備が整ったことになるのです。
 
 
自分が打つパンチを無意識レベルで打てるようになれば、相手の攻撃をかわしつつ、自分のパンチを正確に相手の急所に当てることができます。
 
 
英会話も同じです。自分が無意識レベルで英作文ができるようになれば、リスニングをしながら自分の言葉でしゃべることができるようになります。
 
 
その状態になるためには、「繰り返す」ことです。繰り返しこそが、技を「無意識ゾーン」にまで高める唯一の方法です。
 
 
 

やればやるほどラクになる!

何度もサンドバッグに向かって打ったパンチは、どんどん威力が増す一方で、どんどんラクになっていきます。
 
 
慣れない最初の頃は、どうしても全身に力が入ってしまってエネルギーロスが多くなりがちです。
 
 
でも、繰り返すうちに慣れてくると、だんだん「力の抜きどころ」が分かってきます。
 
 
ボクシングの達人は、必要な時以外は身体にほとんど力が入っていません。
 
 
リラックスした状態で軽やかに動き、必要な時にパワーを爆発させて、「会心の一撃」をズバッと相手の急所に打ち込むのです。
 
 
英会話も同じです。「文章を組み立てながらしゃべる」ことがラクになればなるほど、リスニングに集中力を注ぐことができます。
 
 
その結果、ますます高度な会話ができるようになっていくのです。
 
 
 

瞬間英作文トレーニングをもっと広めたい!

そんな超効果的なトレーニングにも関わらず、瞬間英作文トレーニングは、まだまだ認知度が高いとは言えません。
 
 
英語学習者の多くは「英会話(試合)」にばかり気を取られて、その前にある「サンドバッグ打ち(瞬間英作文トレーニング)」をしていません。
 
 
これでは、何年続けても効果が出ないどころか、試合で受けたダメージ(できなかった感)だけが蓄積されていきます。
 
 
僕は、もっと瞬間英作文トレーニングをする人が日本に増えたら、もっと英語を流ちょうにしゃべれる人が増えると思います。
 
 
僕自身、瞬間英作文トレーニングを通して、英会話の即答力を上げることができました。
 
 
その結果、ネイティブと深い話題で盛り上がったり、外国人と日本人が集まる異文化交流パーティーなどでも、目立って注目を浴びるようになりました。
 
 
僕の留学経験がたったの3ヶ月だと伝えると、ほとんどのネイティブや日本人は、ビックリします。
 
 
でも、僕の今の発話力のほとんどは、瞬間英作文トレーニングで培ったものです。
 
 
「ひらすら繰り返す」という地味な作業ではありますが、決して「退屈な作業」ではありません。
 
 
なぜなら、毎日確実に「上達実感」が味わえるからです。
 
 
もし、あなたがまだ瞬間英作文トレーニングをやったことがなければ、「瞬間英作文トレーニング14日間セミナー」から試してみてください。
 
 
きっと、楽しめるはずです。
 
 
↓↓↓
 
 
 
—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ