From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回の続き)
 
妻のSayaが音読トレーニングを始めて1ヶ月ほどたった頃のこと。
 
 
新作映画「ターミネーター ニューフェイト」を一緒に映画館に見に行くことになりました。
 
 
Sayaは今まで一度もターミネータシリーズを見たことのないので、事前に背景知識を入れてもらうことにしました。
 
 
ターミネーター1のストーリーを僕が口で説明して、次にアマゾンプライムで無料で見れるターミネーター2を、家で一緒に見てから、映画館に行くことにしました。
 
 
 

映画のセリフ聞き取り事件

家で夕飯を食べながらリラックスした雰囲気で見始めたターミネーター2。
 
 
事件はその時、起こりました。
 
 
僕らは日本語字幕版のターミネーター2を見ていました。
 
 
Sayaはアクション映画の中で人がケガしたり死んだりするシーンが苦手なので、気を紛らわすために、ある「遊び」を始めました。
 
 
それは、「映画の中のセリフを耳コピーでリピーティングする」というワークです。
 
 
最初は、「Hi!」とか、「Really?」みたいな短いセリフをリピーティングしていました。
 
 
僕は内心、(音読トレーニングを始めて1ヶ月では、さすがに映画のセリフの聞き取りはムリだよ)と思いながらも、Sayaの遊び心を潰さないために、何も言わずにいました。
 
 
しばらくしてから急に、Sayaが長めのセリフをリピーティングしました。
 
 
映画のセリフ:「〇〇〇〇」 (※正確な内容は忘れました)
 
 
Saya:「〇〇〇〇」
 
 
僕:「え?今何て言った?」
 
 
Saya:「〇〇〇〇」
 
 
僕:「えーーー!!合ってる!!」
 
 
ビックリしました。
 
 
でも、さすがにまぐれだろう?と思っていたら、しばらくしてまたSayaがリピーティングしました。
 
 
映画のセリフ:「△△△△」
 
 
Saya:「△△△△」
 
 
僕:「え?また合ってる!!スゲー!!」
 
 
すっかり気をよくしたSayaは、ますます映画のセリフに集中するようになり、次々と聞き取ってリピーティングしていきました。
 
 
な・・・なんということだ・・・
 
 
僕はあまりの驚きに、愕然としました。
 
 
 

映画のセリフの聞き取りの難しさ

これは英語上級者ほど共感していただけると思いますが、映画のセリフを聞き取るのは、かなり難易度が高いです。
 
 
その理由は、映画のセリフとテキストで学ぶ英語ではだいぶ大きな違いがあるからです。その違いとは、
 
 
①「マジで」「ヤバい」などのスラング(俗語)が連発する
 
 
②発音の種類がテキスト英語と違う。映画のセリフはネイティブの日常の「いいかげん発音」を再現しているので、ハッキリしゃべってくれない。
 
 
というものです。
 
 
僕自身、映画のセリフが聞き取れた!と感じるようになってきたのは、TOEICでAランク(860点以上)になった頃でした。
 
 
さらに言えば、初見の映画(背景知識ゼロの映画)を、まったく字幕を見ずに音だけで聞き取ってストーリーを楽しむことは、TOEIC975点&英検1級を取得した今でも、まだできません。
 
 
そのぐらい映画のセリフの聞き取りは難易度が高いのです。
 
 
大好きなターミネーター2に関しては、僕はこれまで字幕版&日本語吹き替え版合わせて10回以上見ているので、セリフの8割は聞き取れます。(それでも8割程度です)
 
 
なのに、今回この映画を初見のSayaが、いきなりセリフを聞き取ってリピーティングして来たのには、本当にビックリしました!
 
 
Sayaは3~5分に1回ぐらいのペースで、1つずつセリフを聞き取ってリピーティングしてきました。
 
 
そのどれもが正確です。
 
 
な・・・なぜ???
 
 
僕のこれまでの「実験サンプルデータ」にはない現象を目の当たりにして、僕は興味がわいてきました。
 
 
 

映画館でも!

同じことが、映画館でも起こりました。
 
 
ターミネーター2の続編の「ニューフェイト」を映画館で見ている最中にも、Sayaはセリフを聞き取れるたびに、僕の耳元でささやき声でリピーティングしてきました。
 
 
僕は面白くなってしまい、映画に集中できなくなる程でした。
 
 
さすがに映画館内では家ほど気楽にリピーティングできませんが、それでも聞き取れ具合はおそらく家で見たターミネーター2と同じぐらいだったようです。
 
 
僕は、このまさかの展開に、とても興味を引かれました。
 
 
音読トレーニングを始めてわずか1ヶ月でこんなに効果が出ることは、僕の経験上ではあり得ません。
 
 
でも、今回の出来事には、リスニングが伸び悩んでいる英語学習者にとって救いになる秘訣が隠されているかもしれません。
 
 
そこで僕は、Sayaの英語力のバックグラウンドを深く研究してみることにしました。
 
 
・・・つづく。
 
 
※ちなみに、新作の「ターミネーター・ニューフェイト」は、ネット上のレビューでは否定的な意見が多い印象ですが、僕はとても気に入りました。映画館で見る価値のある映画だと感じました。
 
 
映画のストーリーの感想に関しては、時代の流れに合わせた「西洋文化の価値観の変化」が反映されていて面白かったので、また別の記事でご紹介します。
 
※出版記念として全国で期間限定セミナーを開催します。情報はこちらをクリック
 
————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「ハイブリッド型英語トレーニング動画セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

※師範代Shinyaの本:「やり直し英語革命」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ