From  師範代Shinya(新村真也)


(→前回のつづき)

僕がたまたま入ったラーメン屋で見つけた雑誌の中で紹介されていた、「英語学習法の本」は、当時の僕に大きな衝撃を与えました!

この2冊の本は、違う著者が書いて、コンセプトも全く違うものでしたが、ひとつの大きな「共通点」がありました。

それは、

「なぜ、大人の英語学習が失敗に終わるのか?」

がハッキリと書かれていた点です。

その理由は、大きくこの2つでした。

①大人になってから英語を始めようとする場合、「中学&高校の頃にやっていた方法」でまたやろうとする人が多い。でも、その方法で過去にうまくいかなかったのに、また同じことをしても、また挫折する確率が高い。

②それとは真逆の発想で、「文法なんて役に立たない!ひたすら実戦でネイティブと話してれば、自然に話せるようになる!」と、「会話」一本でやると、すぐに行き詰まる。そして、その先へは進めなくなる。

というものでした。

僕の場合は、完全に②の「ひたすら実戦パターン」でした。

そして、1年たって行き詰まりを感じていました。このまま同じことをもう1年間続けても、僕の英語力はほとんど変わらないであろうことは、目に見えていました。

英会話を始めたばかりの頃は、②のパターンの方が強力に思えました。でも、実際にやってみて、このパターンでたどり着ける場所の「限界」を知りました。

 

どこを目指すか?

ネイティブの友達を作って、休みの日に一緒に遊びに行くのがゴールなら、②の「ひたすら実戦パターン」でも問題ないと思います。そのまま適当なブロークンイングリッシュを使いながら、ノリで会話を切り抜けるやり方でも、それなりに楽しくやっていけます。

でも、僕は1年たった時点で、「欲」が出てきました。はじめの頃は、内容が浅くても「ネイティブと話しているだけ」で、自分に100%満足していました。たとえカタコトでも、

「英語で外国人と話しちゃってる俺、スゲー!!」

という感覚でした。この頃は、知り合いの外国人の数をどんどん増やしながら、人間関係を「横」に広げていくことが快感でした。

でもそのうち、「せっかく友達がたくさんできたのに、いつも表面的な浅い会話ばかりだ。彼らともっと深い会話がしたい!!もっと、仕事の話とか、日本と欧米文化の恋愛結婚観の違いとか、そういう部分で話したい!!」という欲求が出てきたのです。

この頃から、人間関係をもっと「たて」に深く掘り下げていきたいと願うようになりました。

そして、「せっかく英語やってるなら、TOEICとか英検とかのテストでも、いい点を取って、自分が情熱を注いできた英語力を数字で証明したい!」

という「欲」が出てきました。

ただ、それを達成するための「やり方」がわかりませんでした。

英語学習法は、ネットや本屋にあふれていましたが、「短期間でみるみる上達」とか、「聞き流しているだけで、いつの間にか話せるように!」とかいうキャッチコピーが多く、なんだか「うさん臭い」のです。

当時の僕に必要なのは、

「もっと現実的な方法」

「超具体的なやり方」

でした。

具体的に、どんなメニューを、週何回、どのくらいの長さでやれば、何年後にどのくらいのレベルに行けるのか?実際に社会人になってから英語を学んで成功した人たちは、どうやって身につけたのか?

その疑問に答えてくれる教材や本を探していました。

 

超具体的な方法

その点において、この「英語上達完全マップ」は、僕にピッタリの本でした。

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

(↑写真をクリックすると、アマゾンの販売ページへ行けます)

ここには、「学歴に関係なく、誰でも、いつからでもTOEIC900点レベルまで到達するための方法」が書かれていました。

しかも、内容は「超具体的」です。

そのメニューは、僕が昔学校で習った方法とはまったく違っていました。

英会話スクールでやっている内容ともまったく違っていました。

どんなメニューを、どの程度やればいいのかが、よく分かりました。教材として使う本のタイトルまで載っていました。そして、そのトレーニングを終えた人たちの実話が載っていました。

その実話は、決して「私も○○週間で英語ペラペラになりました!」といったうさん臭いものではなく、もっと現実的な「年単位」で英語を身につけた人たちの体験談でした。でもそこが、当時の僕にとって「これは信頼性がある!」と感じる元になりました。

 

僕の頭の中に見えてきた、「上達の流れ」

「英語上達完全マップ」を読み終わったとき、僕の頭の中には、完全に「どうすればいいか?」が見えていました。

そして、この方法でやれば、確実に上達できる!という確信が生まれました。

「この方法で、自分がどこまでいけるか試してみたい!!」

という、燃えるような気持ちがわき上がってきました!!

今までとはまったく違う、超現実的な方法で、一歩一歩進んでいく道が、僕の目の前に広がった気分でした。

 

・・・つづく。

—————————————

※師範代Shinyaの 「単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※師範代Shinyaの 「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)
(
英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ