From  師範代Shinya(新村真也)
 
(→前回のつづき)
 
 
僕が最近ゲットして「これは良い!」と思った中国製激安MP3プレーヤーをご紹介します。
 
 
これは、細かく見れば見るほど、明らかにソニーのウォークマンのSシリーズをマネして、さらに乗り越えようとしてきているのを感じます。
 
 
もちろん、原価コストを考えると、トータルで見れば音楽プレーヤーとしての完成度はウォークマンには及ばないことは想像がつきます。
 
 
でも、ウォークマンのSシリーズの語学学習機能の一部を削って作られたモデルと比べると、この中国製のプレーヤーには、「熱意」を感じます。
 
 

そっくりな外見

まず外見は、見事なまでにウォークマンのSシリーズをマネしています。
 
重ね合わせてみると、まったく同じサイズです。
 
測りに置いてみると・・・見事なまでに同じ49グラム!!
 
1グラムの狂いもなくマネしてきています(笑)
 
 
まさに、ウォークマンSシリーズの完全コピーと言えるでしょう。
 
 

あり余る機能

「無駄な物をそぎ落とす」コンセプトで、洗練されたクールなイメージを狙っている(であろう)最近のウォークマンと比べると、この中国製モデルは対照的です。
 
 
できる限りの機能を、てんこ盛りにして、これでもか!と作り込んできている感があります。
 
 
音楽プレーヤー以外の機能としては、
 
①万歩計
 
②ストップウォッチ
 
③電子書籍リーダー
 
④動画再生
 
⑤写真再生
 
⑥カレンダー
 
⑦アラーム
 
などなど、数え上げたらキリがありません。
 
 
でも、そんなことはどうでも良いのです!
 
 
肝心なのは、「語学学習モード」です。
 
 

スピードコントロール

まず、一番大事な機能、スピードコントロールです。ウォークマンSシリーズの現行モデルでは削られてしまったこの機能。
 
 
ここで「使える!」となれば、中国版はかなりのポイントアップです。
 
 
僕の見る限り、スピードコントロール機能は、完璧でした。
 
 
まず、遅くするモードで8段階あります。
 
 
そして、速くするモードで8段階あります。
 
 
トータル16段階です。細かすぎるぐらいです(笑)
 
 
ちなみに、僕の持っているウォークマンS14は、スピードは遅くするモードで3段階、速くするモードで3段階の、トータル6段階(100%も入れると7段階)です。
 
 
スピードを一番遅くすると、さすがに「音質」ではウォークマンに軍配が上がる感じです。
 
 
でも、音楽を聴くわけではないので、そこまで気にする必要はないかもしれません。
 
 

ウォークマンを超えた!!すごい「一時停止」機能!

そして、この中国版の機能の中で僕が一番スゴい!!と思ったところは、「一時停止機能」です。
 
 
ふつう、どんなMP3プレーヤーも、途中で一時停止すると、次の部分の頭が少し切れてしまいます。
 
 
たとえば、
 
 
I got a new jacket and jeans yesterday.
 
(私は昨日、新しいジャケットとジーンズを買った)
 
 
という文章を読み上げたとして、jacketのすぐ後で一時停止すると、次のandが消えて、jeans から始まります。
 
 
それをカバーする機能として、ウォークマンには、「3秒戻る機能」が付いていました。
 
 
ワンクリックで3秒戻れるので、切れた部分を聞けるのです。
 
 
ただ、ちょっと戻りすぎる感もありました。さっきのように、
 
 
I got a new jacket and jeans yesterday.
 
(私は昨日、新しいジャケットとジーンズを買った)
 
 
という文章を読み上げたとして、jacketのすぐ後で一時停止した後に「3秒戻るボタン」を押すと、ちょっと戻りすぎて、new jacket ~から始まります。
 
 
ちょっと「間延び感」があったのです。
 
 
ところが!!この中国版のプレーヤーは、そんなウォークマンの弱点を見事に解消してきました!!
 
 
一時停止するたびに、次の再生ポイントは0.5秒ぐらい戻って再生されるのです!!
 
 
この0.5秒というのがまた絶妙なのです!!
 
 
僕のこれまでの経験上、英単語の多くは、だいたい0.5秒ぐらいで発音されることが多いです。
 
 
なので、ちょうど良い場所から再スタートできるのです。
 
 
戻りすぎず、行き過ぎず。
 
絶妙なポイントから再生してくれます。
 
 
これには正直、驚きました!!
 
 
ビックリです!!
 
 
僕は、この一時停止機能があるだけでも、この中国版を買う価値があると感じます。
 
 
僕はサウンドチェックをしたり、リピーティングをしたりする時に、必ず一時停止ボタンを使います。
 
 
サウンドチェックでは、1フレーズずつ区切って、丁寧に発音をチェックします。
 
 
リピーティングでは、1フレーズずつ区切って、記憶を保持しながら読み上げるトレーニングをします。
 
 
どちらにしても、一時停止ボタンは最も使う機能なのです。
 
 
これがレベルアップしているのは、僕の中ではかなりのポイントアップです!!
 
 
・・・つづく。
 
今回の内容を動画にしました。
↓↓↓
 
—————————————

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ