【2022年に英検&CASEC受験がオススメな3つの理由⑥】

 
from 師範代Shinya
 

(→前回のつづき)

今回の記事では、英検に続いてCASECのメリットについて深掘りしていきます。

CASECは、英語系テストの中では完全にオンラインに特化したテストです。

元々オンラインテストとして生まれたので、自宅のパソコンで受けることが前提になっています。

試験会場に移動することなく、自分の部屋で、1日24時間、好きな時に受けることができます。

この自由さが、CASECの最大の特徴です。

さらに、オンラインならではの仕組みを活かして、紙のテストにはない、ユニークな仕組みでテストが受けられます。

それは、

①1問ごとに制限時間がある

②正解率によって変わる難易度

③トータル試験時間が短い

です。

①1問ごとに制限時間がある

オンラインテストならではの特徴として、CASECでは、1問ごとに制限時間が設けられています。

1問ごとに画面上に出てくるタイマーがいっぱいになる前に解けばOKです。

今画面上に出ている問題を解いてからでないと、次の問題が見れない仕組みです。

これは、紙のテストでは実現できない時間制限システムです。

②正解率によって変わる難易度

もう一つの特徴として、CASECは正解率によって難易度が変わります。

たとえば、1番最初の問題に正解するかどうか?によって、次に出てくる問題の難易度が変わるのです。

たとえば、

1問目:レベル1→正解

↓↓↓

2問目:レベル2→正解

↓↓↓

3問目:レベル3→不正解

↓↓↓

4問目:レベル2に戻る→正解

↓↓↓

5問目:レベル3の問題→正解

↓↓↓

6問目:レベル4の問題

 

という感じで、今の問題に正解するかどうか?によって、次の問題のレベルが調整されます。

 

③トータル試験時間が短い

上記①&②を仕組みがあるおかげで、トータル試験時間が短くなります。

普通の紙のテストの場合、印刷されている問題すべてに解かないと、英語力が測れません。

中には、自分にとってカンタン過ぎる問題や、難しすぎて絶対解けない問題が含まれます。

特にTOEICテストの場合は、初級者~上級者まですべてのレベルの英語学習者が同じ問題を200問解く形式です。

トータル2時間の試験時間のうち、初級者が「これなら分かる!」と実感できる問題は1割に満たないぐらいでしょう。

その他9割は、分からない問題ばかりと向き合うことになり、苦痛の試験時間になります。

一方でCASECは、自分のレベルに合わせて次の問題がカスタマイズされるため、レベルのズレを感じづらくなっています。

自分が分からない問題を解く必要はありません。

カンタン過ぎてつまらない問題を解く必要もありません。

常に自分にとってちょうど良い負荷の問題が出てくるので、その分、トータル試験時間が短くて済みます。

CASECの試験時間は、平均40~50分で済むと言われています。

僕の過去の経験上だと、1問ごとに設けられた制限時間をいっぱいまで使わず、分かったらすぐ次!見直しせずにすぐ次!分からない問題は粘らずに、適当に答えてすぐ次!と進んでいくことで、トータル試験時間は30分程度まで短くすることもできました。

この辺りは個人の性格や、置かれた状況(絶対良い点を取らないとダメな時など)にもよりますが、早く進みたい人にとっては、さっさと終わらせられるのはメリットに感じると思います。

 

紙の試験戦略は使えない

紙の試験でよくある戦略として、

「分からない問題が出てきたら、とりあえず飛ばして、最後の問題まで行ってから、最後に余った時間でまた戻ってくる。」

というものがあります。

CASECの場合は、この戦略が使えません。

一度次の問題に進んだら、もうさっきの問題には戻れないからです。

そういう意味では、「受験のスキル」があまり使えないテストでもあります。

割り切って、「実力だけで勝負しよう!」という気分にさせられる仕組みが、オンラインテストならではの良い点かもしれません。

ちなみに、自宅で受けられるということは、「試験官の監視の目」がないことになります。

ということは、電子辞書やGoogle翻訳を使ってカンニングできるのでは?

と思いますよね。

でも、これが思ったより難しいのです。

次回は、CASECがカンニングしづらい理由についてお伝えします。

・・・つづく。

 

————————————–
 
 
 

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

やり直し英語達成道場 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

師範代Shinyaの書いた本

↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください