From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
僕が最近ゲットして「これは良い!」と思った中国製激安MP3プレーヤーの徹底レビューの続きです。
 
 
前回の記事では、「スピードコントロール機能」と、「一時停止するとちょっと戻ってくれる機能」が、語学学習専用機として最高!だということをお伝えしました。
 
 
加えて僕が良いと思ったのは、「パソコン操作が苦手な人向けの便利機能」です。
 
 
このMP3プレーヤーには、イヤホンジャックが2つ付いています。
 
 
このダブルジャックの使い道は2つあります。
 
 
使い方①イヤホンを2つ差し込んで、2人で同時に聞く。
 
 
使い方②片方をジャックでCDプレーヤーとつないでダイレクトに録音しながら、もう片方はイヤホンとつないで録音レベルをチェックする。
 
 
①も②も、どっちも便利そうです。
 
 
特に、②のダイレクト録音は、パソコン操作が苦手な人には向いています。
 
 
自分が持ち歩きたいユニットの音声だけをCDプレーヤーからダイレクトに録音した方が、作業が早く済むこともあるからです。
 
 
2~3曲分を取り込むためだけに、わざわざパソコンを起動させて、CDのデータを読み込んで、アプリのライブラリに加えて、ウォークマンをつないで、データを転送して・・・
 
 
なんてやっていたら、かなりの時間と労力がかかります。
 
 
でも、ダイレクト録音機能を使えば、そういった面倒から開放されます。
 
 
もちろん、デメリットはあります。
 
 
たとえば、パソコンを使ってデータで取り込んだ場合に比べると、当然音質は落ちます。
 
 
また、もしCDの中身を全部録音しようと思ったら、ずーっとCDをかけっぱなしにしなければなりません。全部終わるまでには、かなり時間がかかってしまうでしょう。
 
 
ただ、
 
 
「今音読トレーニングをしているユニットの音声だけをプレーヤーに入れて持ち歩きたい」
 
 
という場合には、最高の機能だと思います。
 
 
 

ダイレクト録音の真のメリット

僕が考えるダイレクト録音の真のメリットは、「自分オリジナルの音声データが作れること」だと思います。
 
CDを途中で止めたりしながら手動録音できるので、途中でポーズを入れた音声データを作れます。
 
 
1文読み上げるごとにポーズを入れれば、「リピーティング用の教材」を自作することができるのです!
 
 
これは、かなり便利です。
 
 
一度作ってしまえば、後はこの自作音声データを流しっぱなしにするだけで、いちいち何度もボタンを押して止めることなく、リピーティングの練習が繰り返しできます。
 
 
これは、かなりストレスフリーです。
 
 

2台組み合わせたら最強!

僕自身はまだ試していないのですが、この中国版MP3プレーヤーを2台用意して組み合わせたら、最強だと思います。
 
 
2台のプレーヤーを繋げた後、1台でダイレクト録音をしながら、もう1台のプレーヤーで1文ごとに区切ってポーズを入れながら録音していきます。
 
 
このプレーヤーの最大の長所は、一時停止するたびに少し戻ってくれることです。
 
 
その長所を最大限に活かした音声データが自作できるでしょう。
 
 
また、片方でスピードコントロールをしながら遅いスピードや速いスピードで再生したものを、もう片方でダイレクト録音していけば、これもまたオリジナルの自作音声データが出来上がります。
 
 
可能性は無限大です!!
 
 
これまでは、カセットテープレコーダーでしかできなかった作業が、MP3プレーヤーでもできるようになったとは、驚きです!!
 
 
しかも、2本目のイヤホンジャックでモニターしながら録音できるのは最高です!!
 
 
#無敵ではない
 
とはいえ、中国版も無敵ではありません。当然、残念なポイントもあります。
 
 
次回は、この中国版を使う中で僕が感じた残念ポイントをお伝えします。
 
 
・・・つづく。
 
この記事の動画バージョンはこちら
↓↓↓
 
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ