from 師範代Shinya
 
(→前回のつづき)
 
 
前回の記事では、英会話上達のための2種類のトレーニングの詳しい解説をしました。
 
 
・リスニング=音読トレーニング
 
 
・スピーキング=瞬間英作文トレーニング
 
 
というのが、ざっくりした役割分担です。
 
 
ただし、この2つを始める前、もしくは同時進行でやっておく方が良いジャンルがあります。
 
 
それが、「文法学習」です。
 
 

バックグラウンドが最も影響するジャンル

 
文法は、大人のやり直し英語学習の中で「学生時代のバックグラウンド」が最も強く影響するジャンルです。
 
 
バックグラウンドは、これまでの英語学習の経験や思い出のことです。
 
 
①文法と聞いただけでアレルギー反応が出るほど、昔からキラいで苦い思い出があるパターン。
 
 
②得意ってほどではないけど、中学&高校とも、まあそれなりに平均レベルだった実感があるパターン。
 
 
③中学までは文法が得意で、高校になってついて行けなくなって挫折したパターン。
 
 
④中学、高校ともに文法が得意で、テストでも得点源だったパターン。
 
 
⑤中学でも高校でも文法はキラいだったけど、大学受験の時だけモーレツにガンバって暗記したパターン。
 
 
⑥好きとかキラいとかの感情も思い出せないほど、何も記憶が残っていないパターン。(形容詞、副詞って何だっけ?レベル)
 
 
という感じで、文法のバックグラウンドは人それぞれです。
 
 
(ちなみに僕は28才でやり直しを英語を始めた時には⑥の記憶ゼロパターンでした)
 
 
もし、中学までの文法の記憶が今でも脳内にしっかり残っている場合は、改めて文法学習をする必要はありません。
 
 
音読しながら忘れている部分が出てきたときに、思い出すためにネットで調べるぐらいで大丈夫です。
 
 
でも、もし以前の僕のように、「文法の知識なんて、今となってはほとんど忘れてしまっている・・・」という場合は、もう一度中学英文法の基礎から学び直す必要があります。
 
 
 

文法を知らないと、英語が「呪文」になる

 
文法学習には賛否両論あります。
 
 
「文法ばかりやっているから、日本人は英語が話せないんだ!」
 
 
「文法を知らずに英会話だけやっていても、ブロークンイングリッシュになってしまう」
 
 
などなど、議論は絶えません。
 
 
ただ、1つだけ言えることがあります。
 
 
文法を何も知らない状態で音読や瞬間英作文トレーニングをすると、英文が単なる「呪文」になります。
 
 
文章を「文字列」としてとらえて、文全体の発音だけ覚えるパターンです。
 
 
Can I have beer? (ビールをもらえますか?)
 
 
発音(呪文):キャナイハブビアー
 
 
みたいな感じです。
 
 
文法などは一切気にせず、とりあえず、
 
 
「キャナイハブビアー」という魔法の呪文を海外のレストランで唱えると、ビールが自分の目の前に出てくる・・・
 
 
ということだけ覚えておけばOKなのです。
 
 
この「呪文英会話」は、海外旅行では何とか切り抜けられることが多いです。
 
 
以前、NHKの「英語でしゃべらナイト」という番組で、面白い実験をしていました。
 
 
英語が苦手な日本人アナウンサーの男性が、事前に日本人の先生から「魔法の呪文」を教えてもらいます。
 
 
「揚げ豆腐」
 
 
という呪文です。
 
 
普通に日本語発音で、「あげどうふ」と言うだけで、英文として通用するそうです。
 
 
そして、この揚げ豆腐の呪文を使うべく、海外ロケ先でバスに乗ります。
 
 
降りたいバス停にバスが近づいた瞬間に、運転手さんに近づいて、
 
 
「揚げ豆腐!」
 
 
と言いました。
 
 
すると、なんと運転手さんは「OK!」と言って、バスを止め、降りるのを待ってくれたのです。
 
 
「おぉ!!呪文が通じた!」
 
 
ということで、実験成功!!
 
 
という企画でした。
 
 
他にも何パターンか呪文を覚えて、違うシーンで使っていました。
 
 
でも僕が最も記憶に残っているのが、この「揚げ豆腐」の呪文でした。
 
 
 

呪文は応用できない

 
ちなみに、この「揚げ豆腐」の呪文の正体は、
 
 
I’ll get off.
 
(私は降ります)
 
 
です。
 
 
しっかり発音したら、
 
 
アイル・ゲット・オフ
 
 
になりますが、アイルは弱く発音すると、
 
 
「ア~」ぐらいにしか聞こえません。
 
 
そして「ゲット・オフ」はつながるので、
 
 
「ゲドーフ」に近く聞こえます。
 
 
すると全文は、「ア~ゲードーフ」に聞こえるのです。
 
まさに「揚げ豆腐」です!
 
 
こういう「なじみのある日本語の発音」を応用した呪文英会話は、即効性があります。
 
 
とりあえず覚えてしまえば、すぐ使えます。
 
 
ただ、それはバチッとハマるシチュエーションでしか使えません。
 
 
呪文の一部を変えてフリートークへ応用することはできないのです。
 
 
文法をまったく意識していなければ、呪文のどこをどう変えていいか、分かりません。
 
 

文法抜きでは、音読も瞬間英作文も呪文になる

 
これとまったく同じことが、音読でも瞬間英作文でも起こります。
 
 
文法をまったく知らない状態で始めると、英文がただの呪文に聞こえてしまうのです。
 
 
先ほどの「揚げ豆腐」よりも長い呪文を覚えることになるだけで、応用力は身に付きません。
 
 
アルファベットが並んでいる英文を読み上げても、
 
 
「どの英単語が、どんな役割を果たしているのか?」
 
 
がまったく分からない状態で読み上げているだけでは、呪文の読み上げと変わらない状態です。
 
 
音読した英文を応用して、自分の言葉で話せるようになる日は来ません。
 
 
小さな子供だったら、呪文を唱えるうちに自然に応用できるようになるかもしれません。
 
 
でも、大人の僕らの脳は、小さな子供とは違います。
 
 
 
もちろん、何事も「絶対ムリ!」とは言い切れません。
 
 
中には大量に呪文を覚えるうちに、応用力まで身に付けてしまうケースもゼロではないでしょう。
 
 
でも、「英語でフリートークできる状態」を目標にした場合、大人が呪文の丸暗記をするのは、かなりの遠回りになる確率が高くなります。
 
 
だからこそ、文法知識は最初にある程度入れておく必要があるのです。
 
 
 
・・・つづく。
 
 
p.s.
 
 
 
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓