From  師範代Shinya(新村真也)

最近、おもしろい本を読みました。

 

経営コンサルタントの大前研一さんの書かれた本です。タイトルは、

 

「知的武装 金言集」

知的武装 金言集Part.II

(↑クリックすると、アマゾンの販売ページに行けます)

 

知的武装・・・ナイスなネーミングですね!

 

この本の中では、大前氏がこれからの日本の未来を予測しています。

 

そして、その未来の中で生き抜いていくために必要な「3つのスキル」を紹介しています。

 

①IT

②英語

③財務

 

この3つのスキルが、今後の時代で価値を持つと言われているそうです。

 

①のITは、

 

Information(情報)

Technology(技術)

 

の略で、インターネットを中心とした情報情報伝達技術です。

 

③の財務は、「お金に関する知性」です。英語では、

 

Financial Intelligence

(ファイナンシャル・インテリジェンス)

 

と表現したりします。

 

日本は特に、学校でお金に関する教育をほとんどしません。

 

社会人になってからも、ファイナンシャル・インテリジェンスが高い人に出会うことはほとんどないので、自分で意識的に学ばなければ身につきません。

 

今回は、②の英語にフォーカスしてご紹介してきます。

 

日本が抱える問題点

大前氏はこの本の中で、

 

「日本のGDP(国内総生産)が急落している最大の要因は、英語力だ!」

 

と言い切っています。

 

英語が話せない日本人は、世界の企業から見るとコミュニケーションが取りづらく、人件費ばかりが高いイメージがあるようです。

 

アジアの国々の中でも、英語を公用語にしている国は、経済力も伸びています。

 

(以下、抜粋)

「シンガポールや香港の国民ひとりあたりの賃金が飛び抜けて高いのは、英語が公用語として通じるからである。

 

今後、日本が世界の市場で生き残っていくためには、英語力は必要最低限のスキルである!」

 

英語の習得の順番

大前氏は、この本の中で、英語の習得方法についても触れています。大前氏の考える、語学を身につけるための正しい順番は、

 

聞く

話す

読む

書く

 

です。これは、赤ちゃんが言葉を覚える流れと同じです。

 

生まれてからすぐに、お母さんや周りの人たちが赤ちゃんに話しかけまくります。

 

赤ちゃんは、周りの大人たちの声を聞きます。

 

そして、ある時、マネしてしゃべるようになります。大人の言ったセリフを赤ちゃんがリピートすると、すごく褒められます。

 

それがうれしくて、またしゃべります。

 

そのうち、親が絵本を開きながら読み聞かせるようになります。子供は、文字の読み方を覚えていきます。

 

そして最後に、自分で文字が書けるように練習します。

 

ところが日本の学校教育では、最初に読み書きから入ってしまいます。だから学び方に無理が生じて、しっかり身につきません。

 

音読トレーニングも同じ

この順番は、僕が主催する英語スクール「英語の達人養成ジム」のレッスンの流れと同じです。

 

①最初にCDを聞く。(リスニング)

 

②次に細かい発音チェックをしながら声に出す。(話す)

 

③CDに合わせて、マネしながら何度も声に出す。(話す)

 

④英単語や文章全体の意味を取る。(読む)

 

この順番でやると、英語がスーッと身体の中に入ってくるのを感じます。

 

僕自身、11年前からこの方法でトレーニングを続けています。

 

英語ができないことは罪?!

大前氏はこの本の中で、かなり大胆な発言をしています。

 

(以下抜粋)

英語が世界の標準語になった現在、これ以上日本の英語熱が冷え込んで、英語力が低下することは、国家的損失につながる。

 

国家的損失!!ものすごい表現ですね(笑)

 

でも、そのくらい「英語は大事だ!」って言いたいんだと思います。

 

また、今後の可能性については、ITの項目とからめて、こんなことを言っています。

 

(以下抜粋)

電話線が一本あって英語が話せれば、世界を相手にビジネスができるのが、インターネット時代の特徴だ。

 

だから、成長している国は例外なく、ITと英語教育に力を入れている。

 

プライベートも充実

この本はビジネス書なので、ほとんどが仕事の話で埋め尽くされています。

 

でも、最後の方にちょこっと仕事以外のシーンでの英語のメリットも書いてあります。

 

(以下抜粋)

英語ができれば、付き合いの幅も、行動範囲も確実に広がる。老後はもちろん、海外に気軽に足を伸ばすことにより、オフタイムも充実させることができる。

 

モチベーションアップに

この本には、

 

「英語ができるとこんな良いことがあるよ!」

 

「英語ができないと、こんな怖い未来が待っているよ!」

 

といった言葉があふれています。

 

3種の神器のひとつなので、英語に関するページだけで、本全体の3分の1くらい割かれています。

 

あなたもこれを読むことで、英語学習に対するモチベーションが上がるかもしれないと思い、内容の一部をシェアしてみました。

 

批判的な声

これは英語学習に限らずですが、何か新しいことを始めてしばらくたつと、必ず外部から批判的な声が聞こえるようになります。

 

「英語なんて、日常生活の役に立たない。」

 

「英語なんてできても、収入は上がらない。」

 

「英語なんてできなくたって、生きていける。」

 

そんな声が聞こえてくることがあります。(そういう声を上げる人はたいてい、自分は英語を満足にしゃべれなかったり、本気で英語学習をした経験がありません)

 

そんな外野の声が聞こえてきたとき、この本を読んで、

 

「英語を学ぶことは、国家的損失を食い止めることなのだ!」

 

と心の中で叫べば、きっとモチベーションを取り戻せることでしょう。

—————————————

※「たった2時間で英語耳になる!ライブ体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ