From  師範代Shinya(新村真也)

(→前回のつづき)

※スマホ1台で、いつでもどこでも20分で英語のスピーキング力を測れるテスト、VERSANT(バーサント)を「試験対策ゼロ」で初めて受けた体験談の続きです。

パートE:話の要約

このパートでは、まず最初に長めのストーリーを聞きます。(長さはだいたい30秒前後)

次に、そのストーリーの要約を30秒以内で話します。

ストーリーは3話出てくるので、同じ作業を3回繰り返します。ストーリーの内容は、日常的な出来事です。

同僚との昼休みの会話で、「今日、こんなことがあってさぁ~」という流れで話すような内容です。

ただ、僕が聞いた範囲内では、「第三者のストーリー」として語られていました。

つまり、「俺、今日さぁ~」という自分のストーリーではなく、「ロブは今日~しました」みたいな感じの物語口調です。

個人的には、これが一番難しいと感じました。というのも、僕はこういう作業をやったことがありません。

おそらく、テスト出題者側は、

「別の人から聞いた話を、目の前の人に伝える」

たとえば、誰かからロブの話を聞いたら、今度は別の人にロブの話を伝える、というシーンを想定しているんだと思います。

でも、これはあまり日常生活でもやったことがなかったので、苦労しました。

「要約という日本語訳に注意!」

バーサントのホームページの日本語では、「30秒間で要約する」と書いてあります。

この「要約」という言葉に僕はやられてしまいました。

要点をまとめて、できるだけ短く話せば、点数が高くなる!と思ってしまったのです。

そこで本番では、聞いた30秒ぐらいのストーリーを、10秒ぐらいにまとめて話して、後の20秒間はじっと待っていました。

ずいぶん待たされるなぁ・・・と思ってはいたのですが、後から解説の英語バージョンをよく見たら、

Try to retell as much of the story as you can.

(できるだけたくさんの内容を話してください)

と書いてありました。

えーーーー!!「要約」じゃないじゃん!!「再現」じゃん!!

そういえば、テスト本番の解説の時にも、as much as ~みたいをこと言っていたような気がします。(ボーッとしてあまり聞いていませんでしたが)

ここは、大きな落とし穴だと思いました。

パートEの対策

パートEで点数を取るためには、

・できるだけ詳細を話すこと

・できるだけ同じ英単語を使うこと

です。先ほどお伝えしたように、ストーリーの詳細が多ければ多いほど、点数はアップするようです。

たとえば、桃太郎の話を聞いた後に要約するとき、「犬、サル、キジを仲間にして・・・」というパートで、最後の「キジ」がうっかり抜けたら、おそらく減点になると思われます。

また、ストーリーの中で聞こえたのと「まったく同じ英単語」を盛り込むのがポイントのようです。

相手はAIなので、「言い換え」がどの程度理解されるかは未知数です。

「キジ」を「鳥」に言い換えたり、「犬、サル、キジ」を「動物たち」に言い換えた場合、正確に採点されない恐れがあります。

もし、すごい記憶力を持つ人がいて、ストーリーを完全に記憶して一字一句間違えずに再現できたら、満点が出るのかもしれません。

以上が、パートEの攻略法です。

僕は今回、初めて受けるにあたって、まったく対策をしなかったので、ここで大きく点数ダウンしたと思われます。

次回は、最後のパートFの体験談と対策法をお伝えします。

・・・つづく。

(実際に受けた時の動画はこちらです)

↓↓↓

————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ