From  師範代Shinya(新村真也)

 

先日、映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」を見てきました。

この映画は、僕が高校時代に流行ったスーパーファミコンの「ドラクエ5」のストーリーをベースにしています。

当時はスゴくはまって、1度クリアした後も、戻って何度もプレイしていました。

おそらく、今回の映画版ドラクエ5を見に行く大人たちの多くが、僕と同じ世代だと思います。

少年時代の懐かしい思い出に浸りながら、一時的に今の社会人になった自分を忘れて、純粋に楽しむ・・・

そんな気持ちで見に来る人たちが多いような気がしました。

実際、映画館内の座席を見渡すと、僕と同年代っぽい男性たちが1人で見に来ている比率が高く見えました。

人生最大の決断「結婚相手選び」をイベントに入れた名作ゲーム

ドラクエシリーズの中でも、5は最もファンが多く、僕自身も思い入れの強い名作です。

だからこそ、今回の映画化のストーリーとして選ばれたんだと思います。

では、なぜドラクエ5がシリーズ中で最も根強いファンを獲得したのか?

その理由は、おそらく「結婚」です。

ドラクエ5には、「主人公(自分)が、結婚相手の女性を選ぶ」というイベントがあるのです。

選べる相手は2択です。

①幼なじみの女の子、ビアンカ。おてんばな性格で、元気いっぱいなキャラ。成長して大人になった今も、昔と関係性は変わらない。自分のことを一番良く知っていて、信頼できる。

②お金持ちの家のひとり娘、フローラ。幼少期に会ったことがある。成長した今は街一番の美人になり、街中の男達のあこがれの的。おしとやかな性格で、恥ずかしがり屋のキャラ。

この対照的な2人、ビアンカとフローラのどちらを選んで結婚することになるのです。

結婚しなければストーリーが先へ進まないので、必ずどちらかと結婚することになります。

ゲームの中とは言え、とても悩む瞬間なのです。

もちろん、どちらを選んでもゲームはクリアできます。

イベントやストーリーの細かい部分が多少変わってきますが、ゲームの進行自体に影響はないので、正解はありません。

正解がないからこそ、悩むのです。

このあたりが、本当の人生とリンクします。

当時はクラスメイトの男子達の間で、「ビアンカとフローラ、どっちを選ぶか?それはなぜか?」の話題で盛り上がりました。

ほとんどの男子は、

「結婚前の時点でデータをセーブしておいて、最初に好みの方を選んで最後までクリした後、また結婚前に戻って違う相手を選んで結婚する」

という感じでした。ただ、最初にどっちを選ぶか?で、その人の価値観が出るのが面白かったです。

ちなみに僕は、最初にお金持ちの娘フローラを選び、2周目で幼なじみのビアンカを選びました。

 

映画の主人公の決断

ゲームの中では、結婚相手は自分で選べますが、映画の中では主人公がどちらを選ぶのか?を見守るしかありません。

ここも、エンディング以上に気になるポイントでした。

個人的には、この結婚相手を選ぶシーンが一番泣けました。

 

英語を身につける人生 vs 日本語だけで終わる人生

僕はこの映画を見ながら、「英語を身につけることも、結婚と同じような選択なのかもしれない」と思いました。

日本で生きていれば、英語を身につけずに一生を終えることも出来ます。

英語は学んでも学ばなくても、人生のゲームはクリアできるでしょう。

ただ、「英語を身につけて進む人生」と、「日本語だけで一生を終える人生」では、世界の見え方が大きく変わるような気がします。

英語を身につけると、その後の人生の中で起こるイベントが変わってきます。

たとえば、海外旅行に行った場合。

①飛行機で隣り合った外国人に話しかけられたけど、よく分からず笑ってごまかした。

②飛行機で隣り合った外国人と意気投合して、何時間も話し込んだ後、フェイスブック友達になった。

この場合、「海外に行く」という結果は変わらないし、人生全体に与える影響も小さいですが、「現地に着くまでの時間の過ごし方」が変わってきます。

②のパターンは、飛行機に乗った瞬間から海外旅行が始まる感じです。

海外旅行の目的のひとつは、「今まで見たことのない景色を見て、視野を広げること」だと思います。

視野の広がり方という点では、「現地人とどれだけコミュニケーションを取れるか?」がけっこう大きく影響することは間違いありません。

また、②のパターンで隣り合った人と、その後も交流が続いて、ついに国際結婚した・・・なんて話もたまに聞きます。

そうなると、人生に与えるインパクトはかなり大きくなります。

このブログ記事を読んでくれているあなたは、おそらく「英語を身につける人生」を選んでいると思います。

英語を身につけてから進む人生は、今の視点からは見えない、想像もつかない出来事が待っているかもしれません。

さらに言えば、英語を身につける過程で起こる色んなイベント、「他人から批判される」「未熟さをバカにされる」「テストで思ったような点が取れない」といったネガティブに感じることも、英語学習の道に進まなければ経験できないことです。

それらの「ハードルを乗り越える経験」自体が、後で振り返ったときに良い思い出になります。

「思い通りの結果が得られない経験」も含めて、「英語を身につける人生」を選択したあなたへの、ギフトなのです。

英語の習得は「結果」ではなく、「道」です。

TOEIC900点を取る、英検1級を取る、といった結果は、道の途中の通過点に過ぎません。

ゲームのように、「英語の道を進むこと自体」を楽しんでいきましょう!

 

————————————–

※「瞬間英作文トレーニング14日間動画セミナー」はこちら

※「たった2時間で英語耳になる!体験セミナー」はこちら

※「文法力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英単語力アップ」7日間メールセミナーはこちら

※「英語でマジック」8日間メールセミナーはこちら

※「どれがいい?電子辞書の選び方」はこちら

あなたの「やる気と才能」を引き出す、Saya(師範代Shinyaの妻)のオンライン対面セッションはこちら

—————————————

※このブログに読者登録をしていただくと、最新の記事を1日1回、メールでお届けします。読者登録はこちらをクリックしてください。
    ↓↓↓

 

 

From  師範代Shinya(新村真也)

英語の達人養成ジム 師範代)

※もくじは、こちら

自己紹介は、こちら

こちらですアップ