【英会話で思ったようにしゃべれない!そんな時の自主練用スマホアプリ:Speak Now④僕がフルパワーで音読した例文の添削結果】

from 師範代Shinya

(→前回のつづき)(→この記事のシリーズを1話目から読む

※英会話の前練習として使えるスマホアプリ「Speak Now」のレビューの続きです。

前回の記事では、サヤが「フリーレコード」モードにトライしてみた体験談をお伝えしました。

今回は、僕が「音読モード」にトライしてみた体験談をお伝えします。

僕が音読素材として選んだのは、 比較的短い例文です。

レベルは1で、トピックは「ジェンダー(社会的な役割上の性差)」にしてみました。

短い例文の場合、先生からのフィードバックはどのあたりになるのか?

それを知るためです。

サヤの時には、こちらの録音を30秒フルに使い切りましたが、先生の30秒フィードバックがどこにフォーカスされるか予想できません。

短い例文なら、フィードバックが来る範囲が限定されるので、予測が立てやすい気がします。

あえてフルパワー

最初はわざと日本人発音ぽい場所を作って録音して、そこを指摘されるかどうか試そうかと思いました。

でも、それだとわざとらしくなるような気がします。

ここはあえてフルパワーで発音したものを録音してみて、どんなフィードバックが返ってくるのか?

を見てみることにしました。

今回僕が音読した例文は、これです。

↓↓↓

No country in the world can yet to say that they have achiedved gender eauality.

(世界のどの国も、男女の平等性を実現しているとはまだ言えない。)

この例文は短めで、お手本音声もゆっくり目の発音でした。

お手本音声は、女性の声がホールの中で響いているような感じでした。

おそらくこれは、ナレーターがスタジオで吹き込んだものではなく、実際の大ホールでの生のスピーチの場面から切り取ったものだと思われます。

発音の種類は、おそらくイギリス発音です。

観客1人ひとりに語りかけるように話しているので、かなりゆっくりスピードで、言葉の1つ1つに魂がこもっている感じでした。

僕もそれをマネして、1つ1つの英単語をかなり丁寧にしっかり発音して録音してみました。

口慣らしとして2~3回ぐらい連続で音読した後に、録音も2~3回やってみて、一番スムーズに舌が回った回を送信してみました。

先生からのフィードバック

半日後ぐらいに、先生からのフィードバック音声が届きました。

フィードバックを聞くときには、けっこうワクワク&ドキドキします。

今回、僕の添削を担当してくれた先生は、アメリカ人女性でした。

内容は、こんな感じでした。
↓↓↓

①良い点

「多くの人にとって難しい、world の発音がとてもキレイに発音できていますね!素晴らしい!」

②改善点

「they の場所を、もっと強く発音して強調すると、よりネイティブっぽくなります。ネイティブは、反論や議論をする時に、よく主語の部分を強く発音して強調する手法を使います。」

「アメリカ発音では、yet を言わずに発音することが多いです。No country in the world can say that they have achiedved gender eauality.という感じです。」

以上のフィードバック内容でした。

僕の感想

実際にフィードバックを聞いてみて感じた僕の感想は、「30秒でも思った以上に濃い内容が返ってくる」ということです。

今回僕は、モデル発音をできるだけマネしました。

でも、確かに後から聞き返してみると、モデル音声の女性も they の場所を強く発音していました。

でも僕は、自分が聞いたときにはそこに気付きませんでした。

言われてみて、「あっ!確かに!」と思いました。

また、テキストにない情報を教えてもらえたのは、嬉しいポイントでした。

音読だからすでにモデル文章があるわけで、モデル文章はネイティブの話す英語だから、これ以上改善の余地はないと思っていたら、まさかの「アメリカ英語バージョン」での解説が返ってきました。

アメリカ発音ではこの文脈で yet to を省く傾向があることは知らなかったので、「なるほど!」と思いました。

ぶっちゃけ、自分が話すときに今回のようなyetの使い方はしづらいなぁ~と思っていたので、これを聞いて安心しました。

 

短い方がお得感

今回やってみて思ったのは、例文は短い方がお得感があるということです。

例文は長くても短くても、先生のフィードバックは30秒です。

同じ時間なら、短い例文の中で色々教えてもらった方が、学びは濃くなる気がします。

たとえば、自分が苦手で言いづらい発音の一節だけを録音すれば、そこに関して濃いフィードバックが返ってくる確率が高いです。

逆に、自分が得意で言いやすい一節を録音して、「これ以上の改善の余地があるのか?」と思うようなレベルまで高めた例文を送れば、今回のように「自分では気付けなかった見落としポイント」や、「例文以外の言い回し」も教えてもらえるかもしれません。

次回は、最後の「質疑応答」を試してみた結果をお伝えします。

 

・・・つづく。(→この記事のシリーズを1話目から読む

 

※Speak Now のダウンロードページはこちら
↓↓↓

https://bit.ly/3vh7e7A

※クーポンコード: EITATSU

上記のクーポンコードを打ち込むと、月額コースを1年間、ずっと5%割引で受けられます。

 

※入会方法や登録などで分からない部分があった場合、アプリ制作会社のLINE窓口でサポートが受けられます。

LINE登録はこちらをクリック

LINE友達登録をした後に、「師範代Shinyaさんの記事を見て入会希望です」と書いてメッセージをお送りください。

メールアドレスの登録方法や、クーポン割引適用済みの決済リンク発行など、入会までの手厚いサポートをしてもらえます。

※補足情報
 ↓↓↓

◆月の途中からの入会の場合:日割り計算での入会
その月が残り10日の場合は料金が3分の1、チケット枚数も3分の1でご案内。

◆長期割引(6カ月毎・12か月毎)
(Basic/Basic+/Goldプラン)

※長期の割引率(上乗せ)

◆6か月毎プラン(5%OFF→師範代Shinya経由の場合10%OFF)

◆1年毎プラン(10%OFF→師範代Shinya経由の場合15%OFF)

————————————–

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください