From  師範代Shinya(新村真也)

(※僕がカナダで一人旅していた頃の体験談です)

(→前回のつづき)

 

それは、僕が日曜日に家の前の大通りを歩いていたときのこと。

 

この道路は、日本で言えば国道1号線みたいな感じです。

 

片側3車線あって、クルマの交通量も多いです。

 

その通り沿いを歩いていたら、ふと1階建ての平屋が売りに出されているのが目にとまりました。

 

この間、ジョンと一緒に売り家の見学に行って以来、僕の目はすっかり売り家に反応するようになっていました。

 

この道も今まで何度も通っているはずなのですが、今回初めてこの家が売られていることに気づきました。

 

広くて立地もバツグン!

ここからバンクーバーのダウンタウンまでは、バスで15分くらいで行けます。立地はバツグンです!

 

広い庭が付いているのも見えました。

 

1階建てとはいえ、かなり面積があるので、子連れ一家で住んでも十分な余裕がありそうです。

 

外観は多少ボロい感じですが、僕としては悪くない感じでした。

 

唯一の欠点としては、このデカい通り沿いにあると、クルマのエンジン音がうるさいかも、ということです。

実際に家の中に入ってみないと分かりませんが、けっこう騒がしいのかもしれません。

 

それでも、電車の線路沿いよりはマシなのでは?

 

と思います。

 

衝撃の価格!!

「こんな家に住んでみたいなぁ~」

 

そう思いながら価格表を見て、目を疑いました。

 

え??

 

「30,000ドル」

 

日本円にすると・・・300万円。

 

え??ウソ!

 

そんなわけない!これは家だぞ!クルマじゃないんだ!

 

えーと、一、十、百、千、万・・・間違いない!3万ドルだ!

 

え?ってことは、やっぱり300万円なのか?

 

この家が300万円!!

 

安い!!

 

これなら、マジで俺にも買えるレベルじゃん!

 

欲しい!!

 

でも、何かウラがあるに違いない!

 

そう思って、帰ったらジョンに聞いてみることにしました。

 

ジョンの推測

興奮気味に家に買った僕は、ジョンに報告しました。

 

僕:「さっき、そこの大通り沿いに1階建ての3万ドルの家を見つけたんだけど、あれって本当なんですかね?」

 

ジョン:「ほぅ!3万ドルか!それは安いね。」

 

僕:「日本だったら、クルマを買う感覚の金額だから、ちょっとビックリしちゃって・・・あれって、何かウラがあるんでしょうか?」

 

ジョン:「そうだね、安くなっているのには、それなりの理由があるとは思うけど。」

 

僕:「ちなみに、日本だと住宅の値段だけ表示して、土地代は込みじゃないなんてこともあるんですが、ここカナダではどうなんですか?」

 

ジョン:「たぶん、それは土地代も入っていると思うよ。もうその場所に家が建ってるんでしょ?」

 

僕:「はい。建ってました。」

 

ジョン:「そしたら、土地まで含めての値段だと思うよ。」

 

僕:「やはり!でも、安過ぎませんか?」

 

ジョン:「でもまあ、1階建てで大通り沿いなんでしょ?けっこうクルマのエンジン音がうるさいと思うし、築年数も古ければ3万ドルくらいにしないと売れないのかもね。」

 

僕:「それにしても、土地付きの家が3万ドルとは!僕には信じられなくて・・・」

 

そもそもの基準

ジョン:「こないだ一緒に見に行った家が150万ドル(1,500万円)だったでしょ?

 

もうちょっと頑張れば、あのレベルの家が手に入ると思うと、この3万ドルはリアルな数字かもしれないよ。

(そうか・・・ここでは、そもそもの基準が日本とは違うのか!家よりも土地の方が高い日本とは、住宅の価格設定の基準が違うのか!)

 

僕:「たしかに!こないだ見た家は、ダウンタウンまでの距離がそんなに変わらなくて、閑静な住宅街でしかも3階建てだから、子供がいるファミリーならあっちを選ぶでしょうね。」

 

ジョン:「うん。それに、買い手がなかなか付かないと、売り手は焦って値段を下げるからね。ちょうどそのタイミングなのかも。」

 

僕:「売り手は、前にその家に住んでいた人なんですよね?」

 

ジョン:「そうだよ。」

 

僕:「ということは、売値を決めるのはプロではなく、素人だと。」

 

ジョン:「うん。そうだね。」

 

僕:「ってことは、焦って市場価格よりもかなり安くし過ぎることもあるわけですね?」

 

ジョン:「そうだね。まあ、ある程度は不動産仲介業者がアドバイスするだろうけど。」

 

家のハードル

僕はこのとき、人生で初めて「家を買うこと」を現実的に意識しました。

 

日本でバリバリローンを組んで家を買うのは何となく想像しづらいのですが、ここカナダなら、ローンなんて組まなくても、現金一括で家を買うこともできるかもしれません。

 

カナダがこういう状態だということは、きっとアメリカも似たようなものでしょう。

 

この頃はまだ、リーマンショックが起こる前だったので、アメリカの低所得者層が「住宅を買う」という選択肢を持ち始めた時期だったのかもしれません。

 

こうしてブログを書いている今は、もっと価格が上がっているかもしれませんが、あの時の衝撃は今でも忘れません。

 

カナダの面積は、日本の26倍です。

 

人口は、日本が1億3,000万人。カナダは2016年時点で3,500万人です。

 

土地の広さが住宅の価格に大きく影響しているのかもしれません。

 

日本の常識は、海外の常識とは大きく違うことを、僕はこの時に強く感じました。

 

・・・つづく。

 

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ