2017年の2月も後半に入りました。あなたの新年の抱負は、どんな内容だったでしょうか?
 
「今年こそ、○○ができるようになるぞ!!」
 
と目標を立てて燃えるものの、気がついたら年末年始がやってくる・・・なんてこと、よくありますよね。
 
僕の尊敬するメンターに、「ルーク平野」さんという方がいます。
 
ルーク平野さんは、日本では珍しい「男女のパートナーシップ」の専門家です。
 
また、ご自身がサラリーマンから「パートナーシップを教えるセミナー講師」として独立起業して成功しているので、「個人が起業する方法」に関してもセミナーを開いています。
 
そのルーク平野さんから最近届いたメルマガ記事で、こんな内容のものがありました。
 
 
 

目標を達成する人と、目標を達成できない人のたったひとつの違い

 
※以下の文章は、引用です。
 
実は、目標を達成する人と達成できない人には、ある大きな違いがあります。
 
その違いとは何でしょうか?
 
それは、その目標に対してリアリティーがあるか、ないかです。
 
目標を実現することにリアリティーがある人は、目標を達成します。
 
しかし、リアリティーがない人は、目標を達成するのは難しいでしょう。
 
たとえば、起業して、年収3,000万円を達成するという目標を実現することに、リアリティーがある人は、目標を達成することができるでしょう。
 
その目標にリアリティーがない人は、目標を達成するのは難しいと思います。
 
別の言い方をすると、紙に書いた目標を達成するのが、当然だと思っている人は、目標を達成するのが難しいでしょう。
 
つまり、目標実現に対してリアリティーがあるか、ないか、目標を達成するのが当然と思っているか、難しいと思っているかが、目標を達成する人と、目標を達成できない人の違いです。
 
 
 
(引用終わり)
 
僕はこれを読んだとき、「あ、英語の習得も同じだな!」と思いました。
 
僕が28才から英会話スクールに通い始めて最初の1年間は、この「リアリティー」が持てずにいました。
 
その頃の僕にとっては、英語の習得には、「魔法のような近道が存在する」と思っていたのです。
 
「聞き流し教材で○○週間でペラペラ!」
 
とか、
 
「ネイティブの英語のシャワーを浴びていれば、ある日、自然に英語が口をついて出てくる!」
 
とか、まるで雲をつかむような話を信じていました。
 
「信じている」と書くと、「リアリティーがある」と同じに聞こえますが、微妙に違います。
 
当時の僕の心境は、単なる「希望」です。
 
「そんな、魔法のような方法があるはずだ!きっと自分もペラペラになれる!」
 
と信じていましたが、そこには「リアリティー=現実感」はあまりありませんでした。
 
なぜなら・・・
 
 
・毎日聞き流している英語のCDは、1週間たっても相変わらず聞けるようにはなりませんでした。
 
・ネイティブの友達を作ってひたすらフリートークをしていても、会話の中だけで新しい英単語を覚える機会は少ないな・・・と感じていました。
 
・英会話スクールでの50分のレッスン内だけでは、「話し続けられる長さが増えている!」という実感があまりありませんでした。
 
 
つまり、「今のままの生活を続けていても、あまり変わらない気がする」と薄々気づき始めていたのです。
 
そんな中、
 
「きっとそのうち、ある日突然ペラペラしゃべれるようになる日が来る!」
 
と信じていました。いえ、信じたかっただけかもしれません。
 
これは、残念ながら「リアリティーがない状態」です。だって、心の底では信じていませんからね(笑)
 
 
 

どうすれば、目標にリアリティーが持てるようになるのか?

その答えは、ルーク平野さんのメールの中にありました。もう一度引用させていただきます。
 
(以下、引用)
 
目標にリアリティーを持てるようになるためには、小さな成功体験を積み重ねることです。
 
例をお伝えしましょう。
 
以前、パーソナルコンサルティングに参加した方から、
 
「起業して年収1,000万円を稼ぎたいけれど、どうしたら実現できるでしょうか」
 
という相談がありました。
 
その方は、まだ会社員で、自分でビジネスをした経験がなく、「起業して、年収1,000万円を稼ぐ」ことにリアリティーがありませんでした。
 
このままでは、目標を実現することが難しいです。
 
では、どうすればようのでしょうか?
 
それは、「小さな成功体験を積み重ねること」です。
 
彼は、自分でビジネスをして、お金を稼いだ経験がありませんでした。
 
そのため、まず最初に自分でビジネスをして、1万円を稼ぐ体験をしてもらいました。
 
ビジネスで1万円を稼いだことのない人が、1,000万円を稼ぐことはできません。
 
0円から1万円を稼ぐことは、エネルギーがいるのですが、1万円を稼ぐことができるようになると、それを2万円に増やすことは、それほど難しくありません。
 
そして、2万円を稼ぐことができれば、それを5万円、10万円に増やすこともできるようになります。
 
(中略)
 
このように、小さな成功体験を積み重ねていき、ビジネスでお金を稼ぐ感覚がわかるようになると、「起業して、1,000万円を稼ぐ」ことにリアリティーを感じるようになり、目標を実現できるようになります。
 
そのためにも、最初は小さな成功体験を経験することです。
 
 
(引用終わり)
 
僕はこれを読んだとき、「まさに英語学習もそうだったな!」と気づきました。
 
僕がラーメン屋さんで音読メソッドに出会ったとき、「これならいける!」という、ビビっ!とくる感触がありました。
 
その後、たった1ページの英語の文章を1週間かけて、毎日音読しながら身体に刷り込む、という作業をやってみました。
 
1週間後、その英文で使われている英単語や文法が、自分の身体の中に完全に沈み込んで、「永久記憶」になったのを感じました。
 
これは、僕にとって初めての「小さな成功体験」でした。
 
その翌週からは、次の新しい英文、その次の週にはまた次の新しい英文・・・という感じで続けてみました。
 
 
 

僕がリアリティーを感じられるようになった瞬間

そして3ヶ月後に、12ページ分の英文を音読トレーニングで仕上げた時点で、自分の中でハッキリと「リアリティー」が感じられるようになったことに気づきました。
 
なぜなら、3ヶ月前に仕上げた最初の1ページを、今リスニングしても完璧に聞こえたからです。
 
あ、これは永久記憶に入ったな!3ヶ月前のものを覚えているなら、1年後になっても忘れないな!
 
ということが分かりました。
 
そして、
 
これを続けていれば、「できること」が積み重なって、それがある一定量にまで詰み上がれば、自分が望む英語力は必ず手に入る!
 
ということがハッキリと分かりました。
 
そうか!これが、語学が上達する道のりなんだな。なんだ、武道やスポーツと一緒じゃないか!
 
と、「腑に落ちた」のです。
 
この時点で、僕の中にあった英語学習に対する「幻想」が消えて、超現実的な「目標」として見えるようになりました。
 
「今は週に1ページを仕上げてるけど、これを2ページに増やせば、単純に倍のペースか。でも、1日に音読できる回数は限られてるから・・・」
 
と、リアリティーのある目標が立てられるようになりました。
 
その結果、TOEIC975点&英検1級まで伸ばすことができました。
 
ここに至るまでの道のりは、正直、「地味」なものでした。
 
毎日、小さな成功体験を積み重ねてきただけです。
 
でも、小さくても上達を実感できると、モチベーションは維持できます。
 
だから、僕はここまで来れました。今も、毎日音読トレーニングを続けています。
 
でも、周りを見渡すと、リアリティーを感じながら英語学習を続けられる人は少ないです。
 
なぜなら、世の中には「インスタントな結果」をチラつかせる、甘~い広告があふれているからです。
 
僕自身、インスタントな結果を1年間追い求めていたので、よく分かります。
 
だからこそ、僕はこの「英語の達人養成ジム」を作りました。
 
目標にリアリティーを持って、確実に達成できる感覚を、あなたにも味わってもらいたいと思っています。
 
一度リアリティーを持つ経験をすれば、もう元の「ふわふわ夢心地状態」に戻ることはありません。
 
あなたもまずは今年、「英語学習にリアリティーを持つこと」を目標にしてみませんか?
 
それができれば、あとは目標が自然に実現していくはずです。
 
 
 

—————————————

※「崖っぷち男の驚くべき英語学習法」はこちら

※「英単語力アップ」7日間セミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間セミナーはこちら

—————————————

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら
 
自己紹介は、こちら

こちらですアップ

 

 

 

 

 

P.S.
※このブログに「読者登録」をしていただくと、最新記事をメールで受け取ることができるようになります。登録はこちらをクリック